モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

青春・ラブストーリー

映画「mid90s ミッドナインティーズ」感想ネタバレあり解説 オレの知らない90年代だった。

mid90s ミッドナインティーズ 「スーパーバッド 童貞ウォーズ」、「21ジャンプストリート」から「マネーボール」、「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」と、コメディ俳優からオスカー俳優 にまで上り詰めたジョナ・ヒルが初の監督に挑んだデビュー作。

映画「青くて痛くて脆い」感想ネタバレあり解説 身勝手の暴走が度を越えていてモロにイタい。

青くて痛くて脆い 大人になると知っていく、自分の「身の丈」。 無限の可能性を秘めながら自信に満ち溢れた10代の頃とは違い、社会に出れば誰もが現実を突き付けられ、左に向こうが右を向くことになり、いつしか生きてる理由もなければ死ぬ理由もない、今日…

映画「ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー」感想ネタバレあり解説 これぞ現代の青春映画。

ブック・スマート/卒業前夜のパーティーデビュー 誰にも訪れる青春時代。 勉強に明け暮れた者もいれば、全国大会目指して部活動に励む者たち、特にやることもなくダラダラと過ごしていた奴らもいれば、恋に恋して無数の恋愛を経験した者たちもいるでしょうし…

実写映画「思い、思われ、ふり、ふられ」感想ネタバレあり解説 「ふりふら」は青春がまだ生乾きであることを思い出す。

思い、思われ、ふり、ふられ 高3の時のクラス替えで一緒になった女の子がいまして。 お互いトライセラトップスが好きってことで意気投合してね、好意を持つようになったんですね~。 モテない男が恋に落ちる、「共通の趣味から生まれる恋」っていう、よくあ…

映画「アルプススタンドのはしの方」感想ネタバレあり解説 「しょうがない」で終わらせるには、まだ早い。

アルプススタンドのはしの方 何やらSNSの映画界隈で話題沸騰中ってことで、全くといっていいほどノーマークだったんですが、特にこれといってみたい作品もなかったのと、たまには気がそそらないけど見てやるか、程度の気持ちで鑑賞してまいりました。 なので…

映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」感想ネタバレあり解説 ウディアレンはこのスタイルでやり続けるのね。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク 偏見。 ある集団や個人に対して、客観的な根拠なしにいだかれる非好意的な先入観や判断、だそう。 ピエール瀧や槇原敬之など、薬物を使用してしまった芸能人が、しっかり更生して復帰してくれることを望む一人ではあります…

映画「ラストレター」感想ネタバレあり解説 初恋からの卒業、してみませんか?

ラストレター 誰とでもすぐつながることができるSNS全盛期。 相手との距離が縮んだことで気軽に接することができたり、時間を短縮できる利便性がある反面、なかなか来ないレスポンスで生じる「待つことの楽しさ」や、不便だからこそ感じることができる「募る…

映画「ティーンスピリット」感想ネタバレあり解説 エルファニングが際立つシンデレラストーリー。

ティーン・スピリット 優勝すればスターの道を約束されるといっても過言ではないオーディションですが、日本と世界では意味合いが変わってますよね。 世界でいうと「アメリカン・アイドル」で優勝したケリー・クラークソンや、「Xファクター」のワン・ダイレ…

映画「ラストクリスマス」感想ネタバレあり解説 ただのラブコメだと思ったら大間違いだぞ。

12月6日 ラストクリスマス クリスマスが今年もやってくるぅ~♪ はい、僕にとって1年で最も縁のない日が近づいてまいりました。 一体何度この日を一人で過ごしたことでしょう。 今となってはいい思い出のわけがありません。

映画「マチネの終わりに」感想ネタバレあり解説 未来で過去は変えられるって、ステキじゃないですか。

マチネの終わりに 「出会ってしまった事実は、なかったことにはできない」 中々こんなこと口にするような大恋愛をしたことのない私モンキーが、今回鑑賞した映画は、久々の大人のラブストーリーです。

映画「ガリーボーイ」感想ネタバレあり解説 俺たちには価値がある!時代が来てるんだ!!

10月18日 ガリー・ボーイ/GULLY BOY 色々な音楽を聞く私モンキーですが、残念ながら一番聞かないジャンルがヒップホップなんですよね… やはり歌を歌っていた身からすると、どうしてか歌が聞きたいという思いが先行して、やっぱりメロディの無い曲はどうして…

映画「イエスタデイ」感想ネタバレあり解説 ビートルズが存在する世界で生きてる幸せ。

イエスタデイ 音楽史に燦然と輝き、後世に多大な影響を与えたアーティスト、ビートルズ。 そんな彼らが、この世界からいなくなってしまったら。 某映画評論家さんも仰ってましたが、もし現実になったらオアシスもいないし俺の大好きなミスチルも民生もコステ…

映画「蜜蜂と遠雷」感想ネタバレあり解説 4人から素晴らしい音楽という贈り物を頂いた。

10月4日 蜜蜂と遠雷 松岡茉優主演となったら見ないわけにはいかないモンキーです。 今回鑑賞する映画はクラシックのコンクールに挑む4人の男女の物語。 一応音楽でメシ食おうとしていたクセに、身についてるクラシックの知識なんざ「のだめカンタービレ」程…

映画「アイネクライネナハトムジーク」感想ネタバレあり解説 劇的な出会いなんて無いんだよ。

9月20日 アイネクライネナハトムジーク 最近「伏線が回収されてない」なんて映画のレビューに、一言物申す的なツイートが、Twitter内で起こっていましたが、僕は回収されてこそ、それが伏線だったって認識なので、回収されない伏線はもはや伏線ではないのか…

映画「人間失格/太宰治と3人の女たち」感想ネタバレあり解説 恋と革命のために生まれた男。

9月13日 人間失格 太宰治と3人の女たち 太宰の「だ」の字も知らないほど、彼に関して無知なモンキーです。 「走れメロス」も「斜陽」も、そして今回の「人間失格」も全く読んでおりません… 俺にとって人間失格つったらキンキだからなぁw

映画「タロウのバカ」感想ネタバレあり解説 見終わった後かなり気持ちが滅入る映画です。

9月6日 タロウのバカ どうも、歳をとってもいつだって青春したいモンキーです。 というか、いくつになってもバカをやっていたいモンキーの方が合ってるか? 何というか、大人なんですけど、大人になんかなりたくない症候群なんですかね。

映画「火口のふたり」感想ネタバレあり解説 ひたすら食事・睡眠・エッチするふたり。

8月23日 火口のふたり 結構長いこと一人でいると、いわゆる「男と女」の映画を見ても、感情が芽生えなかったりとか理解できなかったりとか関心が沸かないんですけど、今回鑑賞する映画も心が死んだまま見てしまうのか不安で仕方がないモンキーです。

映画「ホットサマーナイツ」感想ネタバレあり解説 あの夏の日焼け跡が再び疼きだすヒリヒリ映画。

8月16日 ホット・サマー・ナイツ どうも、ひと夏のドキドキする危険な経験なんてこれっぽっちもなく、いつもの仲間とつるんでウィニングイレブンばかりしていたモンキーです… そんな夏も良いよね…。

映画「サマーオブ84」感想ネタバレあり解説 胸クソ映画史に新たな1ページを刻んだ青春ホラー。

8月3日 サマー・オブ・84 今年の新宿野外上映イベントで「スタンド・バイ・ミー」が上映されるってんで、先日、夏の夕暮れ時、ビール片手に鑑賞してきたんですけどね。 いやぁ名作って何度見ても染みますよね。

映画「ウィーアーリトルゾンビーズ」感想ネタバレあり解説 生きながら死んでいるキッズの感情を探す冒険。

6月14日 WE ARE LITTLE ZOMBIES/ウィー・アー・リトル・ゾンビーズ インディペンデント映画の祭典とされ有名な「サンダンス映画祭」で何やら日本人監督がグランプリを獲ったってんで、去年から話題だった監督の長編デビュー作品がいよいよ本国日本で航海でござ…

映画「町田くんの世界」感想ネタバレあり解説 わからないことがあるから世界は素晴らしい。

6月7日 町田くんの世界 学園内ドラマ、とでもいうべきなのか、青春ドラマ、それとも人間ドラマとでもいうべきなのか。 高校生の主人公を中心に描かれる、今までにない人間賛歌なんだそうです。 主演の二人はオーディションで選ばれたほぼ新人さんだから、そ…

映画「さよならくちびる」感想ネタバレあり解説 ハルレオとシマが僕の人生を肯定してくれた。

5月31日 さよならくちびる 小松菜奈って、きっと音痴だから歌うたえないんだろうなぁって思ってました。 その大きな理由がですね、「坂道のアポロン」て映画で、ラスト2人が演奏して彼女が歌う寸前で終わるんですよ。 何でここでブツっと切って終わりにした…

映画「アメリカンアニマルズ」感想ネタバレあり解説 オーデュボンの本の重さくらい計算しとけよ。

アメリカン・アニマルズ 中学のころから同級生とバンドを組んで、「いつか俺も東京さ出て、ビッグになるだ!!」 という夢を抱き、高校時代の時点で、もう俺はその階段を一歩ずつ上がってきてる、 あとは時間の問題だ、 とりあえずカタチだけでもいいから専…

映画「麻雀放浪記2020」感想ネタバレあり解説 ピエール瀧商法で動員増えればいいね。

4月5日 麻雀放浪記2020 ピエール瀧が逮捕されたことを受け、世間の風当たりを気にしているTV業界音楽業界は回収や場面カットなどと次々自粛やお蔵入りを決定し、まるで表現者の存在を消すかのような振る舞いが行われているなか、今回鑑賞する映画の配給元は…

映画「君は月夜に光り輝く」感想ネタバレあり解説 代行の内容が中々荒行過ぎて俺なら怒る。

3月15日 君は月夜に光り輝く 最近仲良くさせていただいてるフォロワーや、著名な映画評論家がこぞって、今回鑑賞する作品のような余命モノや恋愛に死を絡めるような作品ばかりが作られすぎていることに、苦言を呈していました。 多分ですね、セカチューの大…

映画「ビールストリートの恋人たち」感想ネタバレあり解説 甘いだけでは2人を語れない。

2月22日 ビールストリートの恋人たち アカデミー賞助演女優賞受賞おめでとう!!!🏆 今年度アカデミー賞3部門にノミネートした作品がいよいよ公開です。 なんというか、ポスターが良くないですかこれ? 監督の前作「ムーンライト」と同じで、色遣いがまたきれ…

映画「フォルトゥナの瞳」感想ネタバレあり解説 慎ちゃんの行動にピーター・パーカーを見た。

2月15日 フォルトゥナの瞳 「死を目前にした人が透けて見えてしまう」という特異体質な男。 もう呪いでしかなくないですか? その能力があったとして、一体何が得なのか。 ちょっと考えてみましょう。

映画「アリー/スター誕生」感想ネタバレあり解説 俺はガガ泣きでなくクーパー泣きだった。

12月21日 アリー/スター誕生 第91回 アカデミー賞 オリジナル歌曲賞受賞おめでとう!! 12月いちばん話題の洋画が、いや、Yo!gagaついに公開です。 つまんねw これ宣伝が日本仕様になってるというか、といってもまだこの時点で見てないのでなんともですが、…

映画「ピッチパーフェクト3/ラストステージ」感想ネタバレあり解説 ベラーズは永遠に不滅です。

10月19日 ピッチ・パーフェクト/ラストステージ あのベラーズが帰ってまいりました!! 確か大学卒業したはずですが、また集まってやるの? そう今回の彼女たちは社会に出て色々な物事に直面していき、再びアカペラへの情熱に身を焦がしてく物語のようです。

映画「あの頃、君を追いかけた」感想ネタバレあり解説 君がいたから今の僕がある。

10月5日 あの頃、君を追いかけた 「青春は、恥と後悔と初恋で作られる」 どうですか!素晴らしいキャッチコピーと思いませんか?? 台湾で作られ社会現象にもなった「あの頃、君を追いかけた」のキャッチコピーなんですが、2013年の映画ベストにも入れたほど…