モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

映画「フッド:ザ・ビギニング」感想ネタバレあり解説 ホークアイがバットマンみたいなことした映画。

10月18日 フッド:ザ・ビギニング 神話や伝説として語り継がれている人物が、映画の主人公になったりモチーフになったりすること、結構あると思います。 でも大体がヨーロッパなんですよね。 アメリカにはそういう神話や伝説の英雄、みたいなのは国の歴史が他…

映画「ガリーボーイ」感想ネタバレあり解説 俺たちには価値がある!時代が来てるんだ!!

10月18日 ガリー・ボーイ/GULLY BOY 色々な音楽を聞く私モンキーですが、残念ながら一番聞かないジャンルがヒップホップなんですよね… やはり歌を歌っていた身からすると、どうしてか歌が聞きたいという思いが先行して、やっぱりメロディの無い曲はどうして…

映画「スペシャルアクターズ」感想ネタバレあり解説 「カメ止め」と比較しがちだけど、普通に面白かったよ。

10月18日 スペシャルアクターズ 「この映画をご覧になるきっかけは何でしたか?」 好きな俳優さんが出てるから。 わかる。 ずっと追いかけてきたドラマやシリーズだから。 わかる。 予告が面白そうだったから。 わかる。 監督が前に作った作品が面白かったか…

映画「真実」感想ネタバレあり解説 フランス映画でも是枝色満載でした。

10月11日 真実 日本人の映画監督。 かつては黒澤明や小津安二郎、溝口健二に大島渚、今村昌平などのレジェンドたちが世界で多大な評価を得る時代がありましたが、当時と比べると今の日本人映画監督は中々世界に羽ばたく逸材は少ない気がします。

映画「最高の人生の見つけ方(2019)」感想ネタバレあり解説 人生やり残しの無いように生きたいものです。

10月11日 最高の人生の見つけ方 死ぬまでにやっておきたいことをリストに認め実行していくことで、人生最後の旅の中でかけがえのない物を見つけていく、おじいちゃんバディものの最高峰「最高の人生の見つけ方」という映画が、今回日本でリメイクされること…

映画「イエスタデイ」感想ネタバレあり解説 ビートルズが存在する世界で生きてる幸せ。

10月11日 イエスタデイ 音楽史に燦然と輝き、後世に多大な影響を与えたアーティスト、ビートルズ。 そんな彼らが、この世界からいなくなってしまったら。 某映画評論家さんも仰ってましたが、そんなことしたらオアシスもいないし俺の大好きなミスチルも民生…

映画「ジョンウィック3/パラベラム」感想ネタバレあり解説 アクションと笑いのバランスが最高でした。

10月4日 ジョン・ウィック:パラベラム 妻を亡くし、愛犬を殺され、愛車を盗まれ、家を燃やされ、何もかも失ってしまった伝説の殺し屋が、壮絶な覚悟で臨んだ復讐劇。 その最終章がいよいよ公開です。 今回は、前作で殺し屋の掟を破ってしまったジョンが、世…

映画「蜜蜂と遠雷」感想ネタバレあり解説 4人から素晴らしい音楽という贈り物を頂いた。

10月4日 蜜蜂と遠雷 松岡茉優主演となったら見ないわけにはいかないモンキーです。 今回鑑賞する映画はクラシックのコンクールに挑む4人の男女の物語。 一応音楽でメシ食おうとしていたクセに、身についてるクラシックの知識なんざ「のだめカンタービレ」程…

映画「ジョーカー」感想ネタバレあり解説 笑いの仮面の下に隠された過去が辛すぎる。

10月4日(2019年10月11日更新) ジョーカー/JOKER 映画史に残る悪役。 英国の映画雑誌エンパイアが、2018年に投票で決めた「映画史上最も印象に残る悪役ランキング」というのを参考にして見ると、「サイコ」のノーマン・ベイツや「羊たちの沈黙」のレクター…

映画「ハミングバードプロジェクト/0.001秒の男たち」感想ネタバレあり解説 夢は真っ直ぐな方がいい。

9月27日 ハミングバード・プロジェクト/0.001秒の男たち 急がば回れ、ということわざ。 急いで物事を成し遂げようとするとき、危険を含む近道を行くよりも、安全確実な遠回りを行くほうがかえって得策だ、という人生の教訓ともいえるお言葉。 目標や目的地な…

映画「宮本から君へ」感想ネタバレあり解説 カッコ悪いことは、なんてカッコイイんだろう。

9月27日 宮本から君へ 僕は熱い男が好きです。 誰かのために自分を犠牲にできる男。 目標に向かって一直線な男。 どんなに倒れても絶対立ち上がる男。 本音しか言わない男。

映画「ヘルボーイ(2019)」感想ネタバレあり解説 怒涛のゴア描写に興奮しっぱなし!!

9月27日 ヘルボーイ どんなヒーローに憧れるか、となるとどうしても見た目がカッコいいものに惹かれますよね。 キャプテンアメリカにアイアンマン、仮面ライダーにウルトラマン。 みんな男が求めるかっこいいフォルムと立ち姿。

モンキー的2019年10月期待の新作映画

9月25日 モンキー的2019年10月期待の新作映画 秋深まる今日この頃、映画ファンの皆さまいかがお過ごしでしょうか。 食欲の秋、スポーツの秋、芸術の秋。 欲の深まる秋でございますが、季節の変わり目ですからくれぐれも風邪などひかぬよう健康であることを東…

映画「アイネクライネナハトムジーク」感想ネタバレあり解説 劇的な出会いなんて無いんだよ。

9月20日 アイネクライネナハトムジーク 最近「伏線が回収されてない」なんて映画のレビューに、一言物申す的なツイートが、Twitter内で起こっていましたが、僕は回収されてこそ、それが伏線だったって認識なので、回収されない伏線はもはや伏線ではないのか…

映画「アドアストラ」感想ネタバレあり解説 宇宙を知ること、それは自分を知ること。

9月20日 アド・アストラ 僕がこの映画の予告を見て真っ先に思ったことは、 ブラピ、宇宙似合わねえ~w です。 何というか、最近売れ出した俳優とか、駆け出しの俳優が宇宙を舞台にする映画をやるならまだしも、ブラピほどのベテランが今更宇宙を舞台にする…

映画「プライベートウォー」感想ネタバレあり解説 黒い眼帯の女性ジャーナリストの覚悟と姿勢に敬意を。

9月13日 プライベート・ウォー 目を背けてはいけない現実に果敢に挑む黒い眼帯をした女性。 単純にカッコイイと思ってしまう浅はかな僕の価値観を打ち砕くであろう、女性戦場ジャーナリストの半生を描いた作品が公開です。

映画「人間失格/太宰治と3人の女たち」感想ネタバレあり解説 恋と革命のために生まれた男。

9月13日 人間失格 太宰治と3人の女たち 太宰の「だ」の字も知らないほど、彼に関して無知なモンキーです。 「走れメロス」も「斜陽」も、そして今回の「人間失格」も全く読んでおりません… 俺にとって人間失格つったらキンキだからなぁw

映画「記憶にございません!」感想ネタバレあり解説 初心に帰りましょう、総理も監督も。

9月13日 記憶にございません! 昔々、まだ僕が映画なんぞに興味のなかったころ。 初めて家族4人で映画館へ映画を見に行きました。 東京で一人暮らしをしていた僕は、一人で自由に過ごすことに慣れてしまい、家族でどこかへ出かけるのは非常に面倒で仕方あり…

映画「タロウのバカ」感想ネタバレあり解説 見終わった後かなり気持ちが滅入る映画です。

9月6日 タロウのバカ どうも、歳をとってもいつだって青春したいモンキーです。 というか、いくつになってもバカをやっていたいモンキーの方が合ってるか? 何というか、大人なんですけど、大人になんかなりたくない症候群なんですかね。

映画「アス/us」感想ネタバレあり解説 ゲットアウトより薄気味悪い、分身に襲われる家族の話。

9月6日 アス/us アフリカ系アメリカ人に対して白人が持つ深い部分をブラックジョークで覆ったスリラー映画「ゲット・アウト」。 その作品でアカデミー賞脚本賞を受賞した監督の最新作がいよいよ公開です。

映画「ワンスアポンアタイムインハリウッド」感想ネタバレあり解説 タランティーノ流マジカルエンドが最高でした!

8月30日 ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド/ワンハリ タランティーノをよく知らない人たちが、ディカプリオとブラピの共演見たさに劇場に駆け込んで、会話の多さとバイオレンスな描写に唖然となればいいなぁ… そんな皮肉を思いながらも、是非俳…

映画「ブラインドスポッティング」感想ネタバレあり解説 2つの視点を同時に見ることはできない。

8月30日 ブラインドスポッティング 「ルビンの壺」という絵がある。 普通に見ればただの壺だが、よく見ると顔が向かい合っているという、いわゆるトリックアート。 1枚の絵で二つの見方ができるこの絵ですが、この絵、壺と二つの顔、同時に見ることはできな…

モンキー的2019年9月期待の新作映画

8月25日 モンキー的2019年9月期待の新作映画 septemberという単語が大好きなモンキーです。 今年も3分の2が過ぎ去ろうとしています。早すぎるぞ・・・・ 秋の映画興行、といっても夏映画の名残がまだあるのが9月の興行ですけど、夏休み興行のような大作映画とは…

映画「火口のふたり」感想ネタバレあり解説 ひたすら食事・睡眠・エッチするふたり。

8月23日 火口のふたり 結構長いこと一人でいると、いわゆる「男と女」の映画を見ても、感情が芽生えなかったりとか理解できなかったりとか関心が沸かないんですけど、今回鑑賞する映画も心が死んだまま見てしまうのか不安で仕方がないモンキーです。

映画「ロケットマン」感想ネタバレあり解説 エルトンジョンの歌にやられっ放しのミュージカル映画。

8月23日 ロケットマン 僕がエルトン・ジョンと出会ったのは、当時TVで放送していたドラマ「イグアナの娘」の主題歌だった「Your song」でした。 それから中学の英語の授業で、洋楽をみんなで歌う時間があって、「愛を感じて」を教わる。

映画「ホットサマーナイツ」感想ネタバレあり解説 あの夏の日焼け跡が再び疼きだすヒリヒリ映画。

8月16日 ホット・サマー・ナイツ どうも、ひと夏のドキドキする危険な経験なんてこれっぽっちもなく、いつもの仲間とつるんでウィニングイレブンばかりしていたモンキーです… そんな夏も良いよね…。

映画「イソップの思うツボ」感想ネタバレあり解説 「カメ止め」とはまた違ったどんでん返し!!

8月16日 イソップの思うツボ 2018年、公開数わずかしかなかった謎のインディーズ映画に、誰が日本中を席巻するまでのビッグヒットになると予想したことでしょうか。

映画「ダンスウィズミー」感想ネタバレあり解説 ミュージカル映画嫌いな人にはオススメです。

8月16日 ダンスウィズミー 僕が初めて見たミュージカル映画は「ウエストサイド物語」でした。 高校受験を控え夜中まで受験勉強していた頃、なぜか母親も僕が眠るまで起きていたことが何度もありまして。 その時母がたまたまBSで見ていたのがこの「ウエストサ…

映画「ライオンキング(2019)」感想ネタバレあり解説 話は同じだが超実写と言われるだけはある。

8月9日 ライオン・キング アニメもミュージカルも見たことないモンキーです。 お前も動物の名前使ってる身なら、このアニメくらい観とけ屋!と怒られても仕方ないんですが、見てないものは仕方ないわけで。 でも見てないとはいえ、ハクナマタタくらいは知って…

映画「ワンピース/スタンピード」感想ネタバレあり解説 みんなが見たかった展開ばかりで最高しかない。

8月9日 ONE PIECE/ STAMPEDE 僕は「ストロングワールド」から劇場で鑑賞している身で、原作こそガッツリ読んではいるものの、こと劇場版に関しては、まだまだニワカであります。 毎回思うのは、ワンピの映画って実際の航路の間で起こるお話ってことを描いて…