モンキー的映画のススメ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

モンキー的映画のススメ(1月その③)

サスペンス

1月27日 

ソロモンの偽証 前篇 事件

f:id:monkey1119:20150130194537j:plain
久々に試写会が当たったので、風邪気味の中、松竹試写室にて試写してきました。
宮部みゆき原作のミステリー巨編を「八日目の蝉」の成島監督が事件篇、裁判篇2部作で構成。今回は前篇の試写会でした。

主人公の藤野涼子がクリスマスの雪が積もった朝、登校するとクラスメートの柏木卓也の遺体を雪の中から発見する。
警察は学校の屋上から転落死した自殺と断定するが、涼子と学校、担任宛に柏木卓也は殺されたという告発文が届くことで事態は一変する…。


裁判ものの映画でパッと思い浮かぶのは12人の怒れる男や告発、それでもボクはやってないなど浮かびますが、今作は学校内裁判という前代未聞のお話。
学級会レベルではなさそうです。とはいえ、ブタがいた教室のような育てたブタを食べるか食べないかという議論を小学生たちによる感情論でバトるっていうわけでもなさそうです。
f:id:monkey1119:20150130213514j:plain
中学生ってのがいいですよね。思春期を迎え受験を前にした彼らが目の前の問題をスルーせずぶつかっていく。
主人公の迷い、悩み、葛藤し、そして決意に至るまでの運びがわかりやすく描かれてるので感情移入しやすいです。
そして、キーパーソンたちのセリフもぐさっとくるシーンが何点かあるのでそこも見逃さないで欲しいです。

もう後篇が裁判篇と謳ってるだけに、前編はきっかけに過ぎません。もうあらすじもネタバレみたいなもんです。
だから、主演たちを演じるオーディションで勝ち取った彼らの眼差し、表情、佇まいを見てもらえたら後篇はグッとくるんじゃないでしょうか。

告発文というキーアイテムが話を2転3転させていきます。真実は何なのか?是非映画館で傍聴人として受け止めて欲しいですね。

主役の藤野涼子役の藤野涼子(そのまま芸名になったとか)さんの頬を伝う涙がピュアで眩しいです。今後の成長が楽しみです。
f:id:monkey1119:20150130214432j:plain
そして久々にまえだまえだのお兄ちゃんも観ることができます。太ったなあ。配給が松竹なんで、松竹絡みでのキャスティングなんでしょうか?
f:id:monkey1119:20150130214640j:plain
弟は「priceless」で木村拓哉と共演してたのが記憶に新しいですが、お兄ちゃんは何してたんでしょうね。まずは漫才見せてもらいたいです。



あくまで2部作なので前編は評価するには難しいです。何かが完結して続くような昨今の2部作とは違うので、とにかく後篇を見て評価したいと思います。



2月1日

ビッグ・アイズ

f:id:monkey1119:20150201130203j:plain
女性は化粧の際に目を強調するような化粧をします。個人としては、やっぱり目の大きい女性に惹かれます。
そんな大きい目をした女の子の絵を描いた夫婦のお話。

夫と別れるため娘を連れ家から飛び出したマーガレット。後に、ウォルター・キーンと出会い彼が描いた「ビッグアイズ」シリーズが各界著名人から火がつき、世界中で大ヒットする。だが、それはマーガレットが描き続けたものだった。やがて彼女は彼の本性を知り、真実を明かす決意をする。
f:id:monkey1119:20150201155904j:plain
ティムバートンの最新作ということで楽しみにしてたのに、公開から少し経っての鑑賞。
シザーハンズやアリスインワンダーランド、チャーリーとチョコレート工場のようにファンタジー色がある反面、少し哀しいというのがイメージとしてありますが、今作はファンタジー色はあまりなく、ティムバートンとしては若干の物足りなさがありました。
多分他の監督が作ったほうが見応えのあるようにも思えますがそこはティムバートン。
どことなく色のコントラストというか、光の具合が綺麗でした。
f:id:monkey1119:20150201160659j:plain

1番楽しめたのはクリストフ・ヴァルツ演じるウォルター・キーンのペテン師ぶり!
最初は優しい眼差しでマーガレットを見つめ紳士かと思いきや、絵を売り込む時の嘘にウソを重ねる口の達者ぶりにメッキが剥がれ始め、ラストの裁判では彼の独壇場!ペテン師OFペテン師に変身!!僕は腹を抱えて笑いましたが、お客さん誰も笑ってない(。-_-。)
みんなまじまじと見過ぎ!!

アカデミー助演男優賞をとってるだけあって見せつけてくれます。
f:id:monkey1119:20150201161314j:plain

時代が男性優位というだけあってマーガレットが抱えた秘密を打ち明ければ何もかも失う、そして夫に脅されていることもあり、暴露するのはかなり悩んだ末の決断だったことでしょう。
そんな彼女に少なからずの勇気をもらえる人も結構いるんじゃないでしょうか。
また、ウォルターの人間としての醜い部分を見て考えることが多いことでしょう。
実話に基づいた話なので脚色した部分もあるんでしょうが、こんな事件があったんですね。
きっとティムバートンもこの絵が好きで真実を知った時にショックだったことでしょう。

今週はそんな真実に関した映画2本を見た1週間でした。


f:id:monkey1119:20150201162533j:plain
あー、ビッグアイズにしてる彼女も観たんですね。皮肉だなww


満足度☆☆☆★★ 2.5