モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

映画「ピクセル」の感想・レビュー

9月12日

ピクセル

f:id:monkey1119:20150911073115j:image
ことゲームに関しては人並みで、やりこんだものもあれば全くやってないものもあり。
この作品に出てくるゲームもどちらかといえばやってない方か。
特に思い入れもないキャラばかりですが、日本男子が好きそうな内容に興味を持ったので観てまいりました。
 
 
 
 

・あらすじ

1982年―NASAが宇宙に向けて「友好」のメッセージを発信した。 2015年―しかし、そのメッセージは大きな誤解を招き、我々人類に襲い掛かる。 ヤツらはゲームキャラに姿を変え、地球を侵略開始したのだ。 グアムの空軍基地を襲う「ギャラガ」インドのタージ・マハルを崩す「アルカノイド」ロンドンの空を覆いつくす「センチピード」NYの街を食べ尽くす「パックマン」そして、ワシントンDCに現れた巨大母船からは、「スペースインベーダー」をはじめとする大量のゲームキャラが…「ドンキーコング」まで!?!? 全てをピクセル化させ、破壊してしまう攻撃に、ピコピコと崩壊する世界。 米国大統領はこの危機を乗り越えるべく決断する。それは、1982年当時のビデオゲームのチャンピオン達を集め、ヤツらに対抗することだった。《HPより引用》
 
 
 
 
 
 

・監督、キャスト

よく、この人ならありえるなぁとか想像がつくもんですが、この映画の監督だとは思ってませんでした。ハリーポッターシリーズを手掛けたクリス・コロンバス監督だとは。
f:id:monkey1119:20150911090048j:image
その前にこの人だから観に行く!というほど興味がなかったので詳しく調べて見ると、あーこの人ならこういう映画も撮っておかしくないな、と合点がいきました。
そう、クリスマスに近づくと無性に観たくなるホームアローン!他にも、パーシージャクソンシリーズや、RENTなんかもやってたんですねぇ。知らなかった(ー ー;)勉強不足です。

何度観ても面白いよなぁ。ジョーペシがっ!!

RENT/レント [Blu-ray]

RENT/レント [Blu-ray]

オープニングのあの歌から物語に引き込まれます。


そして、主演はギャラを貰いすぎてる俳優2年連続1位wwサム・ブレナー役のアダム・サンドラー
f:id:monkey1119:20150912152358j:image
いやぁ、この人の作品あまり見たことないんですが、唯一見たのはポールトーマスアンダーソン監督のパンチドランクラブだけかと。女兄弟のなかで育った環境から女性不信になってしまった男がトラブルに巻き込まれながらも恋に突っ走るロマコメでした。
他にも、もしも昨日が選べたらやウェディングシンガー、再会の街で、50回目のファーストキスなんかが人気ですね。

一目惚れの力を侮るなかれ!



米国陸軍中佐、 ヴァイオレット・ヴァン・パッテン役のミシェル・モナハン
f:id:monkey1119:20150912155222j:image
この人もそんなに見た作品数が多いわけではなく。主役よりもそのお相手ってパターンがほとんどだからですかね。
でも、作品自体は良作揃い。
有名な作品でいえば、ミッションインポッシブル3でイーサンの奥さん役で好演してました。
他にも、子供誘拐の真相を追った探偵の恋人役だったゴーンベイビーゴーン。
そして、何度も時間を戻して爆発事故を救う任務の中で事故に巻き込まれる女性を演じたミッション8ミニッツ。
んー、やはり印象は薄いけど作品はどれも面白かったなぁ。

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

ゴーン・ベイビー・ゴーン [Blu-ray]

主役のケイシーアフレックのお兄さんはベンアフレックです!

ミッションよりも内容がすっげー切ないです。




監督、キャスト共々個人的に深く作品を観てないのでなんともですが、果たして今作は如何なものか…
そんなゲームキャラVSオタクが繰り広げる侵略戦争の感想は、
 




もしもゲーマーが地球の役にたったらこうなるよ!


以下核心に触れないようネタバレ含みます。










プロットのアイデアに拍手

バイオハザードスーパーマリオ、スト2などゲームを実写化した作品はチラホラあり、それが成功か失敗かでいったら個人的には後者になると思います。
でも、この作品は誰でもできる簡単で奥が深いビテオゲームに焦点を当て、エイリアンという未知の生物が擬態化して侵略してくる、
そしてその相手がゲームの主人公でなく、ゲームのプレイヤーだという発想に当時プレイした人たちも、現在LINEPOPやらパズドラなんかにハマってる若者でも疑似体験してる感覚にさせることができ、
イデア、いや最初の食いつきは非常に好感触だったんではないでしょうか。

私も、この時代のゲームはほとんどプレイしたことがなくルールすらよくわかっていないにもかかわらず、楽しそう!面白そう!と思ったほど。

このアイデアには賞賛を与えたいですね。


80年代音楽が懐かしい!

MTV全盛期を象徴するかのような選曲に笑ってしまったw
一番笑ったのは、ティアーズフォーフィアーズ!当時少年だったやつがそのまま大人になってしまったラドローが祝勝会で熱唱するところはツボってしまった!
他にも、ホール&オーツ、マドンナ、クイーン(は80年代じゃねーか)などの音楽がふんだんに流れます。
また、当時の映像を宇宙に送るという設定の元、その映像を使って地球にメッセージを送ってくるので、流れる映像が当時のCMだったりレーガン大統領だったりと懐かしいなと思う人もいたんじゃないでしようか。


にしても、話がペラい

やはり、オタク云々でやるんならラブ要素を取り入れる必要があったのだろうか。デートムービーにでもしたかったのだろうか。いやぁ、キピシイな。

それよりも肩透かしをくらったのがテンポの悪さとギャグセンス。昨日見たキングスマンやテッドのように振り切ってしまえばよかったものを、何か健全さを装ったというか上品にしたかったのかよく説明できないが、とにかくコメディとしてはあまり合わなかったです。

あと、侵略してきたエイリアンに実戦で戦うのでなく、ゲームの筐体でモニタリングしてコントローラーで敵を倒すっていうやり方のほうがリアリティーがでたような気もするし面白いかなと。
実戦経験ないゲーマーなんだから実戦でやんなら訓練すんのは兵隊じゃなくてゲーマーあんたらなんじゃないの?とも。

日本発祥のパックマン使うんなら有野課長も出してよwwパターン入った!とか言ってもらってww

それはムチャだとして、そんなプロセスで物語を進めて欲しかったなぁ。




てな感じで期待値は高くなかったもののそこそこ楽しめる作品ではありました。3Dでも上映してるそうですが無理に単価上げずサービスデー料金で是非見てみて下さいw


満足度☆☆★★★ 2