モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

サスペンス

映画「ホムンクルス」感想ネタバレあり解説 第六感に目覚めた男の「自分探し」の旅。

ホムンクルス ホムンクルス 作品情報 あらすじ 監督 キャスト 感想 視覚効果の妙 自分の見ている世界は本物か否か。 綾野剛と成田凌 最後に

映画「騙し絵の牙」感想ネタバレあり解説 出版社内の仁義なき戦いは見事にダマされました。

騙し絵の牙 騙し絵の牙 作品情報 あらすじ 監督 キャスト 感想 どこも不景気なのよ・・・ 速水にやられっぱなし 出版業界の闇 最後に

映画「ビバリウム」感想ネタバレあり解説 不快極まりないスリラーは意外と社会派でした。

ビバリウム ビバリウム 作品情報 あらすじ 監督 キャスト 感想 辛すぎるだろこんな生活。 ビバリウムの意味。 画一化された住宅地。 最後に

映画「藁にもすがる獣たち」感想ネタバレあり解説 韓国発シロサメたちの大金争奪狂騒劇。

藁にもすがる獣たち 藁にもすがる獣たち 作品情報 あらすじ 監督 キャスト 感想 パルプ・フィクションみたいだ。 6つのエピソード 最後に

映画「ファーストラヴ」感想ネタバレあり解説 男たちよ、肝に銘じて見るべし。

ファースト・ラヴ ファースト・ラヴ 作品情報 あらすじ 監督 キャスト 感想 先の読めない展開、ではなかったか。 話の流れに違和感 最後に

映画「哀愁しんでれら」感想ネタバレあり解説 結末怖すぎるだろ!良い母親って何でしょうね。

哀愁しんでれら 哀愁しんでれら 作品情報 あらすじ 監督 キャスト 感想 失格の烙印を押されないために。 しかしおっかねえ話だ。 シンデレラになってはいけない 最後に

映画「名も無き世界のエンドロール」感想ネタバレあり解説 切ない結末と壮大なプロポーズ大作戦。

名も無き世界のエンドロール 名も無き世界のエンドロール 作品情報 あらすじ 監督 登場人物紹介 感想 なるほど、名も無き世界か。 マコトの執念とキダの思い 中村アンの開花。 意外といい台詞がありました。 最後に

映画「さんかく窓の外側は夜」感想ネタバレあり解説 BL要素も孕んだ除霊探偵シリーズの誕生!

さんかく窓の外側は夜 さんかく窓の外側は夜 作品情報 あらすじ 監督 キャラクター紹介 感想 除霊探偵コンビ、いいじゃん! 「信じる」こと。「繋がる」こと。 最後に

映画「サイレントトーキョー」感想ネタバレあり解説 平和ボケしてる俺らに一発かましてくれました。

サイレント・トーキョー サイレント・トーキョー 作品情報 あらすじ 監督 登場人物紹介 感想 誰もが浮かれるクリスマスだからこそ。 阿鼻叫喚の渋谷 表面ばかりすくって薄味 最後に

映画「ドクターデスの遺産」感想ネタバレあり解説 「つまらない」を通り越して楽しくなる理由。

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE- ドクター・デスの遺産-BLACK FILE- 作品情報 あらすじ 監督 登場人物紹介 感想 case1・・・なぜ「安楽死」の是非を問わないのか。 case2・・・ツッコミどころが満載で楽しい! case2-1・・・設定が活かされていない。 case2-2・・・警…

映画「罪の声」感想ネタバレあり解説 グリコ森永事件の真相とは?

罪の声 罪の声 作品情報 あらすじ 監督 登場人物紹介 感想 ホントに真相がこうだったんじゃないかと思える結末 2人の芝居について ギン萬事件の概要 最後に

映画「スパイの妻【劇場版】」感想ネタバレあり解説 激動の時代に愛と正義を賭けて挑んだ夫婦の物語。

スパイの妻 スパイの妻 作品情報 あらすじ 監督 キャスト 感想 詳細なあらすじ スパイ映画ではない。 731部隊 最後に

Netflix映画「シカゴ7裁判」感想ネタバレあり解説 世界は見ている!この理不尽な裁判を!

シカゴ7裁判 シカゴ7裁判 作品情報 あらすじ 監督 キャスト 感想 ソーキン節が冴えわたっていた! 歴史的な背景 最後に

Netflix映画「エノーラホームズの事件簿」感想ネタバレあり解説 え⁉ホームズに妹がいたの⁉

エノーラ・ホームズの事件簿 え⁉名探偵ホームズに妹がいるの⁉ 僕のホームズに関する知識は、基本的にはガイ・リッチー監督の「シャーロック・ホームズ」とか、それこそ「名探偵コナン」でオマージュされるワードやら地名やらくらいで。

映画「透明人間」感想ネタバレあり解説 見えない相手の恐怖よりも誰にも理解されない恐怖。

透明人間 いきなりですが、ちょっと重い話。 今から約10年前の話なんですが、母から「帰ってきてほしい」と連絡がありました。 どうやら夜中に家の庭に不審者が侵入していると・・・。

映画「ルースエドガー」感想ネタバレあり解説 生まれたところや皮膚や目の色で一体この僕の何がわかるの?

ルース・エドガー よくある学園モノのドラマ。 行儀がよく、生徒からの人望もあり、成績も優秀、スポーツも万能。 おまけにルックスもピカイチ。 誰もがうらやむ存在の生徒に限って、裏でめちゃめちゃ悪いことしてる、ってパターン。

映画「ミッドサマー」感想ネタバレあり解説 自分が思う以上に僕らは箱庭で生きている。

ミッドサマー なぜ人は怖がるのか、それは「知らないから」だ。 知らないと、その先に何が起きるのかわからない。 「わからない」から人はそれに脅え、拒否したいと思うようになる。

映画「スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼」感想ネタバレあり解説 今回も好材料は成田凌のみ。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 僕がブログを書くとき、映画鑑賞後すぐに書いて記事にしちゃうスタイルなんですが、たいていカフェに入って食事を摂りながらやることが多いんです。 しかも基本1日で映画をハシゴするので(3本くらい)、カフェに…

映画「屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ」感想ネタバレあり解説 子供がそのまま大人になったかのようなシリアルキラー。

屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ 「なんて醜い顔なんだ・・・」 暗い森の中で火を放った瞬間、プレデターの仮面の奥に潜んだ素顔をみた主人公演じるシュワちゃんが放った痛烈な一言は、今でもネタにされるほどの有名なセリフですが、現実でもそのセリフを引用…

映画「グッドライアー/偽りのゲーム」感想ネタバレあり解説 二人ともまぁ入念な計画だこと。

グッド・ライアー 偽りのゲーム 2020年に入ってから、良質なミステリー作品が連発なんですよ。 「マザーレス・ブルックリン」に、「9人の翻訳家」、そして「ナイブズアウト」。 www.monkey1119.com www.monkey1119.com www.monkey1119.com どれも僕は高い満…

映画「ナイブズアウト/名探偵と刃の館の秘密」感想ネタバレあり解説 王道ミステリーにひと捻り加えた風刺が心地よい!

ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密 名探偵と豪華キャストで送るミステリー劇。 この文言だけでちょっと興味沸くのはなんでなんですかね~。 日本で言えば金田一耕助シリーズなんかそれにあたるのでしょうか。 犬神家とか。八つ墓村とか。

映画「9人の翻訳家/囚われたベストセラー」感想ネタバレあり解説 監督はやっぱりバトルがお好き。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー 先日、まだ公開前の「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」の脚本を、ジョン・ボイエガのうっかりによって、オークションに出される、というトンデモニュースが報道されましたね。

映画「マザーレスブルックリン」感想ネタバレあり解説 探偵映画に新たな1ページを刻んだノートン。

マザーレス・ブルックリン 「シャーロックホームズ」のホームズ。「チャイナタウン」のジェイク・ギテス。 「ロング・グッドバイ」のフィリップ・マーロウに、「ゴーン・ベイビー・ゴーン」のパトリックとアンジー。

映画「パラサイト半地下の家族」感想ネタバレあり解説 オレも古い切り干し大根の臭いがするのかな。

パラサイト 半地下の家族 第92回アカデミー賞 脚本賞、監督賞、そして作品賞受賞!!!!!🏆🏆🏆 2018年のカンヌ国際映画祭は、日本の映画「万引き家族」が、最高賞であるパルムドールを受賞して話題になりましたが、2019年のカンヌのパルムドールは、お隣の韓国…

映画「テッドバンディ」感想ネタバレあり解説 私の愛した人が実はシリアルキラーでした。

テッド・バンディ シリアルキラーという言葉、結構聞いたことあると思います。 快楽殺人だとか、猟奇殺人を犯す奴の事を言うんだと思うんですが、基本的には連続殺人の犯人とかを指すときは、この言葉を用いる気がします。

映画「ドクタースリープ」感想ネタバレあり解説 シャイニング続編はオイシイとこどりでした。

ドクター・スリープ 1作目の映画が大ヒットすると、配給側は何かと続編映画を作りたがります。 一度ついたファンを逃さないために、またキャラと役者の加齢問題を考慮して、というのが基本的。 他にもいろいろ理由はあるんでしょうが、なんだかんだ言って配…

映画「ブライトバーン/恐怖の拡散者」感想ネタバレあり解説 反抗期を迎えたスーパーパワーの男の子の暴走。

11月15日 ブライトバーン/恐怖の拡散者 この10年で溢れるほど量産されてきた「スーパーヒーロー映画」。 正統派の勧善懲悪もあれば、CGを余すことなく使ったSF的作品、コミカルに徹した作品、監督の作家性に富んだ作品、社会派もあればサスペンスものもある…

映画「IT 2/イット 2 THE END それが見えたら終わり」感想ネタバレあり解説 記憶から逃れたら、終わり。

IT/イット THE END ❝それ❞が見えたら、終わり。 IT/イット THE END ❝それ❞が見えたら、終わり。 作品情報 あらすじ 監督 登場人物紹介 感想 「記憶」に縋る生き物。 詳細のあらすじ ホラー描写が微妙。 前作と比較した演出。 最後に

映画「アス/us」感想ネタバレあり解説 ゲットアウトより薄気味悪い、分身に襲われる家族の話。

アス/us アフリカ系アメリカ人に対して白人が持つ深い部分をブラックジョークで覆ったスリラー映画「ゲット・アウト」。 その作品でアカデミー賞脚本賞を受賞した監督の最新作です。

映画「イソップの思うツボ」感想ネタバレあり解説 「カメ止め」とはまた違ったどんでん返し!!

8月16日 イソップの思うツボ 2018年、公開数わずかしかなかった謎のインディーズ映画に、誰が日本中を席巻するまでのビッグヒットになると予想したことでしょうか。