モンキー的映画のススメ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

映画「この世界の片隅に」感想 のんちゃん最高!今はこれだけ伝えたい。

11月12日

この世界の片隅に

f:id:monkey1119:20161017104241j:plain

公開が近づくにつれこの映画の評判がtwitterからどんどん流れてくる。

正直そこまで興味のないことなのに、そんなツイートが羅列してくれば、ミーハー魂に火がついて気になって見にいってしまう、そんな誘惑に弱い私ですw

 「君の名は。」、「聲の形」など優良アニメ映画が軒並み名を連ねる中、またしても傑作の予感という本作。

とりあえず見に行くっしょっ!!ってなわけで公開日初日に鑑賞してまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 18歳のすずさん(声:のん)に、突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、1944(昭和19)年2月、すずさんは呉へとお嫁にやって来る。呉はそのころ日本海軍の一大拠点で、軍港の街として栄え、世界最大の戦艦と謳われた「大和」も呉を母港としていた。
見知らぬ土地で、海軍勤務の文官・北條周作の妻となったすずさんの日々が始まった。

夫の両親は優しく、義姉の径子は厳しく、その娘の晴美はおっとりしてかわいらしい。隣保班の知多さん、刈谷さん、堂本さんも個性的だ。
配給物資がだんだん減っていく中でも、すずさんは工夫を凝らして食卓をにぎわせ、衣服を作り直し、時には好きな絵を描き、毎日のくらしを積み重ねていく。

ある時、道に迷い遊郭に迷い込んだすずさんは、遊女のリンと出会う。
またある時は、重巡洋艦「青葉」の水兵となった小学校の同級生・水原哲が現れ、すずさんも夫の周作も複雑な想いを抱える。

1945(昭和20)年3月。呉は、空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされ、すずさんが大切にしていたものが失われていく。それでも毎日は続く。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。(HPより抜粋)

 

 

youtu.be

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

監督・キャスト

監督は今回脚本も手がけている片淵須直さん。

f:id:monkey1119:20161111113509j:plain

はい、アニメーションの制作の人たちは有名な人以外わからないド素人ですw。どちら様ですか、ええ調べましたとも。

TVアニメ「名探偵ホームズ」から数々のTVアニメの絵コンテ、演出などを手掛けながら、「魔女の宅急便」の演出補、「うしろの正面だあれ」の画面構成などに参加した後、

中世の閉塞都市で婿をひたすら待つのが掟の姫が、自分で未来を切り開いていく冒険ファンタジー「アリーテ姫」で劇場長編監督デビュー。

昭和30年代の風情ある田舎町を背景に、空想好きの少女と都会から越してきた少女の友情と成長していく姿を描き、その評判が口コミで広まり7カ月に及ぶロングラン興行を成し遂げた、知る人ぞ知るアニメ映画「マイマイ新子と千年の魔法」を手掛けています。

今作で長編映画は3作目となります。

ものすごく取材して作品に取り入れるという熱心なお方だそうで、今作も当時を知る方から直に話を聞き、資料を読み漁り、天候やその時間帯で起きたことなどなど、徹底的にリサーチ。

そして当時の風景も再現すべく、何度も現地へ足を運び追及していき、街並みなどを描いたそうで、登場人物の周りですれ違う町の人々は、その話を聞いたご本人たちを描いたんだそうです。

また、航空マニアだそうで、戦前の日本の航空機に造詣が深く、研究家として執筆活動もなされているほど。過去作でも度々監督のこだわりがでた戦闘機などがでてたようですし、今回は戦時中の話ということと、かなり取材したということもあって、かなりの力作になっていることでしょう。

 

 

主人公すずの声を担当するのは、能年玲奈改め、のん。

f:id:monkey1119:20161111134032j:plain

「じぇじぇじぇっ!!!」でおなじみ朝の連続テレビドラマ小説「あまちゃん」の天野アキちゃん、以外これといった作品が出てこないのが事実。それくらいこの方は役がハマれば天下一品の演技をさらけ出す、ポテンシャルの高い女優さんだと思ってます。「あまちゃん」以外にも「ホットロード」や「海月姫」なんてのがありましたが、やっぱり違うんだよなあ。彼女らしさがなかったんだよなぁ。

もういいんですよ、無理にいろんな役に手出さずに突出した役を追求すれば。特にこの子は。どう見ても器用じゃねえし、どんな役もこなせる女優さんからすれば、劣る部分が多いと思うけど、ここぞって時には彼女に勝る人なんていないんですよ。たまたま「あまちゃん」でそれが開花しすぎたというか、当りすぎたというか。とにかく今後もそんな演技で魅了してほしい、と勝手ながら思っております。

だからなのかな、彼女に演技指導をしていた人と所属事務所に無断で個人事務所を設立、挙句の果てには「洗脳」されているなんてのも囁かれ、結果独立。これ多分彼女に合わない仕事がたくさん来たんでしょうね。それゆえの独立なんじゃないかと。個性が死んじゃうよ!ってその演技指導していた人は思ったんでしょうね。すげー勝手な推測ですけどw

日本の芸能界は巣立った子には親からの厳しい仕打ちが待っているんですねぇ。CMもラジオのレギュラーも無くなり、名前も改名。「能年玲奈」は商標登録してるから使えないとか何とかで、現在は「のん」。彼女らしい芸名にも思えますけどかわいそうですね、本名名乗れないんてあんまりですよ。

というわけでほぼ完全に干されていたわけですが、今回この作品に巡り合えたことが、彼女にとって新たな芸能活動の第一歩としていい方向へ向かってくれることを願いたいです。

 

 

 

 

実はTVドラマがあった。

 

終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に [DVD]

終戦記念スペシャルドラマ この世界の片隅に [DVD]

 

 こんなのやってたんですねぇ。日テレで終戦記念特別ドラマと称して放送してたのはなんとなく憶えてました。「火垂の墓」とか「はだしのゲン」とか実写ドラマでやってたような。あれフジテレビか?

そんなことはさておいて、今回の劇場アニメを見て感動した人は、レンタルビデオ屋さんでレンタルしてみたらいいかと思います。

なんてったって主演が北川景子で、小出恵介、そして芦田愛菜ちゃんがブレイク仕立てだからだったのか、まだ役が小さい!

話はほぼ同じとはいえTVドラマならではの配役なので、映画観た後のすすさんの違いに驚いてしまうかもしれないですね。俄然こっちのすずさんの方がタイプだしw

 

あ、原作もありますよちゃんと。

 

この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット (アクションコミックス)

この世界の片隅に コミック 全3巻完結セット (アクションコミックス)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

というわけでたいした前情報ではりませんが、出会うべくして出会っ原作を監督が描き、実現すべく出資を募り、監督たっ手の希望で実現したキャスティングと、丹精こめて出来上がった作品はどんな物語なのか、

ここから鑑賞後の感想です!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

のんちゃん最高!彼女のひたむきに明るく生きる姿が素晴らしい!

以下、核心に触れずネタバレします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

間違いなく能年玲奈の代表作。

まずは率直な感想を。

すずさんのおっとりで朗らかな佇まいにほっこりしながら、幼少期から終戦までテンポよく進んでいく展開が非常に観やすく、

また温もりのある絵のタッチと対照的に非日常である戦争の風景とのギャップに気持ちが揺らぎ、

そんな中で毎日を懸命に過ごし、笑顔を絶やさない人たちに笑い泣きした良作でありました。

 

特に褒めたいのは、能年玲奈改めのんちゃんの、すずさんとのマッチング!もう彼女以外考えられない!きっと声優さんとしての技量はプロに劣るんだろうけど、決してプロには出せない雰囲気や存在感、そして何と言っても声ですよ声!「ありゃあ〜」って目を瞑りながら笑う顔に何度癒されたことか。

変に声を作ってないし、どんなに抑揚をつけても押し付けない丁度いい説得力。これキャスティングした監督はよく観てたんだなぁと感心しました。

 

すずさんも急に知らないところに嫁に出され、居場所を見つけられない中で、持ち前の明るさと与えられたもので楽しく過ごしてく姿に頼もしさを感じた反面で、頭に10円ハゲが出来るほど周りに気を使っていたんだなあと、その見せない苦労にホロリ。

 

そんなすずさんに寄り添うように歌うコトリンゴの歌や、BGMがまたピッタリで物語を助長させてくれました。

 

すずさんは絵が上手。

子供の頃から絵を描くのが好きなすずさん。たくさん描くもんだからえんぴつがすぐなくってしまうほど。

お兄ちゃんにいじめられたら鬼ちゃんなんて絵を描いたり、学校で褒められたり、絵を描かなければ帰らなくて済むと言い張る同級生の代わりに絵を描いてあげたりと彼女にとって絵を描くことは、日常の中で切り離すことのできないものでした。

それは大人になっても変わらず、戦艦大和の絵を描いてたら、憲兵さんにスパイと間違われたり、街で迷子になり道の端っこでスイカの絵を描いていたことで遊郭の女性と仲良くなったり。

その絵で人々に影響を与える姿は彼女の人柄そのものにも見えました。

 

 

今までとは違う戦争映画

個人的には戦争映画を見るのを避けて生きてきました。なぜかはわかりません。本能がそうさせるのか意識して観ないのか。

でも今回は見てよかった。誰かが命を捨てて戦いに挑むような話ではなく、戦争だろうがなんだろうが、誰にでも平等に日常はあって、その中で決して裕福な暮らしではないけれど与えられた環境の中で周りから愛し愛され、健気に咲く一輪の花のように愛想を振りまく姿になんだか励まされ勇気付けられ。

ストレートな反戦映画なんかではないのに、その日常を侵していく非日常的な戦争に胸が痛むんだけど、小さな希望を胸に生きていくすずさんがほんと素晴らしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

あーダメだ、いつもの調子がでない!見終わった後の勢いで書くことにしているこのブログですが、いまだぼんやりしていてどう書いたらいいか、言葉も出ません。

最後まで読んでいただいた方には、映画の良さを伝えられず申し訳ないです。

だったら整理してから書け!とか思わずにどうか長い目で。

とにかくいい映画でした。ひとつ不満わ言うならば、駆け足すぎたことでしょうか。テンポはいいけどスピードが速い!ほのぼのしたタッチなら話のスピードもほのぼのでよかった気がしなくもない。

そんなの抜きにしても見て損はない映画です。毎年テレビでやったらいい!いややるべきだ!

というわけで以上!すいませんでした!

満足度☆☆☆☆☆☆★★★★6/10