モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

ヨーロッパ・アジア

映画「ハウスジャックビルト」感想ネタバレあり解説 出ていけジャック!二度と戻ってくるな!

6月14日 ハウス・ジャック・ビルト いきなり関係のない話ですが、先日「ソドムの市」という映画を見ました。 中身はそれはそれは理解しがたい快楽の追求を描いてまして、エロいを通り越してグロイのなんの。 最後には残虐性MAXな描写でね、目を瞑りたくなる…

映画「セラヴィ!」感想ネタバレあり解説 結婚式をテーマに人生の面白さを描いてみました。

7月6日 セラヴィ!/C’est la vie! 2018年下半期1発目の作品は、年に1本、いや2本・・・までは見ないか、フランス映画です。 僕の勝手なイメージですが、フランス映画は女性が好みそうな映画、逆に男ならイギリス映画って思い込みがありまして。 決してそんな事は…

映画「RAW少女のめざめ」感想ネタバレあり解説 理性をもって大人になりましょう。

2月2日 RAW~少女のめざめ~ このポスター、決して湯船に浸かりすぎてノボせている女の子、ではありませんw まぁ非常にインパクトのあるポスターだなぁ、というくらいの興味しかなかったんですが、お肉の味を知ってしまった少女の青春映画、というのを知っ…

映画「新感染 ファイナルエクスプレス」感想ネタバレ解説 自分だけ良ければいいのかい?

新感染/ファイナル・エクスプレス 韓国映画は良作揃いだっ!!と、我々映画ファンの間では専ら騒がれています。 「パラサイト 半地下の家族」で、韓国映画はとうとうアカデミー賞作品賞をとるところまで行きましたから。 是非たくさんの人に見て欲しいのです…

【ネタバレ】映画「エル/ELLE」感想と解説 ヴァーホーベン流女性讃歌だっ!

エル/ELLE アカデミー賞主演女優賞にノミネートしたイザベル・ユペールの作品です。

映画「ありがとうトニエルドマン」感想ネタバレあり解説 親にとって子はいつまでも子なんだよね。

ありがとう、トニ・エルドマン 今回はドイツ映画です。 ドイツ映画、最近何見ただろう。 それくらい見ようと思ってみない国の映画をどうして見たくなったのか。 アカデミー賞外国語映画賞にノミネートした作品というのも理由のひとつなんですが、ノミネート…

映画「午後8時の訪問者」感想ネタバレあり解説 ダルデンヌらしさが際立った秀作。

午後8時の訪問者 東京に暮らすと結構多いと思うんですが、基本的に私は突然の訪問には応じません。 ピンポ~ンて鳴っても、居留守を使います。 たとえ電気がついてようが、テレビの音が漏れて聞こえてようが関係ない。 ヨユーで居留守。

映画「わたしはダニエルブレイク」感想ネタバレあり解説 私は人間だ、犬ではない。

わたしは、ダニエル・ブレイク このタイトルから既に物語の核心が見えてる気がします。 非常に傑作の予感。 名匠が引退を撤回してまで挑んだ作品。 早速鑑賞してきました。

【ネタバレ】映画「グッバイ、サマー」感想 監督の原点が覗ける現代版スタンドバイミー!

グッバイ、サマー 少年時代の夏休み。どう過ごすかによって成長の仕方が変わってくる大事な時期なんじゃないかと。

【ネタバレ】映画「裸足の季節」感想 少女たちの美しさが一際輝くフェミニズム映画

裸足の季節 話題になっていたのは知っていたんです。ただ、公開したら見ないだろうな、と。 はい、甘かったです。予告を見るまでは。

【ネタバレ】映画「神様メール」感想と解説 暇を持て余す神様のイタズラに娘が反旗を翻す!

神様メール いやさぁ、いくら何でもタイトルが安易すぎやしないかい? もうちょっとさぁひねりのあるタイトルにできないの?

映画「ビューティー・インサイド」感想 評価 レビュー 2時間超のCM見てるみたい…。

ビューティー・インサイド なんか毎週毎週大作続きで2016年早々おなかいっぱいな1月後半ですが、ここで箸休め的な感じでキムチ!じゃなくて韓国映画です。

映画「ベテラン」感想 評価 レビュー 娯楽要素全部詰まったかのような韓国映画。

ベテラン 年1回くらいのペースでしか見ることの無い韓国映画。 ここ最近で言えば、建築学概論や怪しい彼女といったラブ要素の作品をよく見ていましたが、アクションものは久々な気がします。 というわけで、早速見てまいりました。

映画「エール!」感想ネタバレあり解説 木村拓哉も絶賛した1本。

エール! 年に1度は個人的にアタリがあるフランス映画。 どちらかというと女子が好きそうな内容のイメージが多いって勝手にに決め込んでますが、見た後にフランス映画ナメてたっていつも後悔しちゃう。 しかも、歌がすばらしいと評判な話なのでこれは劇場じ…

映画「共犯」感想ネタバレあり解説 ヤオ・アイニンが超絶かわいいんだって。

共犯 久々の新宿武蔵野館。最近ネット予約を導入したおかげで、飛び込みじゃあ座席取れずなため、休日でなければ余裕もっていけないのが悩み。 と、ボヤキつつ観て参りました。 同じ高校に通っているというだけで、口も聞いたことがなかった男子高校生、ホア…

映画「サンドラの週末」感想ネタバレあり解説

サンドラの週末 久々に有楽町での映画。でも、これ見てさっさと家に帰りますけども。 カンヌ映画祭の常連ダルデンヌ兄弟の新作にマリオン・コティヤール! 見てきました。 ソーラーパネル工場で働くサンドラ(マリオン・コティアール)は飲食店で働く夫マニュ…

あの日の声を探しての感想

5月6日あの日の声を探してもうGWも今日で終わり。意外にも今月初の映画鑑賞。しかも、今週公開の映画、見たいの無いし!セッション見に行った時に予告で見て気になってたので今日はこれだな、と。1999年、チェチェンで暮らす9歳のハジ。彼は両親の銃殺が原因…