モンキー的映画のススメ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

映画「完全なるチェックメイト」感想 評価 レビュー

ヒューマンドラマ

12月26日

完全なるチェックメイト

http://image.eiga.k-img.com/images/movie/80083/poster2.jpg

ボビー・フィッシャーを探して、なんて映画がありましたねぇ。

 

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]

ボビー・フィッシャーを探して [DVD]

 

 これ見てストリートチェスなんてのがあるんだ!とはじめて知ったし、コーチ役のローレンス・フィッシュバーンがかっけぇーなぁと。そんくらいしか思い出ないんだけども。これはボビーとは真逆の正攻法でお行儀のいい子の話だけど。

 

で、今日見てきたのは、本家のお話でして。おそらく上記の作品よりももっとスリル感のあるお話なんだろうな、と。

最後どんでん返しがあるんだろうなぁ、と。

てなわけで、久々のトビー主演作見てまいりました。

 

 

あらすじ

米ソが世界を二分していた冷戦時代。1973年にアイスランドのレイキャビクで開催されたチェスの世界王者決定戦は、両国の権威を賭けた“知”の代理戦争として世界中の注目を集めていた。 

タイトルを4年間保持してきたソ連への挑戦権を獲得したのは、アメリカの若きチェスプレイヤー、ボビー・フィッシャー(トビー・マグワイア)。IQ187を誇る天才で15歳にして最年少グランドマスターとなった輝かしい経歴の持ち主だが、その思考は突飛で、行動派制御不能。謙虚さのかけらもない自信家だ。

そんな、モーツァルトにたとえられる機構の天才が相対するのは、最強の王者、ソ連のポリス・スパスキー(リーヴ・シュレイバー)。

対局一局目、スパスキーに完敗するフィッシャー。残り二十三局、絶対不利と見られたフィッシャーは極限状態の中、常軌を逸した戦略をうちたてる。

二大国家の大統領もフィクサーとして影で動いたと言われる、歴史を揺るがす世紀の一戦で生まれた、今尚語り継がれる〈神の一手〉の真実が明かされる。《HPより抜粋》


トビー・マグワイア主演 映画『完全なるチェックメイト』予告編

 

 

 

監督・ キャスト

監督はエドワード・ズウィック。

http://gaga.ne.jp/checkmate/img/staff_01.png

名前聞いてどの作品?て出てこなかったんですが、ラスト・サムライの監督さんでした。あー知らなかったぁ。他にも、ディカプリオがダイヤを追いかけるブラッド・ダイアモンドジェイク・ギレンホールアン・ハサウェイラブ&ドラッグなどを手がけております。

 

 

ラブ&ドラッグ [DVD]

ラブ&ドラッグ [DVD]

 

 口のうまさと火遊びが取り柄のファイザー製薬の営業マンと、パーキンソン病をわずらう女性のカラダの関係から始まった2人のお話。

まぁ、ぶっちゃけアンの濡れ場目当てで見た男性も少なくないと思いますが、チャラ男と恋愛ベタの女性の笑えて意外と真面目な話です。なんでジェイクなんだよ!と腹が立ちますが、2人はブロークバック・マウンテンでも夫婦役で絡んでますからね、相性良かったんでしょう、悔しいけどw

 

 

主演はしばらくお顔を拝見することのなかったトビー・マグワイア

http://gaga.ne.jp/checkmate/img/cast_01.png

おそらく一番最後に見たのはこれまたディカプリオの豪華絢爛で行動がめちゃめちゃ笑えた華麗なるギャツビー、この作品でギャツビーで作家志望のニックを演じてたのを観て以降、ホントご無沙汰でした。てかその前は下手したらスパイダーマン以来かな?

マイ・ブラザーシー・ビスケットなんてのもありましたが見てない・・・。

 

 

ブルーレイ スパイダーマン  トリロジーボックス [Blu-ray]

ブルーレイ スパイダーマン トリロジーボックス [Blu-ray]

 

 やっぱりトビーといえばスパイダーマンでしょ。

スパイダーマンはせっかくアンドリュー・ガーフィールドでリブートしたにもかかわらずまたお流れになり、結果、2作で終わってしまいましたが、マーベルシネマティックユニバース参戦決定という大人の事情をクリアしての仲間入りを果たすので今後も楽しみなわけですが。

サム・ライミ版のスパイダーマンも監督自身ホラー映画上がりなのに、普通に青春映画として、またデートムービーとして、親子でもぜんぜん見られる作品てのがすごい。

しかも、作品のなかでの隠喩描写が多くて奥が深く、たとえば、高校生が部屋にこもって糸を出すって・・・ねぇ。どんなメタファーだ!!

個人的には2が好きです。マスクが取れても暴走した列車を止め、乗客たちが意識をなくした彼に向かって「まだ子供じゃないか・・・。」とつぶやくところ。

あのシーンはぐっときますねぇ。んでもって、ドクターオクトパスがスパイダーマンを連れ去ろうとすると乗客たちが守るんですよ!くぅ~泣けるっ!!

 

 

他にも、神父ビル役に、ラヴレースでのDV男が記憶に新しいピーター・サースガード、チェスの王者ポリス役にウルヴァリン:X-MEN ZEROのセイバートゥースでおなじみ、リーヴ・シュレイバーなどが出演します。

 

 

 

 

 

そんなこんなで、将棋しかわからないのにチェスでついていけるか疑問になる前に、ただただ見てみようって好奇心で見てきたんだけども!!

伝説のチェスプレイヤーの極限のプレイを描いた作品の感想は、







やっぱりチェスがわからないとついていけないかも。

以下、核心に触れずネタバレします。









天才の行動にはついていけない。

幼少の頃から負けず嫌い、とにかく勝つことが全てのボビーは、チェスクラブに入会し、メキメキと頭角を現し結果を残すのと比例して傲慢な態度に。
そのわがままないちゃもんというか注文に正直嫌気がさす。

私も同じような自己中でわがままな性格だからなのか、いや、あそこまでひどかねーよ!と思いつつ、
なんだか自分を見てるような気がしだからだろうか。
いやいや、自分のこと天才とか思ってないですからねww

冒頭、幼少期のボビーは、あらゆる音が細部まで聞こえる描写に、
最初、天才は耳が良いのか?と思ったけど、そうじゃなくて、
感覚とか神経を研ぎ澄ませ過ぎたが故の精神的な病気の始まりだったことに途中で気づき。もはやアウトでしょ。
いきなり電話を分解しては盗聴器が仕掛けられてる、と思い込んだり、
カメラを回してる音が気になるといって試合を放棄するまで。

で、スパスキーとの対決。

スパスキーも同じように、音に敏感になってて試合中椅子がうるさいとか言い出して試合中断。中にハエの死骸が2匹ww
ここだけだなぁ笑ってしまったのは。
そもそも、お互いのわがままな注文やら要求が作戦なのかもわからない。

というか、試合自体正直ついていけなかった。
よく言えば、静寂の中から生まれる狂気に満ちた試合、ではあったものの、
お互いが何を考えてるのか、あるいはどんな手を考えてるのか、
せめて心の声だけでもセリフがあっても良かったんじゃないか、とも。

チェスど素人の私は、いや、それ以前に凡人、いや、バカにはルールすらわからず、ただ呆然と見ているだけになってしまいました。




演技には満足したけど。

相変わらず童貞臭を払拭できないトビー。それは逆に言えばスパイダーマンの頃から変わらないそのままのトビーとも言え、
外見は変わってないのに円熟味を増した磨かれた演技は圧巻でした。

特に徐々に精神が病んでいき、音に敏感になっていく様。
カメラワークのおかげでもありましたが、あのクッキリした目を見開き、ギョロギョロさせ神経質になっていくのは見事でした。


しかし、全体的な内容はともかく、ラストの試合はもっとエンタメ要素を取り入れて欲しかった。
どうやって決着ついたのかわかりません。
天才対天才が故の2人だけの世界で幕が閉じた感じがして置いてけぼりくらいましたw

やはり事実に基づいた話ということでサスペンスチックではあったけれども、ボビーフィッシャーという人物に焦点をあてたヒューマンドラマとして捉えた方が良かったのかも。

冷戦時の米ソ間の戦いということで、何でもかんでも国の威信を懸け、政治に結びつけていた当時、チェスもそのひとつとして捉えられ、横ヤリが入っていたにもかかわらず、
そんなの御構い無しに精神を冒してまでも勝利にのみこだわり続けたボビーの1番輝いていた、人生のピークのみを切り取った部分を描いたわけですが、

人物としては魅力あるものの、作品としてはノれなかった。
そもそもこの文章がノれてないww
うーん、残念。




満足度 ☆☆★★★ 1.5