モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

モンキー的2019年7月期待の新作映画

6月25日

モンキー的2019年7月期待の新作映画

 

f:id:monkey1119:20190624224223j:plain

2019年もあっという間に半分が過ぎ、いよいよ夏本番。

映画興行も夏休み興行ということで大作映画が目白押しでございます。

 

毎年思うんですが、7月って大作に目が行きがちでどうしても小規模な作品を蔑ろにしてしまうのでなんとかしたいなぁと心がけているので、今年こそは!と何か注目したいと思ってます。

と思ったらちょこちょこあるぞこれ。

 

 

 

それでは下半期最初の期待作、どうぞ!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Diner/ダイナー

f:id:monkey1119:20190618000530j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

7月5日公開

 

  • 出演

 

ボンベロ・・・藤原竜也

オオバカナコ・・・玉城ティナ

スキン・・・窪田正孝 ほか 

 

  • 解説

 

 藤原竜也と蜷川実花監督が初タッグを組み、平山夢明の小説「ダイナー」を映画化。

元殺し屋の天才シェフ、ボンベロが店主をつとめる殺し屋専用の食堂「ダイナー」。日給30万円の怪しいアルバイトに手を出したばかりに闇の組織に身売りされてしまった少女オオバカナコは、ボンベロに買われウェイトレスとして働くことに。ボンベロが「王」として君臨するダイナーには、全身傷だらけの孤高の殺し屋スキンや、子どものような姿をしたサイコキラーのキッド、不気味なスペイン語を操る筋肉自慢の荒くれ者のブロら、ひと癖もふた癖もある殺し屋たちが次々とやって来て……。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 おれはぁ~~~~!!!ここのぉ~~~~!!!

王だっ!!!

・・・ww

オーバーアクトの帝王藤原竜也がこれまた大味演技で笑わせてくれそうな予感の今作。

小説がどうだか知りませんが、殺し屋専用のダイナーで殺し合い勃発とかって話なんでしょうか。

蜷川実花なんで相変わらず極彩色ガンガンですけど、僕はそこまで好きじゃない世界観。

玉城ティナが最近映画に出てくるようになったので、彼女見たさに楽しもうかと。

 

 

 

 

 

 

ゴールデン・リバー

f:id:monkey1119:20190618000433j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆☆★

 

7月5日公開

 

  • 出演

 

イーライ・シスターズ・・・ジョン・C・ライリー

チャーリー・シスターズ・・・ホアキン・フェニックス

ジョン・モリス・・・ジェイク・ギレンホール ほか 

 

  • 解説

 

 「ディーパンの闘い」「君と歩く世界」「真夜中のピアニスト」などで知られるフランスの名匠ジャック・オーディアール監督が初めて手がけた英語劇で西部劇サスペンス。2018年・第75回ベネチア国際映画祭で銀熊賞(監督賞)を受賞した。

ゴールドラッシュに沸く1861年、最強と呼ばれる殺し屋兄弟の兄イーライと弟チャーリーは、政府からの内密の依頼を受けて、黄金を探す化学式を発見したという化学者を追うことになる。政府との連絡係を務める男とともに化学者を追う兄弟だったが、ともに黄金に魅せられた男たちは、成り行きから手を組むことに。しかし、本来は組むはずのなかった4人が行動をともにしたことから、それぞれの思惑が交錯し、疑惑や友情などさまざまな感情が入り乱れていく。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 まぁなんてたってこの4人の共演てのとどんなアンサンブルが見れるかって期待ですよね。

対立からの友情、そして欲望からくる裏切り、と、人間の本質とでもいうべき欲の醜さ脆さなんかを押し出してくれるのでしょうか。

 

西部劇を映画館で見るの、もしかしたら初めて・・・ではないか?

思い出せない。 

 

 

 

 

ワイルドライフ

f:id:monkey1119:20190618000426j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

7月5日公開

 

  • 出演

 

キャリー・マリガン

ジェイク・ギレンホール

エド・オクセンボールド ほか 

 

  • 解説

 

 「スイス・アーミー・マン」などの個性派俳優ポール・ダノが初メガホンを取り、「ルビー・スパークス」で共演したパートナーのゾーイ・カザンと共同で脚本・製作も手がけ、ピュリッツァー賞作家リチャード・フォードの小説「Wildlife」を原作に、幸せな家庭が崩壊していく様子を14歳の息子の姿を通して描き出す。

1960年代、モンタナ州の田舎町で暮らす少年ジョーは、仲の良い両親ジェリーとジャネットのもとで慎ましくも幸せな毎日を送っていた。ところがある日、ジェリーがゴルフ場の仕事を解雇され、山火事を食い止める危険な出稼ぎ仕事へと旅立ってしまう。残されたジャネットとジョーもそれぞれ仕事を見つけるが、生活が安定するはずもなく、優しかったジャネットは不安と孤独にさいなまれるようになっていく。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 去年からちょこちょこ評判を耳にしたポールダノ初監督作品。

まさか同じにジェイクの作品を2本やるなんて、ジェイクファンには最高な1日ですよね。

それ言ったら1週前にはスパイダーマンがあるからもっとか!

じぇじぇじぇジェイク。

 

ふとした出来事から崩れてしまう夫婦の物語ですが、予告の段階で美しい風景や役者陣の卓越した演技ってだけで、ちょっとトリハダ。

親って何だろう、っていう子供の視点で描かれるんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

トイ・ストーリー4

f:id:monkey1119:20190618000526j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆☆★

 

7月12日公開

 

  • 声の出演

 

ウッディ・・・トム・ハンクス/唐沢寿明

バズ・ライトイヤー・・・ティム・アレン/所ジョージ

ボー・ビープ・・・アニー・ポッツ/戸田恵子 ほか 

 

  • 解説

 

 おもちゃの世界を舞台に描くピクサー・アニメーションの大ヒットシリーズ「トイ・ストーリー」の第4作。

ウッディたちの新しい持ち主となった女の子ボニーは、幼稚園の工作で作ったフォーキーを家に持ち帰る。ボニーの今一番のお気に入りであるフォーキーを仲間たちに快く紹介するウッディだったが、フォークやモールでできたフォーキーは自分を「ゴミ」だと認識し、ゴミ箱に捨てられようとボニーのもとを逃げ出してしまう。フォーキーを連れ戻しに行ったウッディは、その帰り道に通りがかったアンティークショップで、かつての仲間であるボー・ピープのランプを発見する。一方、なかなか戻ってこないウッディとフォーキーを心配したバズたちも2人の捜索に乗り出すが……。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 正直トイストーリーに思い入れはほとんどないです。

1と2はずいぶん前に見たけど、映画熱のなかった時代だからほんと記憶がおぼろ。

しかも傑作と言われる3なんか見てませんからw

これから過去作観て気持ち作ってくんだろうな。

どうやら最後は思いも世ならい結末だそうで、ウッディの決断が描かれるとか予告で煽ってますけど、まぁ楽しけりゃいいです。

基本字幕派なんですけど、こればっかりは吹替えなんだよなぁ。やっぱそういう世代だよねウチらw

 

 

 

 

 

アイアン・スカイ/第三帝国の逆襲

f:id:monkey1119:20190618000428j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

7月12日公開

 

  • 出演

 

オビ・・・ララ・ロッシ

ウラジミール・ブルラコフ

キット・デイル ほか 

 

  • 解説

 

 月の裏側に潜伏していたナチスが、UFOの大群を率いて地球を侵略するという大胆な設定で注目され、有志から資金を募って製作されたことでも話題を集めたSF映画「アイアン・スカイ」の7年ぶりとなる続編。

月面ナチスの侵略を退けた人類だったが、その後、自ら引き起こした核戦争によって地球は荒廃。それから30年後、人々はナチスが建設した月面基地で生き延びていたが、月面基地のエネルギーが枯渇し、人類は絶滅の危機にあった。そんな状況に胸を痛めていた月面基地の機関士オビは、地球の深部には未開の世界「ロスト・ワールド」が広がっており、そこに新たなエネルギー資源があることを知り、仲間とともに「ロスト・ワールド」へと旅立つが……。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 カンパによって製作された映画にまさかの続編w

てかだいぶ前から続編のウワサあったけど、ようやくだったんですね。

あの当時はそういってたけど今はクラウドファウンディングって名前が定着してるからw

もう前作の細かいとことか覚えてないからおさらいしないとだけど、すげえ面白かったよねこれ。

今回は月から地底に舞台を移して、恐竜と手を組むナチスw

ビンラディンはわかるけどサッチャーやスティーブジョブズを仲間にってどういう意図?w

まぁ敵が多いってのはわかるけども。

前作からだいぶお金かかってる感じがしますね。

楽しみい。

 

 

 

 

 

さらば愛しきアウトロー

f:id:monkey1119:20190618000524j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆☆★

 

7月12日公開

 

  • 出演

 

フォレスト・タッカー・・・ロバート・レッドフォード

ジョン・ハント・・・ケイシー・アフレック

テディ・・・ダニー・グローバー ほか 

 

  • 解説

 

 ハリウッド屈指の美男俳優として人気を集め、「明日に向って撃て!」や「オール・イズ・ロスト 最後の手紙」など長年にわたり活躍してきた名優ロバート・レッドフォードが俳優引退作と公言している最後の主演作。1980年代初頭からアメリカ各地で銀行強盗を繰り広げ、それによる逮捕と脱獄を繰り返した実在の人物フォレスト・タッカーを描いた。

強盗といいながらも、発砲もしなければ暴力も振るわないという紳士的で風変わりな犯行スタイルを貫いた主人公タッカーをレッドフォードが演じ、タッカーを追う刑事ジョン・ハント役を「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレックが担当。そのほか、シシー・スペイセク、トム・ウェイツ、ダニー・グローバーらが共演。監督は「A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー」のデビッド・ロウリー。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 僕にとってのロバートレッドフォードは、めちゃんこベタですが「明日に向かって撃て!」と「スティング」ですかね。あ、あと「大統領の陰謀」。うん、この3本だな。

最近だとウィンターソルジャーとかは意外でしたけど。

 

とりあえずですよ、予告の段階でカッコよさがにじみ出過ぎていて涙が出そうなんですけどw

きっと「引退作」ってのがそうさせる所以なんでしょう。そこまで作品網羅してないのに、もう映画に出演しないってだけで哀しさが。

きっと彼の半生も交えたラストになるんだろうなぁ。

 

やっぱね、脱獄とか銀行強盗とかっていつの映画だよ、ってなるんだけど、誰も傷つけずに金奪うって最高じゃないですか。

もちろんガンガン銃撃ちまくるやつも大好きですけど。

俺のハートも盗んでください。

 

 

 

 

 

天気の子

f:id:monkey1119:20190618000423j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆☆★

 

7月19日公開

 

  • 声の出演

 

森嶋帆高・・・醍醐虎汰朗

天野陽菜・・・森七菜

夏美・・・本田翼 ほか

 

  • 解説

 

 「君の名は。」が歴史的な大ヒットを記録した新海誠監督が、天候の調和が狂っていく時代に、運命に翻弄されながらも自らの生き方を選択しようとする少年少女の姿を描いた長編アニメーション。

離島から家出し、東京にやって来た高校生の帆高。生活はすぐに困窮し、孤独な日々の果てにようやく手に入れたのは、怪しげなオカルト雑誌のライターの仕事だった。そんな彼の今後を示唆するかのように、連日雨が振り続ける。ある日、帆高は都会の片隅で陽菜という少女に出会う。ある事情から小学生の弟と2人きりで暮らす彼女には、「祈る」ことで空を晴れにできる不思議な能力があり……。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 間違いなくこの夏を席巻する映画でしょう。

特大ヒットになった前作からこんなにも早く新作が公開されるのも嬉しいです。

ただ、きっと「君の名は。」と変わんねえじゃんwwとか言う奴いるんだろうなぁ。嫌いだなぁそういうの。想像力働かせなさい。

比較してしまうのはしょうがないけどね。

どっちもSFだし。

 

あと予告で流れる歌、RADじゃない方の。どっかで合唱コンクールで歌ってくんねえかなw

 

 

 

 

 

マーウェン

f:id:monkey1119:20190618000522j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

7月19日公開

 

  • 出演

 

スティーブ・カレル

レスリー・マン

ダイアン・クルーガー ほか 

 

  • 解説

 

 「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロバート・ゼメキス監督が、「バイス」「バトル・オブ・ザ・セクシーズ」のスティーブ・カレルを主演に迎え、暴行を受けて心身ともに大きな傷を負った主人公が、独自の世界観でカメラマンとして認められ、現実と向き合う勇気を獲得していく姿を、実話をもとに描いたヒューマンドラマ。

5人の男たちから暴行を受け、瀕死の重症を負ったマーク・ホーガンキャンプ。昏睡状態から目覚めた彼は、自分の名前も覚えておらず、歩くこともままならない状態だった。脳に障害を抱え、PTSDにも苦しむマークは、リハビリのためフィギュアの撮影を始め、自分や友人たち、そして自分を襲った男たちを模した人形を使って空想の世界「マーウェン」を作り上げる。マーウェンの中では、G.I.ジョーのホーギー大佐と5人のバービー人形がナチス親衛隊と日々戦いを繰り広げ、その様子を撮影したマークの写真は次第に評価され、やがて個展が開かれることになるが……。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 なんと、しれっとロバートゼメキスの新作が公開されるという驚き。

その理由として、今作は監督史上大失敗作、だなんて言われてるようで、興行が大失敗してしまったんだとか。

んなもん関係ねえやい!巨匠の新作だぞ?さっさと公開しろい!

面白かったら俺が広めるんだ!そんな意気込みです。

彼の映画は僕の中では安定の信頼があるので、クソ映画になることはないと思うんですけどね・・・。

今作もCGを使ってファンタジーを生み出してますし、やっぱエンタメに仕上げるのうまいなぁ、と予告編から期待値あがってます。

 

 

 

 

 

アルキメデスの大戦

f:id:monkey1119:20190618000528j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

7月26日公開

 

  • 出演

 

 櫂直・・・菅田将暉

田中正二郎・・・柄本佑

尾崎鏡子・・・浜辺美波 ほか

 

  • 解説

 

戦艦大和の建造をめぐるさまざまな謀略を描いた三田紀房による同名マンガを、菅田将暉主演、「ALWAYS 三丁目の夕日」「永遠の0」の山崎貴監督のメガホンで実写映画化。

日本と欧米の対立が激化する昭和8年、日本帝国海軍上層部は巨大戦艦・大和の建造計画に大きな期待を寄せていたが、海軍少将・山本五十六はその計画に待ったをかけた。山本は代替案を提案するも、上層部は世界に誇示する大きさを誇る大和の建造を支持していた。山本は大和の建造にかかる莫大な費用を算出し、大和建造計画の裏に隠された不正を暴くべく、天才数学者・櫂直を海軍に招き入れる。数学的能力、そして持ち前の度胸を活かし、大和の試算を行っていく櫂の前に帝国海軍の大きな壁が立ちはだかる。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 これコミックが原作なんですね。

なんてしょうもない設定の反戦映画なんだ…って酷いこと思ってしまったんですが、コミックでヒットしてるのならば映画にする価値があるってことで。

 

てかね、ここ最近旧作で侵略戦争時代の日本映画ばかり見てるんで、この時代とかはドンピシャだなと。

やっぱね、反戦映画にするならこの時代とかもっと前の勢いのある日本の軍隊を描いてですね、いかに愚かなことをやってきたかってのを真正面からやってほしいなと。それみせたほうが間違った道に行かないと思うんですけどね。ま、誰がそれを見るのかって話ですけど。

 

話はそれましたが、まぁ戦艦大和は後に作られたのでそこまでのプロセスでどんな攻防があったのかって話だと思うし、この時の日本軍はデータも数字も不具合も勝算も全部精神論振りかざして都合の悪いこと無視してやってきましたから、そういう戦いになるんでしょう。

できたらあの語気の強い当時のシャベリ回しでやってくんねえかな。

貴様!とか、貴殿は!とか貴公は!とか。

 

 

 

 

 

 

よこがお

f:id:monkey1119:20190618000431j:plain

 

youtu.be

期待度☆☆☆★★

 

7月26日公開

 

  • 出演

 

 白川市子/リサ・・・筒井真理子

大石基子・・・市川実日子

米田和道・・・池松壮亮 ほか

 

  • 解説

 

 カンヌ国際映画祭ある視点部門で審査員賞を受賞した「淵に立つ」の深田晃司監督が、同作でもタッグを組んだ筒井真理子を再び主演に迎え、不条理な現実に巻き込まれたひとりの善良な女性の絶望と希望を描いたサスペンス。

周囲からの信頼も厚い訪問看護師の市子は、1年ほど前から看護に通っている大石家の長女・基子に、介護福祉士になるための勉強を見てやっていた。ニートだった基子は気の許せる唯一無二の存在として市子を密かに慕っていたが、基子から市子への思いは憧れ以上の感情へと変化していった。ある日、基子の妹・サキが失踪する。1週間後にサキは無事に保護されるが、誘拐犯として逮捕されたのは意外な人物だった。この誘拐事件への関与を疑われたことを契機に市子の日常は一変。これまで築きあげてきた生活が崩壊した市子は、理不尽な状況へと追い込まれていく。(映画.comより抜粋)

 

  • 期待どころ

 淵に立つを劇場で見逃した身として、今回はちゃんと見にいっておきたい題材。

無実の加害者のレッテルを張られてしまった女のささやかな復讐ってことで、加熱する報道とか周囲の心変わりとかそういう皮肉を込めながら、どんな復讐へつないでいくのかってサスペンス要素と、タイトルから感じる、普段の顔は一つの側面でしかないことから読み取るもう一つの顔ってのを、監督の演出力で見せつけてくれるのでしょう。

ちょっと服の色合いが気になりますね。どんな意図があるのか目を凝らして観てみたいな。

 

 

 

 

 

その他の話題作

  • 5日公開

・いちごの唄(銀杏BOYZの楽曲を映画化)

  • 12日公開

・シンク・オア・スイム/イチかバチか俺たちの夢(スウェーデン発おっさんシンクロ挑戦ドラマ)

・ミュウツーの逆襲/EVOLUTION(ポケモン人気作リメイク)

  • 19日公開

・チャイルド・プレイ(チャッキーリブート!)

・東京喰種トーキョーグール【S】(人気コミック原作映画第2弾)

  • 26日公開

・ペット2(イルミネーションアニメ人気作の続編)

 

 

 

 

 

 

追いかけていないシリーズの新作も並ぶ7月。僕は追いかけてないのではずしました。

まぁ!

モンキー的には!!

7月は!!

ストレンジャーシングスの新シーズンで!!!

幕を開けるので!!!

それが一番の!!!!

楽しみなんだよっ!!!!ベイベー!!!

ダスティンを語る会とか誰かしませんかw

 

 

というわけで以上!あざっした!!