モンキー的映画のススメ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

マジック・イン・ムーンライトの感想

青春・ラブストーリー
4月11日

マジック・イン・ムーンライト

f:id:monkey1119:20150411185034j:plain
今日は2本連チャン!続いて見たのは巨匠ウディ・アレン監督最新作。
男なら一度は彼の映画を見るべきだと思う。


英国人マジシャンのスタンリー(コリン・ファース)は世界的有名な中国人マジシャン、ウェイ・リン・スーと名乗りベルリン興行の真っ最中。そこへ、幼なじみでマジシャンのハワードからある依頼をされる。
それは、ある大富豪が入れ込んでいるアメリカ人の占い師の真偽を見抜いて欲しいという依頼だった。
天才的で理論派、霊的な科学的根拠の無いものなど信じていないカタブツなスタンリーは、オレに見破れないマジックなどない!とこの件を引き受け、フィアンセとの旅行を先延ばしにし、ちょうど叔母にも会えるという理由で大富豪が住む南仏へ訪れる。
そして、自信満々にアメリカ人占い師ソフィ(エマ・ストーン)のタネを暴こうと目を凝らすが、彼女の能力に脱帽、ホンモノと確信し、彼女に見とれていくのだが。
f:id:monkey1119:20150411190207j:plain



冒頭で生意気なこと言いましたが、そんなにウディ・アレン監督見てませんww
でも、アニーホールとか好きだし、特に最近のはかかさず見てます。彼特有の長〜いセリフとか偏屈な男のキャラとかいいっすね。正に男は理屈でモノを言うw

今回の主演は英国王のスピーチや、マンマミーア、ブリジットジョーンズの日記でおなじみ、コリン・ファース
f:id:monkey1119:20150411190741j:plain
いつも思うんだけど、田中哲司さんに雰囲気似てる気がするんすよね。
f:id:monkey1119:20150411190842j:plain
コリンに怖さが無いので違く見えるけど(^◇^;)
今作の役どころが自分のことを天才だと思い、自己顕示欲の強い理論派!ガリレオの湯川学バリのカタブツなマジシャンで彼にぴったりな感じがGOODでしたね。


んでもって、昨日見たバードマンに続きこちらにも花を添えてくれた占い師ソフィ役のエーマー!❤️
f:id:monkey1119:20150411191039j:plain
あー、そんな顔で見つめないで〜(≧∇≦)
相変わらずほれぼれっす。最近声がハスキーじゃなくなったけど、それはそれで悲しくもあり魅力的でもあり。
スパイダーマンゾンビランド、ラブアゲインのようなはじけちゃう感じのエマも良いけど、今作の若干大人しめな感じのエマもまた良しです。


そんな、今作の感想は、

相変わらずのシャレオツっぷり( ´ ▽ ` )ノ


1920年代のヨーロッパを舞台にしたシャレオツな音楽、南仏の風景。まるでニューシネマな感じがまたオツなこと。
それだけで浸れる監督の描写がいいっすね。
もちろん、恋模様も描かれてるので、スタンリーの性格が故のこそばゆーい口説き方とか、モジモジしてんじゃねーぞ!とツッコミたくなるけど影で見ていたい感じもまたウディ節。

f:id:monkey1119:20150411192107j:plain

前作ブルージャスミンのような毒々しい部分はそこまで強調されず、マジシャンと占い師のラブストーリーとしてオールディーなムードで笑いも混ぜつつ展開してます。
トリック云々はそこまでたいそうなモノではないので気軽に鑑賞できるんじゃないでしょうか。

その分インパクトはないですが。



満足度☆☆☆★★ 2.5