モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

モンキー的2018年10月期待の新作映画

9月25日

モンキー的2018年10月期待の新作映画

 

f:id:monkey1119:20180923230357j:plain

あくまで僕の中でなんですが、毎年10月公開の新作映画って、閑散期なんだけど映画ファンにはたまらないラインナップってのが多く、実は1年の中で一番楽しみな時期でもあるんです。

去年なんて「ブレードランナー2049」があって、「ゲットアウト」があって、「アウトレイジ」に、「アトミックブロンド」とかなり楽しいことになっていました。

加えて、去年はネットフリックスで「ストレンジャーシングスシーズン2」があって、東京国際映画祭があって。

月末は体こたえたなぁ・・・。

 

で、今年は一体どんなのやるんだろうって調べてみたら、

全然観たい作品がない!!!

 

・・・と大袈裟に言ってみたものの、去年と比べるとだいぶ盛り上がりに欠けるというか、ドキドキしないというか。

 

それでも毎月恒例ですので、観にいくか行かないかは別にして、「お、これはちょっと気になるぞ」くらいまで目線を下げて、期待作を並べてみたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 イコライザー2

f:id:monkey1119:20180905142333j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆☆★

 

10月5日公開

 

  • 出演

 

 

ロバート・マッコール・・・デンゼル・ワシントン

デイブ・ヨーク・・・ペドロ・パスカル

スーザン・プラマー・・・メリッサ・レオ 他

 

  • 解説

 

 

オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが、「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督とタッグを組んだアクションサスペンス「イコライザー」の続編。

元CIAエージェントで、昼間の表の顔とは別に、世の裁けない悪人を19秒で抹殺していく「イコライザー」としての顔を持つ主人公ロバート・マッコールの戦いを描く。

現在の表の職業として、日中はタクシー運転手として働いているマッコールだったが、CIA時代の元上官で親友のスーザンが何者かに殺害されてしまう。独自に捜査を開始したマッコールは、スーザンが死の直前まで手がけていた任務の真相に近づいていくが、やがてマッコール自身にも危険が迫る。そして、その手口から相手はマッコールと同じ特殊訓練を受けていることが判明。同時に身内であるはずのCIAの関与も明らかになっていく。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 確か前作でも「19秒で標的を倒す凄腕の元CIA捜査官」って言ってて、実際観たら19秒で倒しているシーンが1つも無くて、えー・・・ってなった記憶があるんですが。

それはまぁ置いといて、デンゼルワシントン、キャリア初の続編てことで、なんというか意外だし、これを続編デビューにするのかっていうのも意外。

今回もどんな道具で敵を一網打尽にしてくれるのか楽しみであります。

てかホームセンターでもう働いてないのね。じゃあ何使って倒すんだろ。

そもそも敵もイコライザーみたいだから、そんな悠長なこと言わずにガチで銃撃戦、又は肉弾戦なのかな?

てか、ここでペドロ・パスカル登場か。売れたなぁペドロ。

 

あ、オレ、ナメてた相手がなんちゃらって言葉、あまり好きじゃないです。

 

  

あの頃、君を追いかけた

 

f:id:monkey1119:20180905142327j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

10月5日公開

 

  • 出演

 

 

水島浩介・・・山田裕貴

早瀬真愛・・・齋藤飛鳥

小松原詩子・・・松本穂香 他

 

 

  • 解説

 

 

台湾の人気作家ギデンズ・コーが自伝的小説を自ら映画化し、台湾で大ヒットを記録した同名作品の舞台を日本に移し、「HiGH&LOW」シリーズの山田裕貴、「乃木坂46」の齋藤飛鳥主演により再映画化。

地方都市の高校に通う水島浩介は、クラスの仲間たちとバカなことばかりしながら、お気楽な高校生活を楽しんでいた。ある日、浩介の度を越した悪ふざけによって授業が中断。激怒した教師が浩介のお目付け役として任命したのが優等生の早瀬真愛だった。クラス一の優等生で真面目で堅い真愛を疎ましく思う浩介だったが、彼と4人の仲間たちにとって中学時代からの憧れの存在だった真愛に浩介の胸はざわつきはじめていた。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 台湾版の「あの頃、君を追いかけた」めっちゃ好きで、劇中で何度笑い泣き、そしてあのキスシーンにド肝抜かれたことか

それをちゃんと日本版でもやるのか?

乃木坂の人が出てるからといって、生ぬるい物語にしたら許さん、という気持ちです

 

あれですよ、「サニー」も「50回目のファーストキス」もそうでしたけど、めっちゃ好きなオリジナル作品を劣化して欲しくないという思いが強いので、恐らくこれ辛口な感想になるんじゃないかと。

でも予告編を観る限り、あのポニーテールと坊主のシーンはやるみたいなので、ときめかせてくれ!と期待しております。

 

ちゃんと主人公の家、スッポンポンで出てくれるかなwそこまで忠実にしないかw

 

 

 

 

 

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!

 

f:id:monkey1119:20180905142256j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

10月12日公開

 

  • 出演

 

 

シン・・・阿部サダヲ

明日菓ふうか・・・吉岡里帆

坂口・・・千葉雄大 ほか

 

 

  • 解説

 

 

「転々」「インスタント沼」など独創的な作風で人気を集める三木聡が原案・脚本を手がけてメガホンをとり、主演に阿部サダヲ、ヒロインに吉岡里帆を迎えて描くロックコメディ。

4オクターブの音域と驚異的な声量を持つロック歌手シンは金も女も名声も手に入れスター街道を突き進んでいるかに見えたが、実は彼の歌声は「声帯ドービング」という掟破りの方法で作られたものだった。シンの喉は長年にわたる声帯ドーピングの副作用で限界に近づいており、声が出なくなる恐怖に常に悩まされていた。そんな折、シンは歌声が小さすぎるストリートミュージシャンのふうかと出会い、その姿にかつての自分の姿を重ねるようになっていく。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 どちらかというと吉岡里帆目当てであります。

どちらかと、じゃない、はっきり言ってですねw

吉岡さんのあざとく可愛さをアピールする演技が大好きなアタクシと致しましては、今回もとびっきりの可愛い吉岡里帆をあざとく見せてくれるのだろうと期待しております。

なので、楽曲をHYDEが提供してようが、あいみょんが提供してようが、阿部サダヲがコミカルな芝居をしようが、そこまでの興味ああリませんw

 

そもそも三木聡作品ひとつも観てない気がする・・・。友人にすごく薦められたけど見事にスルーしたしなぁ。

もしかしたら観にいかないかもしれない・・・。

 

 

 

 

 

バーバラと心の巨人

f:id:monkey1119:20180905144402j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

10月12日公開

 

  • 出演

 

 

マディソン・ウルフ

イモージェン・ブーツ

ゾーイ・サルダナ 

 

 

  • 解説

 

 

「ハリー・ポッターと賢者の石」のクリス・コロンバス監督が製作を務め、ジョー・ケリーと日系イラストレーターのケン・ニイムラによるグラフィックノベル「I KILL GIANTS」を実写映画化。

風変わりな少女バーバラには、やがて襲来する「巨人」を倒すという使命があった。ところが姉カレンやモル先生、初めての友人である転校生ソフィアですら、巨人の存在を全く信じようとしない。そしてついにバーバラの前に巨人が現われ、ある試練をもたらす。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 この映画よくわからないんですけど、日本で公開が決まったときに、公開決定という喜びとポスターがどうとか文句言ってる人と、賛否があったようで。

確かにオリジナルのポスターのほうが、興味をそそられます。なんというかエンジェルウォーズのような雰囲気。それも違うか?

ですが、日本版はなんか子供向けに仕立ててるというか、女性も観られますぞ!みたいに仕向けてるというか。

まぁしょうがないけどね~。

 

とにかくミーハーな僕としては、これだけ騒いでるならちょっと観にいってみようかな、という程度。

 

 

  

ルイスと不思議の時計

 

f:id:monkey1119:20180905142249j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

10月12日公開

 

  • 出演

 

 

ジャック・ブラック

ケイト・ブランシェット

オーウェン・バカーロ 

 

 

  • 解説

 

 

1973年に発表されたジョン・ベレアーズのファンタジー小説「壁のなかの時計」を映画化。

両親を亡くした少年ルイスは、叔父ジョナサンの古い屋敷で暮らすことになるが、実は叔父のジョナサンは、二流のポンコツだが不思議な力を使える魔法使いだった。不思議な時計がいっぱいの屋敷で新生活を始めたルイスは、屋敷の中に世界を破滅に導く時計が隠されていることが知り、ジョナサンとともに謎を解いて世界を救うため奮闘する。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

同じファンタジーとして 「バーバラと心の巨人」よりかは筋書きも読めそうで安心なファンタジー映画。

しかもこれ監督がイーライ・ロスってのが面白い

この人ファンタジー映画とかやる人だったっけ?

それなりにコワい演出とかになってるのか?

 う~ん楽しみ。

イーライロスの何がすごいって、ここから今年あと2本新作が公開ってのがすごい。

デス・ウィッシュ」に「アリータ」ですから。

どれもジャンル違うし、秋冬はイーライロスから目が離せませんな。

 

すいません、アリータはロバートロドリゲスでした…

 

 

 

アンダー・ザ・シルバーレイク

 

f:id:monkey1119:20180905142842j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆☆☆

 

10月13日公開

 

  • 出演

 

 

サム・・・アンドリュー・ガーフィールド

サラ・・・ライリー・キーオ

トファー・グレイス 他

 

 

  • 解説

 

 

「イット・フォローズ」で世界的に注目を集めたデビッド・ロバート・ミッチェル監督が、「ハクソー・リッジ」「沈黙 サイレンス」のアンドリュー・ガーフィールド主演で描いたサスペンススリラー。セレブやアーティストたちが暮らすロサンゼルスの街シルバーレイク。ゲームや都市伝説を愛するオタク青年サムは、隣に住む美女サラに恋をするが、彼女は突然失踪してしまう。サラの行方を捜すうちに、いつしかサムは街の裏側に潜む陰謀に巻き込まれていく。「私たちは誰かに操られているのではないか」という現代人の恐れや好奇心を、幻想的な映像と斬新なアイデアで描き出す。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 10月一番の期待映画はこれにしました

イット・フォローズ」は劇場でスルーしてしまい、後に自宅で観賞したんだけど、あ~しまった!とこれ劇場で観たら最高案件だったよ!と。

苦手なホラー、というだけで敬遠した監督の前作。

僕はこれと「ドントブリーズ」を劇場で見逃したことで、話題のホラーはビビらずに観にいくと決めたので、今回も怖いんだろうけど観にいくぞ!

・・・と思ったら、あれ、これはホラーでは・・・ない?

 

これはぁ青春ミステリーみたいなものなのだろうか。

 

 そして映像もかなりきれい、というかLAの街並みがとても煌びやか。

画だけでもたまらんなぁ。

 

果たしてオタクは彼女を探すことができるのか。・・・てのはきっとミスリードな気がする。 

 アンドリューはまだオタク青年とか演じられるんだね。あ~ピーターパーカーをちょっと思い出してしまう・・・。

 

 

億男

 

f:id:monkey1119:20180905142330j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

10月19日公開

 

  • 出演

 

 

一男・・・佐藤健

九十九・・・高橋一生

万佐子・・・黒木華 他

 

 

  • 解説

 

 

映画プロデューサー・川村元気の同名ベストセラー小説を佐藤健&高橋一生共演、「るろうに剣心」シリーズ、「3月のライオン」の大友啓史監督のメガホンで映画化。

3000万円の借金を残して失踪した兄に代わり、借金返済に追われる一男。借金苦の日常に愛想を尽かした妻は娘とともに家を出てしまった。そんな不幸続きの一男に宝くじ3億円当選という幸運が舞い込む。この大金で借金返済、家族の修復と、一発逆転を夢想するが、ネットで悲惨な人生を送る高額当選者の記事ばかりが飛び込んでくる。不安になった一男は、起業して億万長者となった大学時代の親友・九十九にアドバイスをもらうため、九十九を訪ねるが、酔いつぶれて目が覚めると、九十九は3億円とともに姿を消していた。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 川村元気という名前を聞くだけで、ちょっとためらってしまう。

プロデュースはまだいいんだけど、いやよくないときもあるんだけど、原作となるとなぁ。

世界から猫が消えたなら」とか観にいかなかったし。

そして大友監督ってのも、まぁちょっと怖い。

 

とはいえ、お金にまつわる映画は好物といいますか、なんせ日常で一番身近なもので大事なもので必要不可欠なものですから。そんなお金に対する価値観を変えてくれるのかも、しれないし、そうじゃないかもしれないw

とにかくお金エンタテインメントはそれなりに面白いのばかりなので、期待してもいいかなと。

 

 ちなみに僕は3億円当たったら、貯金します。

 3億じゃ少ないよぉ~一生遊べないよぉ~w

 

 

 

 

デス・ウィッシュ

 

f:id:monkey1119:20180905142242j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

10月19日公開

 

  • 出演

 

 

ポール・カージー・・・ブルース・ウィリス

フランク・カージー・・・ビンセント・ドノフリオ

ルーシー・カージー・・・エリザベス・シュー 他

 

 

  • 解説

 

 

チャールズ・ブロンソン主演で1974年に映画化され、日本では「狼よさらば」のタイトルで公開されたブライアン・ガーフィールドの同名小説を、ブルース・ウィリス主演、「グリーン・インフェルノ」のイーライ・ロス監督のメガホンで再映画化。

警察すら手に負えない無法地帯となったシカゴで救急患者を診る外科医ポール・カージー。ある日、ポールの家族が何者かに襲われ、妻は死に、娘はこん睡状態になってしまう。警察の捜査は一向に進まず、怒りが頂点に達し、復讐の鬼となったポールは自ら銃を取り、犯人抹殺のために街へと繰り出す。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 「ルイスと不思議の時計」に続いて、イーライロス監督の作品。

昔「ビジランテ映画」について、WOWOWぷらすとで特集やってて、熱心に聴いていたんだけど、その時に扱ったのがブロンソンの「狼よさらば」。

今回そのリメイクだそうなんだけど、ちょっと設定違うみたい。

映画のリメイクなのか、それとも原作を再び映画化したのか。

きっと監督のことだから映画は観てるよね。差別化を図るのか、それともリスペクトで名シーンとかちゃんと取り扱うのか。その辺が気になるところ

 

どうやら今の風潮がこういう復讐モノはウケないようで、あまりいい評価ではないようなんですが、ブルースウィリス主演映画ってしばらく観てないし、観てみようかなと

 

 

  

ピッチ・パーフェクト ラストステージ

 

f:id:monkey1119:20180905142245j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

10月19日公開

 

  • 出演

 

アナ・ケンドリック

レベッカ・ウィルソン

ヘイリー・スタインフェルド 

 

 

  • 解説

 

 

世界的ヒットを記録したガールズアカペラムービー「ピッチ・パーフェクト」の完結編。

最高の仲間たちと出会い、歌うことの楽しさを分かち合ったアカペラグループ「バーデン・ベラーズ」のメンバーたち。世界大会優勝という有終の美を飾り、バーデン大学を卒業した彼女たちはそれぞれの道へと歩み出した。しかし、仲間たちと歌うことで輝いていた学生時代からうって変わって、恋も仕事も理想通りにはいかない現実に直面する日々をそれぞれが送っていた。そんな彼女たちにベラーズ再結成のチャンスが訪れるが……。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 1は観てるんだけど、2は観ていない。

で、3やるって聞いたときに、い~やいやいやいや、もうアナケンドリック大学生役ムリでしょ!!

 1でもだいぶ化粧で盛ってたからね、2も観てないけど、だいぶ厳しかったんでしょうね~、とアナケン好き故に、軽い怒り。お前もう普通の大人の役やれ。

で、解説読んだら、あ、2で卒業はしたのね、と。

 

とりあえずビークールってことで、まさか3やると思わなかったですね。

まずは2にヘイリーちゃん出てるってことで、そこからおさらいと予習始めしょうかね。

 歌はすごくステキだしうまいし、それでいてカッコイイし、それだけで十分観る価値あるかと。じゃあ2も観てろよって?ごめんなさい。

 

さすがにカップスはもうやってないのかな?

  

 

search/サーチ

 

f:id:monkey1119:20180905142253j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆☆★

 

10月26日公開

 

  • 出演

 

 

ジョン・チョウ

デブラ・メッシング

ジョセフ・リー 

 

 

  • 解説

 

 

物語がすべてパソコンの画面上を捉えた映像で進行していくサスペンススリラー。

16歳の女子高生マーゴットが突然姿を消し、行方不明事件として捜査が開始されるが、家出なのか誘拐なのかが判明しないまま37時間が経過する。娘の無事を信じたい父親のデビッドは、マーゴットのPCにログインして、Instagram、Facebook、Twitterといった娘が登録しているSNSにアクセスを試みる。だがそこには、いつも明るくて活発だったはずの娘とは別人の、デビッドの知らないマーゴットの姿が映し出されていた。(映画.comより)

 

 

  • 期待どころ

 「スタートレック」以外でスールー役の人を観たことがないんだけど、今回こういう話題作に主演で出てくれてよかった。

これでスタトレの人って言われにくくなるね。

なんとこの映画、パソコンのディスプレイ以外は出てこない、物語はパソコンの画面で始まりパソコンの画面で終わる、というとても斬新な設定

そしてお父さんが本当の娘の姿を、本人からではなく、SNSで知るというのも今ならでは。

ディスコネクト」や「ザ・サークル」、「ナーヴ」など、SNSやインターネットによって生じる人間の心の醜さや真相を扱った作品は最近増えてきてるけど、これはそれらのひとつ上を行く作品になっていそう。

 

ただ気をつけたいのは、設定が斬新だけになってないか、という部分。

ちゃんと話として楽しめるのかちょっと不安。

いくつもブラウザ出してて、あえて見辛くさせるとか、そういうごちゃごちゃしたのはモンキー的には、目が疲れるのでやめてほしいなぁ。

 

ブログのコメントでも薦めて頂いたので、これは観にいきます。

 

 

 

 

 

 

 

その他の話題作

 

  • 5日公開

・パーフェクトワールド/君といる奇跡(EXILE岩田と杉咲花の障がいをテーマにした恋愛物語)

あのコの、トリコ。(吉沢亮新木優子主演の芸能界で起こる幼馴染の三角関係を描いたラブストーリー)

フィフティシェイズ・ブリード(SMを取り扱った若き男女の恋愛3部作最終章)

・モンスターストライクTHEMOVIEソラノカナタ(人気ゲームアプリのオリジナルストーリーで描く長編アニメ映画)

  • 6日公開

・チューリップフィーバー肖像画に秘めた愛(チューリップバブルを舞台に人妻と青年画家の秘密の恋をアリシア・ヴィキャンデル主演で描く)

  • 13日公開

日日是好日(25年にわたり通った茶道教室の日々を集めたエッセイを樹木希林で映画化)

・スカイライン奪還(スカイライン征服の続編を、フランク・グリロ、「ザ・レイド」のあの二人が出演)

止められるか、俺たちを(巨匠・若松孝二の若き日々を白石和彌監督により映画化)

  • 19日公開

ハナレイ・ベイ村上春樹の短編集の中にある同名小説を吉田羊で映画化)

・モンスター・ホテル/クルーズ船の恋は危険がいっぱい?!(人気アニメ「モンスターホテル」シリーズ第3作)

  • 20日公開

恋のしずく(リケジョの青春恋愛劇を川栄李奈初主演で描く)

テルマラース・フォン・トリアーの甥が手がけたホラー映画)

マイ・プレシャス・リスト(天才だけどコミュ力0のヒロインの心の成長を描く)

  • 26日公開

・オズランド笑顔の魔法おしえます。(西島秀俊波瑠主演で描くお仕事映画)

旅猫リポート福士蒼汰とネコの声を高畑充希で送るロードムービー)

 

 

 

 

10月末には東京国際映画祭があるので、月末公開の映画、観たいの少なくてよかった・・・。そっちのラインアップも楽しみですが、毎度恒例チケット問題・・・今回はもっとうまくやってくれ・・・。

そして、観たい作品がない、とか言っておきながら、意外としっかりありましたw

小粒作品ばかりですが、大粒は11月からどんどん公開されるので、それまでの箸休めということで。

いや良質作品がいっぱいあるかも。

というわけで以上!あざっした!!