モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

ヒューマンドラマ

映画「ハニーボーイ」感想ネタバレあり解説 もろにシャイア・ラブーフの自伝的映画になってました。

ハニー・ボーイ 時代の移り変わりとともに、日本もアメリカも「名子役」という存在は必ずおりまして。 遡れば「タクシードライバー」のジョディ・フォスター、や「レオン」のナタリー・ポートマンなんてのは今でも語り草ですよね。 他にも「ホームアローン」…

映画「ステップ」感想ネタバレあり解説 残された家族の10年間の成長の記録にただひたすら泣く。

ステップ カメレオン俳優、山田孝之。 かつてはアイドルチックな二枚目俳優として実績を重ねてきた彼がたどり着いたのは、マンが実写化のキャラになり切るというモノ。 クローズの芹沢に、ウシジマくん、ジョジョのアンジェロなど、とにかく自分が好きなコミ…

映画「WAVES/ウェイブス」感想ネタバレあり解説 女子ウケ必至の「映え」ムービーにしか見えなかった。

WAVES/ウェイブス ipodが誕生したことで、たくさんの音楽を持ち歩くことができました。 時代はさらに進化、スマートフォンで優れた音質で聞けるようになり、さらにはストリーミングで実質無料で、いつでも音楽を引き出せるようになりました。

映画「MOTHER マザー」感想ネタバレあり解説 長澤まさみに毒親の役はまだ早すぎたか・・・。

MOTHER/マザー 長澤まさみもとうとうお母ちゃんの役をやるまでの年齢になったんですね~。 セカチュー以降女優の第一線を走ってきた彼女の、第3章、いや第4章の幕開けの作品になるかもしれません。

映画「エジソンズゲーム」感想ネタバレあり解説 直流VS交流の電流戦争、エジソンの知られざる顔。

エジソンズ・ゲーム 小学校の図書館によくおいてある伝記本。 野口英世にヘレン・ケラー、コロンブスやナイチンゲールなど、いわゆる歴上の偉人を小学生向けにわかりやすく理解できるよう解説したり、物語調に書かれた者が特徴です。

映画「その手に触れるまで」感想ネタバレあり解説 唐突な結末に何を思えばいいのだろう。

その手に触れるまで いきなりですが、「イスラム教」にどういうイメージを持ってるでしょうか。 中東に多い宗教とか、女性が顔を隠してるのをよく見るとか、パッと思いつくのって宗教としての中身ではなく、「見た目」の方が多いのではないでしょうか。

映画「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」感想ネタバレあり解説 クリストファーコロンブス!!

ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語 子供が全員女の子の場合、お父さんて大変だよね~。 奥さんも入れたら、男ってお父さんだけ。 肩身狭いよなぁ~、と今回の映画を観るにあたって思い出しました、モンキーです。

映画「ポップスター」感想ネタバレあり解説 誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ

ポップ・スター 食べたその日から味の虜になりました、なのは「カップスター」。 円筒状のポテトチップスで愛されているお菓子は、「チップスター」。 著作権侵害で瞬く間に消えた、音楽共有サービスは、「ナップスター」。

映画「Fukushima50/フクシマフィフティ」感想ネタバレあり解説 あの日の出来事を風化させないために。

Fukushima50 2011年3月11日。午後2時46分。 僕は地元のとある店舗で働き、休憩を取っていた。 あ、地震か…いつものことかと何の気なしに椅子に座っていたが、徐々に揺れは大きくなり、同僚がバックヤードに駆け込み、これヤバくない?と不安そうな顔を見せに…

映画「スキャンダル」感想ネタバレあり解説 弱い立場の人間が声をあげることの辛さや難しさ。

スキャンダル 未だに無くなることのない「性差別」。 男女平等と表向きに謳っておきながら、未だに社会は男性優位の状態が続いています。 痴漢の被害に遭えば「された側」にも問題があると言われ、労働環境でヒール付きパンプスを無くそうと運動を起こせば、…

映画「影裏」感想ネタバレあり解説 あなたは友達の影の濃い部分まで見れていますか?

影裏 親友という言葉。 僕の場合一体誰のことを指すのだろう、と考える。 すると浮かぶのは、今つるんでる映画仲間やしょっちゅう飲みに行く仲間なんかよりも、長い時間苦楽を共に、同じ釜の飯を食べ、そいつらの好きなとこと嫌いな所10個をすぐいえるくらい…

映画「ハスラーズ」感想ネタバレあり解説 男たちはこの手口に引っかからないように気を付けましょう。

ハスラーズ リーマンショック。 サブプライムローンで家を購入したものの、不景気によって手放す人が一気に増えたことで、金を貸していた大会社「リーマンブラザーズ」の経営が悪化し倒産。 そこからアメリカ経済はおろか、世界経済にまで影響を及ぼしたのが…

映画「リチャードジュエル」感想ネタバレあり解説 メディアの「決めつけ」が人を傷つけていく。

リチャード・ジュエル ここ最近のクリント・イーストウッド。 「アメリカン・スナイパー」に、「ハドソン川の奇跡」、「15時17分、パリ行き」などから共通するのが、「知られざる英雄」の物語であること。

映画「家族を想うとき」感想ネタバレあり解説 その内日本もこういう家族が増える日が来る。

家族を想うとき 日本が誇る映画監督とイギリスが誇る映画監督が、NHKの番組で対談したのをご存じでしょうか。 二人の作る映画に共通するのは「社会で弱い立場の人が現実でどう暮らしてるかを伝える」こと。

Netflix映画「マリッジストーリー」感想ネタバレあり解説 離婚だけど結婚の話なんですよこれが。

マリッジストーリー 第92回アカデミー賞作品賞含む6部門ノミネート! 先日「ゾンビランド:ダブルタップ」を鑑賞したんですね。 そこでコロンバスがウィチタに結婚を申し出るシーンがありまして。 いわゆるプロポーズってやつですね。

Netflix映画「アイリッシュマン」感想ネタバレあり解説 レジェンド俳優たちが一堂に揃うだけで一見の価値あるでしょ。

アイリッシュマン 第92回アカデミー賞作品賞含む9部門10ノミネート! 現実の世界では反社会的勢力=「反社」との関わりは、あってはならないこととして強く認識されていることかと思います。 しかし、こと映画に関して言えば、彼らのような裏社会で生きる人…

映画「ひとよ」感想ネタバレあり解説 何があったとしても親子は親子なんです。

11月8日 ひとよ いきなりこんなこと言うのもなんですが、いわゆる「あることが原因で不仲になってしまった人たちがどう再生していくか」という場合、結果的には「誤解を解く」か「赦しを乞う」になっていくと思うんです。

映画「最初の晩餐」感想ネタバレあり解説 家族の食卓には必ずステキな思い出が詰まってる。

11月1日 最初の晩餐 我が家の夕食でよく巻き起こる出来事。 基本家族が揃ったら食べ始める。 親父は晩酌をしながらおかずをつまみ、母と僕と妹はTVを見ながらああだこうだ言って和やかに過ごす。 親父は濃い味が好きだが、母は「食育」と「健康」を優先して…

映画「真実」感想ネタバレあり解説 フランス映画でも是枝色満載でした。

10月11日 真実 日本人の映画監督。 かつては黒澤明や小津安二郎、溝口健二に大島渚、今村昌平などのレジェンドたちが世界で多大な評価を得る時代がありましたが、当時と比べると今の日本人映画監督は中々世界に羽ばたく逸材は少ない気がします。

映画「最高の人生の見つけ方(2019)」感想ネタバレあり解説 人生やり残しの無いように生きたいものです。

10月11日 最高の人生の見つけ方 死ぬまでにやっておきたいことをリストに認め実行していくことで、人生最後の旅の中でかけがえのない物を見つけていく、おじいちゃんバディものの最高峰「最高の人生の見つけ方」という映画が、今回日本でリメイクされること…

映画「ハミングバードプロジェクト/0.001秒の男たち」感想ネタバレあり解説 夢は真っ直ぐな方がいい。

9月27日 ハミングバード・プロジェクト/0.001秒の男たち 急がば回れ、ということわざ。 急いで物事を成し遂げようとするとき、危険を含む近道を行くよりも、安全確実な遠回りを行くほうがかえって得策だ、という人生の教訓ともいえるお言葉。 目標や目的地な…

映画「プライベートウォー」感想ネタバレあり解説 黒い眼帯の女性ジャーナリストの覚悟と姿勢に敬意を。

9月13日 プライベート・ウォー 目を背けてはいけない現実に果敢に挑む黒い眼帯をした女性。 単純にカッコイイと思ってしまう浅はかな僕の価値観を打ち砕くであろう、女性戦場ジャーナリストの半生を描いた作品が公開です。

映画「ワンスアポンアタイムインハリウッド」感想ネタバレあり解説 タランティーノ流マジカルエンドが最高でした!

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/ワンハリ ブラッド・ピット、第92回アカデミー賞助演男優賞受賞おめでとうございます!!! タランティーノをよく知らない人たちが、ディカプリオとブラピの共演見たさに劇場に駆け込んで、会話の多さとバイオレ…

映画「ブラインドスポッティング」感想ネタバレあり解説 2つの視点を同時に見ることはできない。

8月30日 ブラインドスポッティング 「ルビンの壺」という絵がある。 普通に見ればただの壺だが、よく見ると顔が向かい合っているという、いわゆるトリックアート。 1枚の絵で二つの見方ができるこの絵ですが、この絵、壺と二つの顔、同時に見ることはできな…

映画「アルキメデスの大戦」感想ネタバレあり解説 戦争映画の仮面をかぶった半沢直樹だったよ。

7月26日 アルキメデスの大戦 先日「戦争と人間」ていう映画を観まして。 日中戦争から第二次世界大戦前までの日本を舞台にした戦争映画の部分と、その中で翻弄された人間たちの悲恋や生き様、その末路を描いた大河ドラマのような大スケールの映画なんですけ…

映画「マーウェン」感想ネタバレあり解説 ほんとゼメキスはこういう題材好きだよね。

7月19日 マーウェン 僕は毎月末にこのブログで「来月期待の新作映画」って記事を書いてるんですけど、それを調べる際、気になった作品の情報ってのを調べるんですね。 予告編観たり、作品情報とか公式HPとか覗いたり。 で、先月ですよ、え?ゼメキスの新作や…

映画「さらば愛しきアウトロー」感想ネタバレあり解説 ラクして生きたら人生つまらないぜ?

7月12日 さらば愛しきアウトロー 名優ロバート・レッドフォード。 正直ほとんどの作品を見ていないニワカな僕ですが、それでも「明日に向かって撃て!」や「スティング」はお気に入りの1本だし、クライムサスペンスの定番「スニーカーズ」や、共演したブラピ…

映画「ワイルドライフ」感想ネタバレあり解説 ポール・ダノらしさが光る監督デビュー作。

7月5日 ワイルドライフ/WILDLIFE うちの両親は父が仕事をし母が家を守る、というごくごく普通の夫婦で、この映画で描かれるであろう「夫婦の崩壊」の予感なんて、リビングにも台所にも両親の寝室の隅っこにも存在しない、とても平凡でありながら絆で結ばれた…

映画「凪待ち」感想ネタバレあり解説 波風立ちっぱなしな香取慎吾の暴れっぷりが秀逸。

6月28日 凪待ち 昔々まだ慎吾ちゃんがSMAPだった頃、「蘇える金狼」ってTVドラマがありまして。 もちろん松田優作主演映画のリメイクをドラマでやったんですけど。 で、多分慎吾ちゃんのパブリックイメージってのは、元気はつらつでおおらかでやんちゃでイタ…

映画「ある少年の告白」感想ネタバレあり解説 聖書でケツ叩いて治そうって何考えてんの?

4月19日 ある少年の告白 かつて尾崎豊は「僕が僕であるために勝ち続けなきゃならない」と声高に歌った。 世の中でうまく生き抜くには、どこかで妥協したり自分の主張を押し殺したりしなければならないって事くらいわかってるけど、絶対に引いてはいけない時…