モンキー的映画のススメ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

映画「ズートピア」感想 評価 レビュー

モンキー的アニメ映画のススメ

4月23日

ズートピア

f:id:monkey1119:20160326111448j:plain

この週末が今月一番忙しいっ!!!もー、事前情報調べて、見て、書いての繰り返しですよ毎日。まぁ、好きでやってるんで苦労してないですけどね。旧作映画見る時間作らなくてはっ!!

 非常に前評判の高い、いや高すぎる作品です。それにもかかわらずなんか盛り上がってない感じがするけど浸透するのに時間かかるのかな。「アナと雪の女王」越えの可能性もあるなんて誰かが豪語してましたが、はたして大作ひしめくGW決戦を制するのでしょうか

そんなことはおいといて映画楽しまなくちゃ!つーわけで見てまいりました。

 

 

 

 

あらすじ

動物たちの“楽園”ズートピアで、ウサギとして初の警察官になったジュディ(声:上戸彩)。でも、ひとつだけ問題が…。

警察官になるのは通常、クマやカバのように大きくてタフな動物たちで、小さく可愛らしすぎる彼女は半人前扱いなのだ。

だが、ついにジュディも捜査に参加するチャンスが!ただし、与えられた時間はたった48時間。失敗したらクビで、彼女の夢も消えてしまう…。

頼みの綱は、事件の手がかりを握るサギ師のキツネ、ニック(声:森川智之)だけ。

最も相棒にふさわしくない二人は、互いにダマしダマされながら、ある行方不明事件の捜査を開始。だが、その事件の背後にはズートピアを狙う陰謀が隠されていた…。

 


『ズートピア』予告編

 

 

 

 

 

 

監督・キャラクター

監督は今回共同で製作したバイロン・ハワードリッチ・ムーア

f:id:monkey1119:20160412080603j:plain

名前だけではピンと来ないと思いますが、バイロン・ハワードは、ディズニー所属の監督さんで、人気TVドラマでスーパー犬として活躍する犬が、現実世界で挫折をしながらも仲間と力を合わせ飼い主の元へ帰るまでの旅をアクションやユーモア満載で描いた「ボルト」や、

18年間一度も外へ出たことのない魔法の長い髪を持つ少女が、大泥棒と共に未知なる世界へ飛び出す物語「塔の上のラプンツェル」を作った方であります。

 

塔の上のラプンツェル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

塔の上のラプンツェル MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

 

 

f:id:monkey1119:20160412080602j:plain

そして、リッチ・ムーアはアメリカの代表的TVアニメ「ザ・シンプソンズ」を手掛けた人であり、ディズニー作品としては、ゲームの世界で長い間悪役として活躍したキャラクターがヒーローになりたいという願いをかなえるべく奇想天外な大冒険を繰り広げる、有名なゲームの悪役キャラが勢ぞろいしたことでも話題になった「シュガーラッシュ」で長編映画デビューしました。

 

シュガー・ラッシュ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]

シュガー・ラッシュ DVD+ブルーレイセット [Blu-ray]

 

 ゲームの小ネタも満載、笑えて泣ける、大人も子供も楽しめる1本です。

 

ゲームの世界で30年間も悪役を演じてきた大男のラルフは、みんなに愛されるヒーローになりたいと願っていた。ついに我慢できなくなり自分のゲームを飛び出し“シュガー・ラッシュ”というレースゲームに迷い込む。そこで彼は少女ヴァネロペと出会いいつしか友情が芽生えていくが、ゲームの世界には危機が訪れようとしていた。

 

ディズニーがゲームのキャラをここまでふんだんに使うという大胆さ、悪役だってヒーローになりたいという自我、往年のゲームキャラやネタの使い方が非常に懐かしくもありユーモアに富んでいて面白いです。しかも、ハミ出し者同士のバディものという軸もしっかりしていて最後は涙モノです。

 

 

そんなスマッシュヒットを持つ2人がどんな物語を見せてくれるのか期待ですね。

 

 

 

 

 

 

今回はキャストでなくキャラクターの紹介にします。

 まずは、主人公のアナウサギ、ジュディ・ホップス。

f:id:monkey1119:20160412084922j:plain

いい年した私が言うのも恥ずかしいんですが、ジュディかわいい~っ!!!と初めて見たときに思ってしまったほどきれいで繊細でかわいい女性を見事に表現したアニメーション。いい仕事してますね~ディズニーさん。

憧れのズートピアで立派な警官になるという夢に向かって奮闘中のウサギ初の女性警官。正義感が強く、行動的で頑張り屋さん。日本語吹き替えでは上戸彩が担当。

 

続きまして、ジュディとひょんなことから相棒になるキツネ、ニック・ワイルド。

f:id:monkey1119:20160412084959j:plain

かつて描いた夢を忘れてしまった詐欺師。ズートピアを隅々まで知る情報通で皮肉屋のくせに陽気でやさしい一面も。そんな彼も誰にも見えない心の傷があるのだが・・・。

日本語吹き替えは声優の森川智之。

 

お次はジュディを邪魔者扱いする警察署長のスイギュウ、ボゴ。

f:id:monkey1119:20160412085000j:plain

警察の仕事に誇りを持っており、そのせいか重要な事件はカバやゾウといったタフな動物にしかできないと思っている。おまけに頑固で厳しい。

英語字幕版では「パシフィック・リム」の長官役でおなじみのイドリス・エルバが担当。

 

そして、ズートピアの街を仕切る市長のライオン、レオドア・ライオンハート。

f:id:monkey1119:20160412085001j:plain

 名前は確実にルーズベルト大統領をもじってますね。

楽園であることの維持を第一に考え、誰でも何にでもなれるというスローガンも彼が作った言葉。

英語字幕版では「セッション」の鬼教師フレッチャー役でアカデミー賞助演男優賞を受賞したJ・K・シモンズが担当。

 

ほかにも動物ならではの特長を生かしたキャラクターがたくさん出てくるようです。うん、楽しみだ!!!

 

 

 

 

 

 

 

徹底して追及した動物の“リアル”さ

公式HPにあった記事を拝借。

とにかく楽しませることに徹底したディズニーですが、今作ではあらゆる動物たちがキャラクターとして個性を生かすために、動物学者と同じ観点で野生観察も含め長きにわたってリサーチしたそうです。

 

主人公のジュディはアナウサギという動物。

f:id:monkey1119:20160415104738p:plain

特徴としては、温和で几帳面、人懐っこい性格だそうで、天敵がキツネ。

映画の中でもそんな性格が描かれていたり、ウサギとキツネが昔から知恵比べするような間柄であるように、相棒のニックとの関係性もわかりやすいのかもしれません

 

そんなニックもアカキツネという動物。

f:id:monkey1119:20160415104739j:plain

イヌ科の動物にもかかわらず群れを作らず体も小さい。なので、狩をする際は知恵や観察力を駆使して獲物を狙う習性があるそうで賢い動物として知られているそうです。

これがニックの職業・詐欺師として活かされているそうです。

 

署長のボゴはアフリカスイギュウ。

f:id:monkey1119:20160415104742j:plain

実は草食動物なんだけどその中でも最強クラス。正義感が強く仲間がピンチの時にはみんなで助けに行くそうです。しかも、普段とは違い敵にはキレやすい性格で、ライオンでさえブン投げてしまう力の持ち主。

そんな性格が警察署長として向いている一因だと思います。

 

免許センター職員のフラッシュはミユビナマケモノ。

f:id:monkey1119:20160415104740j:plain

アマゾンのジャングルで暮らす野生のミユビナマケモノは、哺乳類の中でも体温の低い動物だそうで、そのせいかウンチも週1。体にコケが生えるときもあるとか。そんなチンタラした怠けた動物でもありますが、威嚇のときはすばやく動くそうです。この特徴も本編でどう活かされてるのか楽しみです。

 

通りすがりのビジネスマンはレミングというツンドラ気候で暮らすネズミの仲間。

f:id:monkey1119:20160415104741j:plain

寒冷地に生息しているけど冬眠はせずトンネルに穴を掘って暮らしているそうで劇中では暑さしのぎの為にアイスキャンデーを食べています。しかも、集団行動をとる習性もあるということで整列しながらアイスを食べるシーンが映っているようです。

 

と、このように動物たちの特徴と習性が他の動物たちとどう絡んでいくのか、それがどのような共存を生むのか楽しみですね。

 

 

 

 

 

 

 

ズートピアBEST MOVIE2015

公式HPにニュースとして掲載されているんですが、面白かったので世界観を楽しひとつとして知ってもらおうと思い載せてみました。まぁ、ハッキリ言ってダジャレですけどねww

 

ズートピアの世界もわれわれと同じように娯楽の一つして映画が存在するみたいで、2015年のベスト映画たちが発表されたようです。

そのランキングがこちら!!

f:id:monkey1119:20160412085002j:plain

f:id:monkey1119:20160412085003j:plain

1位『スター・ウォーズ/モフモフの覚醒』
2位『ソンナコト二・ナッター?ズートピア』
3位『ゾウデレラ』、

4位『Eヤギダ』
5位『ズーラシック・ワールド』
6位『フィフティ・シェイズ・オブ・フクロウ』
7位『アベンジャーズ・エイジ・オブ・ギュウトロン』
8位『ブーマックス』
9位『ナマケモノの子』

なんとわれわれの世界と同じようにズートピアでも人気だったのはスターウォーズだったんですね~wwしかもフォースではなくモフモフwww

やっぱり合言葉は「モフモフと共にあらんことを」とかいうんでしょうか?てかスゲェ力には感じないネーミングww

2位はまさかの「ストレイト・アウタ・コンプトン」をもじった作品。いやーまさかファックザポリスとか歌わないでしょうねぇ。

3位はシンデレファントって読むのかな?邦題はゾウデレラ。ゾウが夫人たちにいびられるの?みたかねぇなぁ。

4位はようやく日本公開が決まった「エクス・マキナ」のズートピア版ですね。ポスターのキャラ怖いな・・・プルートゥにこんなやつ出てこなかったっけ?

5位は恐竜じゃなくてキリンで、6位はフクロウという確実にミスキャストな作品ww誰もフクロウのSMプレイなんか見たくねぇわ!

そして7位は究極の人工知能を持つ牛との対決を描いたアベンジャーズの続編。アベンジャーズも牛なのか・・・?9位はたぶん日本用ですね。バカモノならぬナマケモノ。

 

ディズニーならではの遊び心聞いた内容でしたね。

作中にもきっと、いかにもダジャレだけどユーモアでアイディアに満ちた世界観をふんだんに詰めていることでしょう。ワクワクしますね。

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけで、あらゆる動物たちが平和に共存し、まさに理想郷と呼べるにふさわしいこの街でどんな危機が待っているのか、そして、この映画にこめられたものとは。

 

こっから感想です!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてのジャンルを網羅した超エンタメムービー!!

以下、核心に触れずネタバレします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

これをアニメでやったことが悔しい!

世界に夢と希望を与え続ける企業ディズニー。そんなディズニーがまた偉業をやらかした。もう面白くて面白くて。
笑いあり涙あり友情あり成長ありハラハラあり謎解きありメッセージ性あり!そして何よりかわいい!!
かわいいんだよ!すべてのキャラが!
こんなに登場するキャラたちを愛おしく感じたことはないほど細かい表情や描写に脱帽です。
何がすごいって、今まで色んな擬人化をしてきたディズニーが原点に戻り動物達を擬人化して、尚且つ現代社会に問題提起してひとつの答えを見出しているのが新しいディズニー映画の幕開けを意味していること。
これからがまた楽しみだなぁと。
 
話に関しても表向きはウサギとキツネの捜査もの、バディムービーな訳ですが、訴えているものはより良い世界=理想郷を作る努力はまずあなたから、そして自分からというメッセージを、
二足歩行して服を着る動物に置き換えて世界観を作り出し、現代の世界が抱える問題に一石を投じた今までのディズニーには無かったテーマで描いたことが素晴らしいと感じました。

 

基本的にアニメを見ないんですが、洋画実写好きの私としてはこれをアニメでやられたら立場ないっす!これ以上のモノをどう生み出せってんだよ!!

 

 

 

 

 

パロディが秀逸!

もうポスターからユーモアが溢れてるんですよ。とにかく楽しませることに特化した要素がこれでもかと。
ナイキのキャッチコピーをもじってJUST ZOO ITとか、プラダの名前がPRAYDAとか。因みに日本版ポスターにはサマンサタバサがサバンナタバサになってるし。
劇中でも細かな演出がたくさんありました。
裏社会のボス、Mr.ビッグは確実にゴッドファーザーでしょう!ドンコルレオーネですよあれはww
しかも結婚式までやっちゃうんだから完全なパロディですね。
他にも、ジュディが聴いてたiPodにはガンズアンドローゼスの名前が一瞬映ってましたね。なんてもじってあったかはわからなかったですけど。
あとはジュディが落ち込んだ時にラジオから流れる曲がエリックカルメンall by myselfだったり。
イタチが路上で売ってる海賊版のDVDも色んなヒット作のパロディだったり。
 
おそらく他にもたくさんあるそうです。一回見てここまでしか探せなかったんですが、もっと見つけた方はどなたか教えてくださいな!
あっ、隠れミッキーもいたそうなんですがどこにいたんでしょう?
 
 
 
 
 
 
 

神がかった擬人化とメッセージ性

冒頭からこの映画のテーマを語るべく、幼いジュディの劇から始まるわけですが、
元来肉食動物は草食動物を本能のままエサとして餌食にしてきた時から数千年経ち、進化して共生できるまでになったと説明されてます。
そして、獰猛な動物からおびえて暮らしていた草食動物たちは何にでもなれると劇の中で訴えています。
そんなジュディが大人になり、憧れであった警察官へとなったところから物語はスタートしていきます。
 
何かになるまでの話ではなく、何かになってから何を成すべきかという物語もまた面白いですね。
 
草食、肉食関係なく共存出来る街、ズートピア。
もうわかりやすい造語!動物の理想郷、ズーとユートピアの合体した言葉の通り、街はゾウやキリン、クマといった大きな動物からジュディを筆頭としたウサギやネズミに至るまでありとあらゆる動物が入り混じり暮らしています。
その動物たちのためにあらゆるバリアフリーが施されてるのも魅力のひとつ。
電車ひとつにしても大小の動物それぞれのドアや椅子が用意されたり、道路も彼らのために整備された環境で街が成り立っている。
 
でも、見掛けは整っているけれど動物関係は隔りを取り除くには困難でした。
市の哺乳類育成プログラムを推進する為に初の女性草食動物警察官として街の中枢での警察署に配属されたジュディに一人前の扱いなど用意されてなかったわけです。
 
もう署長始め周りの警察官は肉食ばかりで図体のデカいゴリゴリのヤツらばかりの中に草食でちっちゃくて、しかも女性というウサギが入るわけで。
煙たがられるし、先入観から役立たず扱いされマトモな仕事ももらえない。
 
何でしょう、もう社会の縮図ですよ。よくある話でよく見る光景です。
 
相手を先入観で見かけで判断し、偏見し決めつける。
上っ面ではよりよくしますと掲げても、蓋を開ければ力のある者が強者となり、弱者は追いやられる。
そんな関係性がこの世界でも未だ根付いているわけです。
 
でも、この話決して弱者をかばったような話でもありません。
弱者にだって先入観や偏見を持っている。傷つけてないつもりでも傷つけているような表現もありここには考えさせられました。
 
そして、いざ事件への捜査を開始するジュディとバディを組まされるのが詐欺師のキツネ、ニック。
これもまた考えてます。草食動物と肉食動物、しかも男と女で手を組んで事件を解決していく。共存してますねー。
 
この捜査も二転三転していって真の黒幕の意外さ、その動機も映画のテーマに沿って描かれているのがまた秀逸でした。
 
ゴリゴリの警察官達が追っている事件とジュディ達が追っている事件が繋がっていき終息に向かうかと思いきや、真の黒幕の陰謀は終わっていなかったという、ありきたりだけど先の読めない展開も非常に満足のいくものだったと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
ナマケモノやヌーディストクラブの件など他にもたくさん書きたいことありますがこの辺にして。
 
今回初めてディズニーを字幕で鑑賞しましたが、英語ならではの言い回しだったり、隠語やユーモアなどがちりばめられているので正解でした。
まあ、ただ単にAmiのトライエヴリシングが聞きたくなかっただけですけどww
何でトライエヴリシング♬を、やるの〜よ〜♬にしちゃうんだよ!もっと違うフレーズなかったのかよ!
 
ひとつだけ欠点を言うならば、話のテンポが速い!
確かにエンタメ要素をこれでもかと凝縮し終始楽しませ、中弛みなど一切ない完璧な娯楽作でしたが、ポンポン話が進んでしまうのもいかがなものかなと。
どっか小休止できるような場面も欲しかったなぁ。
細かい点や新しい発見なんかは、もう一度見ろってことですかね。
でもこれはブルーレイ購入も考えます。手元に置きたい1本でしょ。
 
 
1800円という授業料で受けられる2時間の道徳の授業を是非劇場で受講してみてはいかがでしょうか。
きっと楽しく学べると思います。

満足度 ☆☆☆☆☆☆☆☆★★8/10