モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

映画「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」感想ネタバレあり解説 ウディアレンはこのスタイルでやり続けるのね。

レイニーデイ・イン・ニューヨーク 偏見。 ある集団や個人に対して、客観的な根拠なしにいだかれる非好意的な先入観や判断、だそう。 ピエール瀧や槇原敬之など、薬物を使用してしまった芸能人が、しっかり更生して復帰してくれることを望む一人ではあります…

映画「MOTHER マザー」感想ネタバレあり解説 長澤まさみに毒親の役はまだ早すぎたか・・・。

MOTHER/マザー 長澤まさみもとうとうお母ちゃんの役をやるまでの年齢になったんですね~。 セカチュー以降女優の第一線を走ってきた彼女の、第3章、いや第4章の幕開けの作品になるかもしれません。

モンキー的2020年上半期映画ベスト10選

モンキー的2020年上半期映画ベスト10選 はじめに 2020年上半期は新型コロナウィルスの影響により、世界中で自粛期間を設けたり、ロックダウンしたりと、気軽に自由に外へ出歩くことが困難な状況が続きました。

Netflix映画「ユーロビジョン歌合戦~ファイアサーガ物語~」感想ネタバレあり解説 笑われても夢を諦めないで。

ユーロ・ビジョン歌合戦~ファイア・サーガ物語~ いきなりですが、僕の大好きなアーティストMr.childrenは、日本の年末の風物詩「NHK紅白歌合戦」に1度出場していますが、それまでオファーがあっても断り続けていまいした。 その理由は「歌で白黒つけたくな…

映画「ソニック・ザ・ムービー」感想ネタバレあり解説 キャラデザ改善したおかげでソニックを愛せた。

ソニック・ザ・ムービー 人間と人間が最初に対面するとき、真っ先に視線が向くのはどこか。 足元や体全体、胸、顔、という人もいるでしょうが、やっぱり最初は「目」だと思います。

映画「エジソンズゲーム」感想ネタバレあり解説 直流VS交流の電流戦争、エジソンの知られざる顔。

エジソンズ・ゲーム 小学校の図書館によくおいてある伝記本。 野口英世にヘレン・ケラー、コロンブスやナイチンゲールなど、いわゆる歴上の偉人を小学生向けにわかりやすく理解できるよう解説したり、物語調に書かれた者が特徴です。

映画「ドクタードリトル(2020)」感想ネタバレあり解説 いつか先生のように動物たちとお話してみたいよね。

ドクター・ドリトル 実家でイングリッシュ・コッカ―・スパニエルという種類のイヌを飼っているモンキーです。 むっちゃ大好きなので、こいつとお話できたらどれだけ楽しい日々を送れることだろう、と、帰省して会う度に思います。

映画「その手に触れるまで」感想ネタバレあり解説 唐突な結末に何を思えばいいのだろう。

その手に触れるまで いきなりですが、「イスラム教」にどういうイメージを持ってるでしょうか。 中東に多い宗教とか、女性が顔を隠してるのをよく見るとか、パッと思いつくのって宗教としての中身ではなく、「見た目」の方が多いのではないでしょうか。

映画「グッドボーイズ」感想ネタバレあり解説 下ネタ満載の「スタンドバイミー」とかずるい!

グッド・ボーイズ 男ってのは、いつまで経っても心の中に少年を宿していまして. そいつが「好奇心」という名のガソリンを注入しだすと、汗まみれで自転車で漕ぎまくるわけですよ。 ただ、本当の少年と違うのは、宥めることができるということ。

映画「ストーリーオブマイライフ/わたしの若草物語」感想ネタバレあり解説 クリストファーコロンブス!!

ストーリー・オブ・マイ・ライフ/わたしの若草物語 子供が全員女の子の場合、お父さんて大変だよね~。 奥さんも入れたら、男ってお父さんだけ。 肩身狭いよなぁ~、と今回の映画を観るにあたって思い出しました、モンキーです。

映画「ルースエドガー」感想ネタバレあり解説 生まれたところや皮膚や目の色で一体この僕の何がわかるの?

ルース・エドガー よくある学園モノのドラマ。 行儀がよく、生徒からの人望もあり、成績も優秀、スポーツも万能。 おまけにルックスもピカイチ。 誰もがうらやむ存在の生徒に限って、裏でめちゃめちゃ悪いことしてる、ってパターン。

映画「ポップスター」感想ネタバレあり解説 誰もがみんな幸せなら歌なんて生まれないさ

ポップ・スター 食べたその日から味の虜になりました、なのは「カップスター」。 円筒状のポテトチップスで愛されているお菓子は、「チップスター」。 著作権侵害で瞬く間に消えた、音楽共有サービスは、「ナップスター」。

Netflix映画「タイラーレイク/命の奪還」感想ネタバレあり解説 久々に笑いナシのクリヘムに会えた。

タイラー・レイク 命の奪還 世界中が熱狂したマーベル・シネマテッィク・ユニバース。 ここまで魅了させてきたのは、役者たちが演じるキャラ以上に、監督であるルッソ兄弟の力も大きいのは事実。 「アベンジャーズ/エンドゲーム」の功績から約1年、彼らのプ…

祝・桜井和寿50歳記念!モンキー的ミスチル主題歌映画ベスト10

モンキー的ミスチル主題歌映画ベスト10 はじめに いつも読んでいただきありがとうございます、モンキーでございます。 新型コロナウィルスの感染拡大に伴う行政の発表や方針、そして我々観客の身の安全を考慮して、という名目で、新作映画の公開延期が相次い…

映画「デッド・ドント・ダイ」感想ネタバレあり解説 初めてのジャームッシュはゆるフワで最高でした。

デッド・ドント・ダイ 話題の映画や過去の名作を手あたり次第漁ってきた僕ですが、恥ずかしい話、今回鑑賞するこの「デッド・アンド・ダイ」を手掛けたジム・ジャームッシュ監督の作品を未だ見たことがありません・・・。

モンキー的2020年4月期待の新作映画

モンキー的2020年4月期待の新作映画 コロナウィルスの猛威が世界中で蔓延している現在ですが、その影響は映画興行にまで及んでおり、新作映画が相次いで公開延期という事態に陥っています。 3月だけでも、「ドラえもん」、「しまじろう」、「ドクタードリト…

映画「ハーレイクインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY」感想ネタバレあり解説 これが私の生きる道。

ハーレイクインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY 2019年を代表する映画といえば「ジョーカー」ですよね。 www.monkey1119.com マーベルシネマティックユニバースに対抗すべく、おんなじようにやってきたけど興行的には大惨敗だった、だからこそ独自路線で対抗し…

映画「ジョンFドノヴァンの死と生」感想ネタバレあり解説 センスの塊が大事な部分を見落としてしまった気がした。

ジョン・F・ドノヴァンの死と生 芸能人やアイドルといった、いわゆる僕らのいる向こう側の世界にいる人たち。 TVやスクリーンでしか見たことのない彼らに、なかなか会うことができず、また、思いも伝えることができず。 だから、もし彼らと会うことができたら…

映画「Fukushima50/フクシマフィフティ」感想ネタバレあり解説 あの日の出来事を風化させないために。

Fukushima50 2011年3月11日。午後2時46分。 僕は地元のとある店舗で働き、休憩を取っていた。 あ、地震か…いつものことかと何の気なしに椅子に座っていたが、徐々に揺れは大きくなり、同僚がバックヤードに駆け込み、これヤバくない?と不安そうな顔を見せに…

映画「酔うと化け物になる父がつらい」感想ネタバレあり解説 家族への無関心が生んだバケモノ。

酔うと化け物になる父がつらい この半年、2つある職場を行ったり来たりという環境の変化から、非常にストレスが溜まっており、ついつい仕事終わりにひとり飲みしに行ってしまうモンキーです。 元々お酒など飲めず、付き合いで行く際にはメシメインでお酒は乾…

映画「レ・ミゼラブル(2020)」感想ネタバレあり解説 子供たちは大人の背中を見て育つ、良くも悪くも。

レ・ミゼラブル フランスは花の都パリ。 そこにはたくさんの芸術があり文化があり、景色がある。 エッフェル塔に凱旋門、シャンゼリゼ通りにセーヌ川、ルーブル美術館やノートルダム大聖堂と、歴史的建造物や美しい景観が訪れたものの感性を豊かにしてくれる…

映画「初恋 First Love」感想ネタバレあり解説 ユニディは何でもあるな!ww

初恋 僕の「初恋」。 幼稚園に途中から入ったことで、いじめられていた僕を救ってくれた子でした。 家が近所で遊んでたんだけども、恋敵がしょっちゅう参入してきて、子供とはいえ、かなりジェラってたなぁw

モンキー的2020年3月期待の新作映画

モンキー的2020年3月期待の新作映画 アカデミー賞作品賞は「パラサイト 半地下の家族」が受賞する歴史的な回でした。 そのおかげもあって2月という閑散期にもかかわらず映画館は活気にあふれていることでしょう。

映画「ミッドサマー」感想ネタバレあり解説 自分が思う以上に僕らは箱庭で生きている。

ミッドサマー なぜ人は怖がるのか、それは「知らないから」だ。 知らないと、その先に何が起きるのかわからない。 「わからない」から人はそれに脅え、拒否したいと思うようになる。

映画「スキャンダル」感想ネタバレあり解説 弱い立場の人間が声をあげることの辛さや難しさ。

スキャンダル 未だに無くなることのない「性差別」。 男女平等と表向きに謳っておきながら、未だに社会は男性優位の状態が続いています。 痴漢の被害に遭えば「された側」にも問題があると言われ、労働環境でヒール付きパンプスを無くそうと運動を起こせば、…

映画「チャーリーズエンジェル(2019)」感想ネタバレあり解説 どこか3姉妹のような新生チャリエン。

チャーリーズ・エンジェル ここ最近90~00年代の作品がリメイクされる傾向が非常に多いですよね。 「ターミネーター」に、「バッドボーイズ」、そして今作「チャーリーズ・エンジェル」。 現在20~30代の人たちが少年少女だったころに公開された作品を今リメ…

映画「スマホを落としただけなのに2 囚われの殺人鬼」感想ネタバレあり解説 今回も好材料は成田凌のみ。

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 僕がブログを書くとき、映画鑑賞後すぐに書いて記事にしちゃうスタイルなんですが、たいていカフェに入って食事を摂りながらやることが多いんです。 しかも基本1日で映画をハシゴするので(3本くらい)、カフェに…

映画「屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ」感想ネタバレあり解説 子供がそのまま大人になったかのようなシリアルキラー。

屋根裏の殺人鬼 フリッツ・ホンカ 「なんて醜い顔なんだ・・・」 暗い森の中で火を放った瞬間、プレデターの仮面の奥に潜んだ素顔をみた主人公演じるシュワちゃんが放った痛烈な一言は、今でもネタにされるほどの有名なセリフですが、現実でもそのセリフを引用…

映画「影裏」感想ネタバレあり解説 あなたは友達の影の濃い部分まで見れていますか?

影裏 親友という言葉。 僕の場合一体誰のことを指すのだろう、と考える。 すると浮かぶのは、今つるんでる映画仲間やしょっちゅう飲みに行く仲間なんかよりも、長い時間苦楽を共に、同じ釜の飯を食べ、そいつらの好きなとこと嫌いな所10個をすぐいえるくらい…

映画「1917命をかけた伝令」感想ネタバレあり解説 どうやって撮影したの!?と思った時点で没入してない。

1917 命をかけた伝令 第92回アカデミー賞、撮影賞、録音賞、視覚効果賞受賞!! 最近師匠からお借りしたヒッチコックのBOXをちょこちょこ見てるんです。 これまで「サイコ」と「鳥」と「北北西~」しか見てなかったので(お恥ずかしい・・・)。 さすがサスペン…