モンキー的映画のススメ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

チャッピーの感想

5月23日

チャッピー

f:id:monkey1119:20150523204956j:image
本日2本目は第9地区エリジウムで新しいSF映画を確立させたニール・ブロムカンプ監督最新作を見てきました。



2016年、南アフリカヨハネスブルグで犯罪件数が増え警察官の殉職が相次ぐなか、テトラバール社が開発した警備ロボットが配備されることに。
ロボット開発者のディオン(デブ・パテル)は、自ら考え、感じる人工知能【AI】を独自に開発しスクラップ寸前だった1台の警備ロボットに密かにインストールしようとしていた。
そんな矢先に、ストリートギャングに誘拐されてしまい、ギャングの下でインストールされたロボットにギャング達はチャッピーと名付ける。そして、彼らはギャングとしての生き方を学ばせ成長させていく。
そして、自分が作ったロボットが配備されずディオンを妬んでいた同僚の科学者ヴィンセント(ヒュー・ジャックマン)にチャッピーの存在を知られ、チャッピーは彼に追い詰められていく。
f:id:monkey1119:20150523210321j:image



監督は、上記で説明した通りニール・ブロムカンプ監督。
f:id:monkey1119:20150523210508j:image
第9地区も同じ南アフリカが舞台になってましたね。アパルトヘイトで差別された人たちをエイリアンに見立てた社会風刺がグサっとくるドキュメンタリーチックなSF映画にめちゃくちゃ面白い人が出てきたなーと感心しましたが、次作エリジウムは、正直物足りなさと第9地区と似たようなテイストにガッカリな感じがしたのが記憶にあります。
今作も同じな感じがしないか正直不安ではありました。


チャッピーをモーションキャプチャーで演じたのが、第9地区でもお馴染み、シャルト・コプリー
f:id:monkey1119:20150523211200j:image
監督の作品には欠かせない俳優さんですが、他の作品は何に出てるか知らないなー。今作はチャッピー役という顔が出ないロボットの役なので知名度は上がらないだろうなぁ。

チャッピーの創設者ディオン役を演じたのがデブ・パテル
f:id:monkey1119:20150523211638j:image
アフリカが舞台の映画にはちょこちょこ出てきますね。代表作は何と言ってもスラムドッグ$ミリオネア!あれから随分大人になりましたね。今作はチャッピーを作り、ギャングにビビり、そして、ギャングにキレてはごめんなさいの繰り返しだった気がしますww


そして、失敗作ムースなるロボットを作り、ディオンを妬み脅す科学者ヴィンセントを演じたのがヒュー“ウルヴァリン”ジャックマン!!
f:id:monkey1119:20150523212248j:image
科学者の役なのにゴリマッチョでいいのかと今作も科学者ならぬ肉体派なアクションも少しですが見られます。なんてったって今作では悪役ですからね。
こいつが欲にかられ事件を生み出しちゃうんです。



そんな、AIを搭載したロボットの葛藤を描いた今作の感想は、

そこまで重さはないが故に物足りない。



人工知能を搭載したロボットてのは昨今のSF映画によくあるパターンで、大体がそのロボットが人類を救うのでなく滅ぼすと危惧するようなお話をよく見ますが、
この作品はあくまでチャッピーを1人の人間の成長に見立てて描いてるのが少し違う点でしょうか。

南アフリカは治安が悪いとよく耳にします。だからでしょうか、ギャングがロボットを育てるというなんともミスマッチな設定。

途中チャッピーを鍛えるためにチンピラ少年のところへ連れて行きボコボコにされるんですが、やはりここはチャッピーを人間として見てしまってる分辛い映像ではありましたが、
そのあと、ギャングスタイルになっていくチャッピーを見て残念な感じが半端なかった。笑わせてるなら笑わせてくれ!

f:id:monkey1119:20150523213827j:image
そして、ギャングだからのか音楽もハンスジマーなのに、ヒップホップ満載なのがちょっと…。
音で重厚感出してるのに、いざ、流れる曲はデジタル音で厚みを出したヒップホップ。
うーん、消化不良。

あとは、悪役がイマイチ定まってない。
育てのギャングも悪いこと教えるし、チャッピー痛い目にあうから敵っぽくも感じるし、そのギャングの命狙ってるギャングも敵だし。
もちろん、ラスボスはヴィンセントなんだけど、最後くらいだから見てる側はきっと迷うような気がします。

このヴィンセントが作ったロボットってロボコップへのオマージュなんでしょうか?作りが似てますね。あの失敗作のロボットに。
f:id:monkey1119:20150523214514j:image
f:id:monkey1119:20150523214623j:image

ただ、ラストは共感はできませんし、なんかその解釈は如何なものか?と疑問にはなりましたが、びっくりするラストではありました。ここは、第9地区に寄せてるのかなぁ?

前作エリジウムがひどかったのでそれよりかは良作でしたが、イマイチ照準があってない作りにうーん…な感じでした。


満足度☆☆★★★2