モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

映画「娼年」感想ネタバレあり解説 終始気まずいと思うほど過激な描写でした。

4月6日

娼年

f:id:monkey1119:20180307124805j:plain

 原作小説から舞台、そして映画とどんどん大きなものへとなっていく作品「娼年」。

映画と音楽以外のエンタテインメントは超がつくほど疎い私モンキーですが、小説も舞台もすこぶる評判がよかったなんてまぁ知る由もなく。

去年あたりから映画に出演するたびに全く違う顔を覗かせる松坂桃李くんは、もしかしたらこの舞台から豹変していったのかもしれないと思うと、大損こいたなぁと。

舞台を観劇するってのも悪くないなぁと。ただチケット取れねんだろうなぁw

 

なんか劇中ひたすら桃李君がヤリまくるって話ですが、これは絶対女性だけでなく男性も今後の人生において教訓になるような気がします。いや真面目に。

セックスとは何なのか。ただの性欲の捌け口でしかないのか。それとも全てさらけ出すことで愛の意味を知ることなのか。

人とのふれあいを裂けることが多くなった今、この映画がどういう意味をもたらすのか。

そんなことを考えながら早速観賞してまいりました。

 

 

 

 

 

 

 

作品情報

 

 2001年直木賞候補となった石田依良原作の恋愛小説を、今作映画化と同じ演出主演で舞台化。

観客の前で役者陣が一糸纏わぬ姿で演じるというセンセーショナルな表現が話題となり、即完売という伝説の舞台を、今回映画として再び作り上げた。

娼婦ならぬ、娼年となった主人公と様々な女性が織り成す性表現は,人と人との本質的なコミュニケーションを描いていく。

観る者の感情を刺激し、爽快感で締めくくる美しく鮮烈な愛のドラマが誕生した。

 

娼年 (集英社文庫)

娼年 (集英社文庫)

 
逝年 (集英社文庫)

逝年 (集英社文庫)

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 

主人公の森中領(松坂桃李)は東京の名門大学生。

日々の生活や女性との関係に退屈し、バーでのバイトに明け暮れる無気力な生活を送っている。

 

ある日、美しい女性がバーに現れた。女性の名前は御堂静香(真飛聖)。「女なんてつまんないよ」という領に静香は"情熱の試験"を受けさせる。

それは、静香が手がける会員制ボーイズクラブ、「Le Club Passion」に入るための試験であった。

 

入店を決意した領は、翌日から娼夫・リョウとして仕事を始める。

最初こそ戸惑ったが、娼夫として仕事をしていくなかで、女性ひとりひとりの中に隠されている欲望の不思議さや奥深さに気づき、心惹かれ、やりがいを見つけていく。(HPより抜粋)

youtu.be

 

 

 

監督

 

今作を手がけたのは、同作品の舞台演出を手がけた三浦大輔

f:id:monkey1119:20180325180611j:plain

ハマの番長ではありません。

劇作家であり、演出家であり映画監督でもある三浦監督。

どうしてもこの映画と監督を結び付けてしまうのは「愛の渦」。

 

愛の渦 [Blu-ray]

愛の渦 [Blu-ray]

 

 秘密の場所で男女が乱交するってだけの話なんですが、いわゆるセックスあるあるをふんだんに織り交ぜることで、最初こそ躊躇したくなるがっつりな描写なんですが、徐々に笑わずにはいられない状態へと変化していき、ラストはある人物によって虚しさしか残らないというなんとも一筋縄ではいかない作品。

タイトルどおり見た人全て愛の渦へと吸い込まれていく映画なんですが、こっちはそういったユーモア描写というものを積極的に取り入れることで案外カップルでも楽しく観賞できんじゃね?ってなるんですが、果たして今作はどうなることやら。

 

監督に関してはこちらをどうぞ。

 

www.monkey1119.com

 

 

 

 

キャスト

 

 主人公の大学生、森中領を演じるのは松坂桃李。

f:id:monkey1119:20180325173704j:plain

今年は「不能犯」に出演し、人間の愚かな部分を炙り出してはほくそ笑むイヤミな男を熱演していました。

去年の「彼女がその名を知らない鳥たち」やでも女を弄ぶ浮気男を見事に演じ注目されていましたが、そんな評判のいい作品を吹き飛ばしてしまいそうなほど、今作はインパクトを残しそうな気がします。

彼に関してはこちらをどうぞ。

 

www.monkey1119.com

 

 

www.monkey1119.com

 

 

 

 

他のキャストはこんな感じ。

会員制ボーイズクラブ「Le Club Passion」のオーナー御堂静香役に、元宝塚女優で、「柘榴坂の仇討」、「闇金ウシジマくん」に出演していた真飛聖。

田島真也(シンヤ)役に、「クローズZERO」、「トウキョウソナタ」の小柳友

静香の娘、咲良役に、「みんな!エスパーだよ!」「アンチポルノ」の冨手麻妙

平戸東(アズマ)役に、「斉木楠雄のΨ難」、同役で舞台にも出演した猪塚健太

老女役に「津軽じょんがら節」、「大奥」、舞台でも同名で出演した江波杏子

他にも、西岡徳馬馬渕英里何佐々木心音などが出演します。

 

 

 

 

 

 

 

 

R18指定ということでかなり過激な内容が予想される今作。男は女性を抱いていくことでどう変化していくのか、何を得るのか。

覚悟して臨んだモンキーは何を思ったのか!

ここから観賞後の感想です!!!

 

 

感想

終始気まずいくらい淡々描かれる性描写!

性への多様性を重んじながら一人の青年を大人の男へと成長させる物語でした!

以下、核心に触れずネタバレします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

性の悦びは様々。

女性なんてつまらないと吐き捨てながら日々の生活に生きがいを見いだせない青年が、娼夫となって様々な女性と触れていくたび、性の悦びと共に主人公の中にぽっかり空いた穴が少しづつ埋まっていき、また他者が抱える性の悩みや痛みを知ることで彼らに安らぎと快楽を与えていく、あらゆる性への在り方を尊重した作品でした。

 

誰にだって性に対してコンプレックスはあり、ノーマルな人もいればアブノーマルな人と、それを受け入れてくれる者もいればそうでない人もいる。

ではアブノーマルな人はどうすれば自分の中でうずいて仕方ない性癖を解消してくれるのか。そこへ現れたザ・普通の人リョウが彼らの悩みを解消し、心にゆとりと安らぎを与えていくというもので。

実際男はそういうことに対して誰かと話す時比較的オープンな部分があるとは思いますが、こと女性となるとなかなか難しいものなのでしょう。アブノーマルな部分を腹を割って話せる友人がいれば別でしょうが、なかなかそうはいかないんだと。

そういう自分を受け入れてくる人=娼夫がいることでどれだけ助かることか。

まぁあくまでこれは犯罪ですので、簡単に肯定することはできませんが、何が言いたいのかってそういうことに悩みのある女性もいるんだよと。

物語ではもちろんそれっておかしくない?恥ずかしくない?と問題提起する人物もいるし、ちゃんと法で取り締まるよう配慮はしているんで問題ないかとは思うんですが。

 

がっつりセックス。

しかしながら、最初から最後までセックス描写が絶え間なく続くので、男一人で鑑賞した身としてはまぁ早く立ち去りたい~~~と。

隣に座った方が女性二人組ということもあって、まぁ気まずい。

何この人、一人でこんな映画見に来てるの~?なんて思われたらどうしようと上映開始当初は雑念が沸々と沸いておりました。

 

まぁ慣れというものはこういう時助かるもので、ある程度時間が立てば映画に集中できたわけですが。

 

しょっぱなからセックスです。桃李君のきれいなお尻をしっかりと捉えたカメラと共に、激しく肉と肉がぶつかり合う生々しい音と激しく漏れる吐息、思わず出てしまう喘ぎ声。

股間をうまく隠しながらそれ以外は惜しみなく丸出しであり、そんな冒頭のシーンからすぐさま静香の娘咲良との情熱の試験。

肌の透けたネグリジェで現れた咲良といざ行為を始めますが、この時点ではまだリョウは自分主体のセックスしかできていません。相手の事を考えず、自分のペースで愛撫をし、手で股をいじり生のまま挿入しようと試みます。

カーテンから差し込んだ夜の月明かりが彼らの身体を照らすことで、まるで夜の海の中抱き合う二人に見え、それはそれは美しく映し出される演出。

 

そんな美しさとは裏腹にリョウ中心のセックスは続き、静香からあなたのセックスなんてこれっぽッちと5000円を渡されます。そこに咲良絡もう5000円もらい、なんとか娼夫の最低設定料金1万円を達成し合格。はれてリョウは娼夫としてデビューします。

 

それからというもの、彼の持ち味である誰に対しても物おじしせず平等に扱う普通の佇まいと、年上キラーな表情爆発で、次々と顧客を作ってくリョウ。

相手をじらし我慢に我慢を重ね性欲を溜めていく常連客とは、ホテルに入るや否やおっぱじめる荒々しい性行為。普段はしないお口での愛撫に身悶えるリョウ。

プラトンをこよなく愛する文系女子は、小学生の時に覚醒した性癖をしっかり受け止め彼女に幸福感を差し上げるサービスっぷり。お前はたじろぐということをしないのか。何でもかんでも興味で受け止めるのか。

 

その後も熱海まで出張、余名1年半の車いすの夫は、抱けない妻を他の男性に乱暴に抱かせ、それを録画することで性欲を満たそうとしており、その相手をリョウにやらせようと目論む。

人相が見えるとムラムラしないことからリョウにサングラスをかけさせ、要望に応えるリョウ。服をはぎ、言葉で妻も夫も責め立てていく。この変態女、この変態旦那。

あまりの潔さとサングラスでエッチしている姿に段々と笑える展開となり、とうとう旦那が興奮し自慰行為を始めてしまう始末。さすがにそこまでは予想してなかったリョウはあっけにとられるが、もう旦那の右手は止まらない!

続けたまえ森中君!!!

録画していたビデオカメラをぶん投げひたすらしごく車いすの変態野郎。しかし妻の目は明らかに恍惚な表情を浮かべていた。うちの旦那が興奮してる!さっきまでしかめっ面だった夫があたしのセックスで興奮してる!

ここまで来たらもう止められない。リョウは激しく腰を振り声を荒げたのち、旦那の要望通り、妻のお尻にめいいっぱい精液をぶちまける。まさかの旦那も一緒にフィニッシュ!

何だこのバカバカしい光景はww

さすがの場内も今までの緊張感がほぐれたのかこのシーンだけは笑う声が聞こえる状態。いやこんなの誰が見たって笑うだろ。

 

そんなこんなで最初から最後までセックス連発の光景をいい大人たちが行儀よく大きなスクリーンで見るという異様な時間を過ごしたわけであります。

しかしながらこの性行為、いかにも淡泊というか一方的な流れというか。バリエーションがワンパターンというか。

確かに死んだ魚のようなリョウが少しづつ生気を取り戻していく姿は絵に書いたようにわかるのですが、とんでもなく速い腰の動かし方、それ逆に痛くしてない?って思うほど高速な手マンが妙に目についてしまう点も。

まぁしばらくそんな行為をしていない自分がこんなこと言うのもなんですが、現実的なエッチってこんなんだっけ?もうちょっと緩急つけたりしないかい?腰はすごく速く動いてるけどそれ気持ちよくさせてる?ただ素早いだけじゃない?みたいな。

女性も女性でそんな簡単に喘ぎますか?まぁ溜まってたって解釈なら理解できますがなんか勢いだけでやってる感じに見えてしまったというか。

AVでもそんなセックスしてねえよと。生々しさは感じるけどフィクション感が出まくってるよなぁと。

これに関しては「愛の渦」でも感じたんですけどなんですかね、あれから監督の演出は変わってないということになるのかな。

 

桃李君はすんげー。

ここ最近演技が抜群と光る主役の松坂桃李ですが、今回も素っ裸で頑張ってくれています。

最初こそ死んだ魚のように、女なんて・・・どうせ帰って寝るだけの退屈な時間ですから・・・大学なんて言っても意味ないし・・・とネガティヴな発言を繰り返し、もう僕なんてこの先生きていても生きた心地なんてしないんですというプラカードを持って歩いてるような青年を表情と視線で演じたのち、あらゆる女を抱いていくことで水を得た魚のように俺って生きてる!呼吸してる!光合成してる!このお金今のバイトの時給で換算したら何時間分働いたことになるんだ!あぁこんな女性いるんだ!人間て女性って素晴らしい!と変貌を遂げていきます。

 

ここで難しいのは、その素晴らしさの感情の度合いを娼夫の仕事だけにとどめていること、そして日常やバーでの仕事の時は視線だけで活き活きとしている表情を作ること。しっかりここを線引きしているのでパッと見彼がどんどん生きた心地になっているかは判断しにくくなっているのです。だから彼に好意を寄せている恵だけは彼がなんか変わったということに気付くよう演じているのです。

 

そしてリョウが静香と咲良と食事をする際、過去の話を語るシーン。いったい彼がどうして年上の女性に好かれるのか、またどうして彼が大人の女性に抵抗がないのか、その詳細が明らかにあり、そこで彼の中でつっかえていたものが取れた時の涙を流す場面では、少しづつ感情をほぐしていき一筋の涙を自然に流す演技を見せることで、この映画の感動できる瞬間を作り出していました。

 

もちろんそういった演技だけではありません。

やはりひたすら濡れ場をやるわけですからかなり精神的にきたことでしょう。性行為をしながらどうやってこのリョウという男が成長するかを見せなければならない。それ以前にきちんと濡れ場も成立しなくてはいけないわけで大変役作りに苦労したと思います。

 

ただ腰を動かすだけの運動とセックスを罵っていたリョウの当初の濡れ場も、上でも書いた通り自己中極まりない淡泊なセックスでしたが、それでも濃厚なキスをし胸を揉みし抱き、激しく腰を振り、きれいなお尻をプルプルさせながら演じてます。

そこから徐々にリョウの性の悦びを開花させながら濡れ場をこなし、お口でやられる際の身悶え方や、文系女子の性癖をまじまじと見てもいやな顔せず見届け、サングラスかけながら攻めたてるセックスも恥じらいを見せず見事にこなし、しまいには江波杏子とも堂々と口を重ねる堂々たる演技。

こういう部分はやはり恥じらいが出るのが普通だと思いますが、それをきちんと演じるのは役者としては完璧なんじゃないでしょうか。

 

もちろん相手役の女性陣も同じこと。よくもまあここまでやってくれましたね。こういう演技をすれば今後大きな役をもらえるでしょう。なんてったってこの濡れ場を演じたってことは肝が据わってますから、次何がきても物怖じしないですし。

 

ただ一つ思うのは、果たして松坂桃李はプライベートでもこういうセックスをするのか。いやしないよねw演技だもんねwフィクションだもんねw余計なお世話だよねw

 

 

最後に

ここまで一応褒めの感想を書きましたが、正直気持ちが悪かったのが本音。

娼夫を束ねるオーナーが娘を使って試験をさせ、それを見てるとか、ドMのナンバー1娼夫の性癖に目を細めて見てしまったりとか、後はそういうところでも普通に受け止めてしまうリョウって逆に普通じゃないんじゃないかとか、それ以上に濡れ場が終始同じことの繰り返しなのが残念。

もっとバリエーションあると思うんですけどね。なんつうかね、早いんですよ全てにおいてこういそのものが。映画だからそういうのって考えちゃダメなのかな。

あとはやっぱり体を売ることは決して良くない、ということを踏まえてリョウを成長させてほしかったですかね。いやフィクションなんだからそんなこと言ったってしょうがないというのは当たり前なんですけど、じゃあいつまで続けるのさこの仕事、ってなるわけで。

そこはそれを経てもっと他者を尊重して見る目を持つようになって終わるとかでもよかったと思うわけですよ。

 

とにかく役者陣の演技の熱量は素晴らしいです。これだけは見てよかった。

今後の彼らを作品で見るときはこの映画を思い出してしまうんだろうな。

西岡徳馬さん、あなたのしごきっぷり見事でした。

というわけで以上!あざっした!!

 

娼年 [Blu-ray]

娼年 [Blu-ray]

 

 

満足度☆☆☆☆☆★★★★★5/10