モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

映画「不能犯」感想ネタバレあり解説 人間も脆いが、この映画もそれ以上に脆い。

2月2日

不能犯

f:id:monkey1119:20180113125546j:plain

松坂桃李の演技がかなりいいと評判の新作映画が公開です。コミック原作らしいんですが、全くコミックなど読んでない僕としては、どんな物語なのか全くの未知数。

なんか雰囲気がワーナー配給っぽいんだけど、あまり映画館で予告とか観てないからおかしいなぁと思ったら、これショウゲート配給なんすね。どおりで予告観てないわけだ。

 というわけで毎度のことながら、どんな物語なのか事前に軽く頭に入れてから鑑賞しようかと意気込み、早速鑑賞してまいりました!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品情報

「グランドジャンプ」にて連載中の宮月新原作の人気コミックを、フェイクドキュメンタリーやオカルト映画で力をつけてきた監督によって映画化。

思い込みやマインドコントロールで相手を死に導く男。行動や目的が分からないまま、一切手を加えず犯罪を重ねる彼を、一体どうやって止めるのか。そんな時、ただひとり彼にコントロールされない女刑事が現れる。立証不可能な彼=不能犯にどう挑むのか。

そして彼の目的は一体何なのか。

上映開始5分であなたの心は彼に支配されている!

息もつけない、めくるめく新感覚スリラーエンタテインメントの誕生だ。

 

映画ノベライズ 不能犯 (オレンジ文庫)

映画ノベライズ 不能犯 (オレンジ文庫)

 

 

 

不能犯 コミックセット (ヤングジャンプコミックス) [マーケットプレイスセット]

不能犯 コミックセット (ヤングジャンプコミックス) [マーケットプレイスセット]

 

 

 

 

 

 

あらすじ

 

「・・・愚かだね、人間は。」

 都会のど真ん中で、次々と起きる変死事件。

現場では、必ず黒スーツの男が目撃される。

男の名は宇相吹正(松坂桃李)、ある電話ボックスに殺してほしい理由と連絡先を残すと、❝願い❞をかなえてくれる男だ。

ただし、依頼人の殺意が純粋でないと、恐ろしい事態を招くという。

さらに、ターゲットは確実に死に至るのだが、その死因は病死に自殺に事故——

そう、宇相吹の犯行は<見つめるだけで相手を死に追いやる>ため、罪には問われない<不能犯>なのだ。

果たしてその手口は。

 

CASE1

TARGET:木島功/金融会社社長

「人生、終わりにしたくなかったら用意しとけ!」真昼のカフェで、金を返さない客に向かって、携帯電話で木島(水上剣星)。

そこへ宇相吹が近づき、ガムシロップを注いだグラスの水をいきなり木島の顔にぶっかける。

いきりたつ木島だが、ニタァと笑う宇相吹の赤く光る目に魅入られ・・・。

■依頼人:後に意外な人物と判明。

 

CASE2

TARGET:島森広志/町内会会長

■依頼人:羽根田健/島森の近隣に住む会社員

羽根田(忍成修吾)は怒りに震えていた。部屋を覗いたり、ゴミ袋の中を確認したりするなど、異常な行動を重ねていた町内会会長の島森(小林稔侍)が、妻の桃香(水上京香)に乱暴したのだ。

羽根田は警察に通報すると島森詰め寄るが、いったい何のことなのか、警察に全部しゃべるぞ、と脅される。

恐怖を抱いた羽根田は、宇相吹に殺人を依頼する。

 

CASE3

TARGET:夜目美冬/多田刑事の上司

警察はようやく宇相吹の身柄を確保し、ベテラン刑事の夜目(矢田亜希子)が任意で取り調べる。

「僕はやってません」という宇相吹の言葉にピクリと反応する夜目。

以前、夜目は電車で痴漢した高校生を現行犯逮捕したのだが、彼は無実を主張した末に、拘置所で自殺してしまっていた・・・。

■依頼人:河津村宏/鑑識官

 

CASE4

TARGET:夢原理沙/ジュエリーデザイナー

■依頼人:木村優/離れて暮らす理沙の妹

「絶対、許さない。お願い、こいつを!」と、風俗で働く優(真野恵里菜)は、両親の離婚が原因で別々に育った姉の理沙(芦名星)への嫉妬と憎悪を宇相吹にぶつける。

父親の借金返済に苦しんだ自分と違って、母親に引き取られて幸せに育った姉は、もうすぐ大病院の院長候補の男と結婚するのだ。

そして優は宇相吹に抹殺よりももっと恐ろしい依頼をする。

 

連続爆破事件

多田友子刑事(沢尻エリカ)が自ら更生させた元不良少年、タケル(間宮祥太郎)が料理人を務める店で飲んでいると、TVから公園での大爆発のニュースが流れる。

去年の暮れで起きた神社での爆破事件と手口が酷似していた。

多田は悪の撲滅にあらためて闘志を燃やし、部下で新人の百々瀬麻雄(新田真剣佑)と共に捜査を進めるが、何の手がかりもつかめぬまま、3度目の爆破が起こり、またしても犠牲者が出てしまう。

だが、彼女は思いもしなかった。まさか連続爆破事件と宇相吹の事件が繋がり、壮大な事件へと発展するとは——。

そしてついに、2人の壮絶な対決の時がやってくる!(HPより抜粋)

 

youtu.be

 

 

 

 

 

監督

今作を手がけるのは白石晃士

f:id:monkey1119:20180130101738j:plain

レンタルビデオ店時代、同僚がこの監督大好きで「ノロイ」やら「シロメ」といったホラー系の作品を薦められたんですけど、ホラーは苦手なので完全にスルーしてたんですね。

気がついたらこういう商業映画も撮るようになってたんですねw

きっと彼の作品性を理解した上での抜擢なんでしょう。ということはこれ怖いのか!?

あぁどうしよう・・・。

 

というわけで監督の代表作を簡単にご紹介。

石井聰互(現:石井岳龍)監督や矢口史晴監督の下でスタッフとして参加後、「呪霊 THE MOVIE 黒呪霊」で長編監督デビュー。

行方不明となってしまった怪奇実話作家が残した呪いをテーマにしたビデオ映像を基に事件に迫った異色ホラー「ノロイ」や、当時一世を風靡した都市伝説のキャラをモチーフにした「口裂け女」、同じく都市伝説となった下半身のない女性をモチーフにした2部作「テケテケ」、謎の化け物が潜むと噂の廃校に番組収録で向かったアイドルが挑むフェイクドキュメンタリーホラーを、当時駆け出しで6人編成だった「ももいろクローバー」が初主演した「シロメ」など、オカルトホラー映画を中心に作品を手がけています。

近年は、角川が有する2大ホラーキャラを対決させるという、前代未聞の試みで話題を呼んだ「貞子VS伽椰子」も手がけています。

 

シロメ [DVD]

シロメ [DVD]

 

 

 

貞子 vs 伽椰子 プレミアム・エディション [Blu-ray]

貞子 vs 伽椰子 プレミアム・エディション [Blu-ray]

 

 またモキュメンタリーホラーの人気シリーズ「戦慄怪奇ファイル コワすぎ!」も彼が手がけています。

 

 

 

キャスト

視線ひとつで人間を死に導く男、宇相吹正を演じるのは松坂桃李。

f:id:monkey1119:20180130104302j:plain

去年は「彼女がその名を知らない鳥たち」でゲス不倫野郎を見事に演じていたのが印象的ですが、今回も特殊な役どころというか、いやぁ~な役柄をうまく演じてくれていそうです。

 

そんな彼の代表作を簡単にご紹介。

スーパー戦隊シリーズ「侍戦隊シンケンジャー」のシンケンレッド役で俳優デビューし、その劇場版で初主演。

カンボジアで小学校を建てようと思いつきでボランティア活動を始めた大学生達の挫折と奮闘を描いた青春映画「僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna build a school in Cambodia」や、それぞれ心に傷を持つ若い男女が遺品整理業の仕事を通じて生と死に向き合っていく「アントキノイノチ」、現在絶賛公開中の人気シリーズ「新参者」の劇場版「麒麟の翼」など話題作に立て続けに出演し存在感を発揮していきます。

 

僕たちは世界を変えることができない。 [Blu-ray]

僕たちは世界を変えることができない。 [Blu-ray]

 

 

死者との再会を一度だけ叶えてくれる役割を持つ青年を中心に、3組の再会を描く感動ドラマ「ツナグ」や、地味な昭和女のヒロインが、乙女心を軽く弄ぶイケメン最低男に恋をすることから始まる純愛ラブストーリー「今日、恋をはじめます」、70年代を代表する人気アニメを、ダークシリアス調にアレンジし、葛藤を抱えたリアルなヒーロー像を描いた「ガッチャマン」など主演作も徐々に増え、若手俳優としてトップクラスに上るまでに成長。

 

ガッチャマン(本編ディスク+特典DVDディスク) [Blu-ray]

ガッチャマン(本編ディスク+特典DVDディスク) [Blu-ray]

 

 

近年は、敗戦を受け入れた1945年8月14日から15日の玉音放送までの激動の1日を描いた「日本のいちばん長い日」で決起仕様と奔走する陸軍少佐役、優柔不断で恋愛体質のヒロインが思いがけずめぐり合った男性と恋に落ちていく「ピースオブケイク」ではノンケのオカマ役、

警視庁公安のエースが秘密裏に巨悪を追い求めていくハードボイルドな刑事ドラマの劇場版「MOZU」では残虐非道な殺し屋役、そして愛にカネに男にだらしのない女と、その周囲の男達が織り成す恋愛模様から予想だにしない結末を迎える「彼女がその名を知らない鳥たち」では、安易に主人公に近づき弄ぶクズ男役を好演するなど、変わった役柄で役者として演技の幅を広げているのがうかがえます。

 

www.monkey1119.com

 

今年はそれに拍車をかけるように、際どい作品に出演。広島の暴力団組織の抗争とそれを追う警察の姿を描く「孤狼の血」、女性にもセックスにも楽しみを見出せない男が娼夫として働くひと夏を描く「娼年」が春に公開予定です。

 

 

 

長くなっちゃったんで、あとのキャストはザックリ紹介。

宇相吹が唯一コントロールできない正義を貫く女刑事、多田友子役に、「ヘルタースケルター」、「新宿スワン」の沢尻エリカ。

熱血新人刑事・百々瀬麻雄役に、「ちはやふる」、「パシフィックリム・アップライジング」に出演の新田真剣佑。

更正した元不良少年・川端タケル役に、「全員死刑」の間宮祥太郎

借金まみれの風俗嬢・木村優役に、「新宿スワン」、「みんな!エスパーだよ!」の真野恵里菜。

多田の先輩でキャリア女刑事・夜目美冬役に、「クロスファイア」の矢田亜希子。

ベテラン鑑識官・河津村宏役に、「俳優・亀岡拓次」、「銀魂」の安田顕などが出演します。

 

 

 

 

 

いくつかのエピソードから宇相吹の実態を浮き彫りにして、多田との対決を描くような流れなんでしょうか。何か人間の強欲だったり罪深さなんかも色濃く描いてそうですね。

ここから観賞後の感想です!!!

 

 

 感想

人間の悪しき欲望に付け込む都市伝説的存在。彼に打ち克つには己の強さだ!

しかしその強さを、この映画は全く描いていない!メッセージ性が弱い!

以下、核心に触れずネタバレします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人間の脆さ。

自分を苦しめる者、自分を戒める者、自分を痛めつける者、そこから生まれる憎しみ、怒り、羨望、妬み、そういった負の感情から生まれる最上級の思い、それが殺意。

いつしか人は簡単に「死ね!」「殺す!」など声に出したいこともあれば、心の中で叫びたいことが、生きているうえで何度も訪れる。

 

だが、その声が叫びが純粋に欲望になることがあるのだろうか。

大半は思いつきや衝動によるものだと願いたいが、この映画に出てくる登場人物は皆そういった感情が卓越して行動に出てしまっている。

 

ある者は妻が暴行されたことで直接苦情を言うものの、何か弱みを握られ踏みとどまってしまうが、怒りを鎮めることができない。

ある者は冤罪をかけられた後、自殺を選んだ子供を鋳込んだ刑事への恨み。

ある者は自分よりも格下なのに腕を認められた後輩への妬み。

ある者は自分と別々に暮らすことになったことで天と地の生活を送っている姉に対する嫉妬。

誰も彼もが憎しみや怒りを殺意に変え行動に移してしまう。だがそれを自分で手を加えることはしない。他人の力で殺めるのだった。

 

目を赤く光らせることで相手の心をコントロールし、思い込みによって相手を死に追い込む能力を持つ男。決して手は加えず人を殺す能力は、現在の法では捕まえることも裁くこともできない。それを不能犯と呼ぶ。

 

この思い込ませる能力は、自分の体内で起きている現象は他人には見えず、例え刺されたといっても相手からは刺されてるようには見えない。しかしコントロールされた当事者はどんどん苦しみだし、やがて死に至る。

決して毒を盛られたわけでもなく薬物を入れられたわけでもない。ただただ思い込みによって苦しみ命を落としてしまうのだった。

 

この思い込みというのは、実は劇中で殺意を覚えた依頼人たちにも存在する。

妻が暴行された男は、相手がなぜ妻に暴行を働いたのか事実を知らぬまま感情が先走り、宇相吹に殺しを依頼。

またある者は相手のふとした行動が決定打となり殺しを依頼する。

 

これがふたを開けてみると依頼人がきちんと相手に歩み寄らなかったことで独りよがりに思い込んだ結果だったことを知る。

妻が暴行された男は、依頼が完了した後自宅へ帰ると妻が大麻を吸っていたことを知る。妻を暴行した男は、実は彼の妻が大麻を吸引しているところを偶然発見し必死で止めただけの事だった。

 

両親の離婚で別々に暮らすことになったことで、借金を背負い水商売をしなければならなくなった妹は、自分のやりたい夢を実現し優雅に暮らしている生き別れた姉に、思い切って会いに行ったが観て見ぬふりをされたことに腹を立て殺しを依頼。

しかし、姉は観て見ぬふりをしてはいたが、自分画面と向かって合う決心がつかずにいただけの事だった。

願いが叶った妹の元に、姉から結婚式の招待状と心情が書かれた手紙が届けられ、姉の本当の気持ちを知った妹は、自分がしでかしてしまったことに激しく後悔する。

 

この2ケースは、もっと自分が歩み寄ったり、他者と深いコミュニケーションを取っていればこんなことにならなかったのかもしれない。

要は勝手な思い込みから生まれた殺意だったのだ。

 

そんな本末転倒ともいうべき出来事をまるで分っていたかのように、依頼を受けマインドコントロールし殺人を繰り返す宇相吹。「愚かだねえ、人間は。」と人間の心の脆さを弄ぶ彼を止められる者はいるのだろうか。

 

 

その人物こそが、多田友子刑事だった。彼女には強い心が存在する。相手に裏切られても信じ抜く心だ。人間というものに対し希望をもって接していれば、負の感情など生まれないというのを劇中で体現している。

彼女が少年課にいた時に親身になって説得し更生させたタケルとの交流がそうだ。

どんなに悪い奴でも本気でぶつかればこうやって立派な大人になれる、ということを実践した結果がタケルの表情に現れている。

 

そんな彼女に宇相吹は「これ以上悲劇を繰り返したくなければ僕を殺すしかない」とほのめかす。

彼を止めるには本当に殺すしかないのか。多田は葛藤の後、答えを見つける。

結局は彼の思うつぼであり、殺意はあってはならないことだと悟る。相手を信じぬくことで、いずれ人間がそういった感情を持たず彼を頼らなければ、彼の存在意義はなくなり悲劇は止まる。それがいつになるかはわからないが、自分の信念を貫き信じぬくことでそうなることを願う、それが彼女の希望だったのだ。

 

希望と絶望。脆さと強さ。相反する存在の二人の間で揺れる人間たち。そして今日もまた電話ボックスに依頼のメモが貼られていく。再び繰り返す絶望に希望はどう立ち向かうのか。

 

 

色々と難あり。

はい!

いきなり片っ苦しいこと書いてしまいましたが、やっぱり俺こういう書き方無理っす~、もっとやりたい放題気楽に書いた方がやりやすいっす~ということで、結局この映画楽しかったの?つまらなかったの?ってところから言いますと、つ~まらなかったですぅ~wwwぷりぷり~~。

 

だってだって!キャスト全員セリフ棒読み過ぎて演技ヒドイし!エピソードいくつも無理矢理入れるもんだからどれもこれも薄っぺらいし!さっさと次行っちゃうし!

 

んでもって宇相吹がマジシャンのように急に現れて急に消えて、しかも場面を変えちゃうイリュージョンまでする奇術やっちゃうのに、ナイフで刺したら案外致命傷って強いのか弱いのかわかぁんなぁ~い!

 

そんでそんで!この依頼って沢山ある中から、事前調査して確実に双方に落ち度や原因がある奴だけ選んでんじゃなないの~??って思ったんだけど、どう?図星じゃね?

だって純粋に殺したい奴ってホントもっといると思うんだけど、劇中でそういうやつ一人も出てこないから、無作為に選んでるって感じでもなさそうだし、その辺がなんかリアリティに欠ける?って感じで~。

 

で!で!これ宇相吹って偽名でどこから湧いて出たとか出生の秘密とか、いわゆるバックボーンがないから、なんでこいつがこんなことを繰り返すのかも理解できないし、その反面多田の意志の強さとか行動原理とか全く紐解かれてないから、いざ多田の視点になっても全然説得力がないし、宇相吹と対等の存在になってないのね!

要するに視点がコロコロ変わってるようで誰の視点にもなってないし、何もかもが弱いんだよね~、うんうん。

 

 

 

とまぁ、こんな具合にツッコミどころ満載の作品だった、というのが率直な感想でございます。

キャスト全員演技下手くそってのは言い過ぎで、宇相吹役の松坂桃李と、間宮祥太郎はハマってたと思います。やっぱりここ最近クセありすぎな役ばかりやってるだけあって、今作も不敵な笑みから猫背と不眠症みたいな真っ青な表情といった外見は、かなり役作りしたんだろうというのがうかがえました。

 

間宮くんも、更生した元不良少年て感じがよく出ていて、後半まんまと裏切られましたね。てか君はあんなもの作る技術はどこで覚えて、不良時代何して少年院行ったんだい?昔からああだったのかい?わからんね~w

 

それに比べて沢尻エリカが刑事ってのがちょっと無理ありましたね。正義感の強いというのはわかるんですが、なんか背伸びした子供がやってるみたいで貫禄がありません。ここは是非アンフェアの篠原涼子やストロベリーナイトの竹内結子を見習ってほしかったですね。デキる女ってのはああやって演じるんだってことです。

一番ひどかったのは矢田亜希子です。何ですかあの嘘くさい困惑顔と死に様。笑わせないでください。大根役者もいいとこです。叫び声ひとつとして感情ができっておりません。まぁ早々にフェードアウトしてよかったのがせめてもの救いでしょうか。

あとはテラハの哲っちゃん、君はまだ素人臭が出ているね。もっと演技の勉強をしなさい。死に様はお遊戯レベルです。壁をぶち壊しきれてません。全ての演技において照れがあります。もっと役に入ってください。要するに頑張れ!

 

 

エピソードいくつも入れちゃう問題に関しては、最後の姉妹のエピソードだけでよかったかもしれません。

結果として物語に深く携わってるのはあれだけですし、それ以外のエピソードは宇相吹の能力をわからせるためのものでしか機能していないので、だったらそれを大きなエピソードで少しづつ明かしていった方が物語に深みが出て展開がスムーズになったことでしょう。

どうしても入れるなら最後すべて繋げるとかするべきだったのではないでしょうか。

 

そしてどれも急ぎ足で描くもんだから、感情移入もへったくれもありません。泣いた途端に首つって自殺。で、次の場面。宇相吹に依頼してたのが同僚にバレた!5秒後即死。で、このエピソード終わり。妻が大麻吸ってた!自暴自棄になるんだけどすぐ手が出ちゃって相打ち。はい、このエピソード終わり。

早いよ!片づけるの!!余韻もへったくれもねえのかよ!

 

 

宇相吹という存在に関しても深掘りできていません。

まぁ都市伝説のような男だから実体すらなく、人間の醜い欲望が生み出したものなんだろうというのが正しい見方なのかもしれませんが、それならそれであいつはいったい何者なんだという説明を、警察側がきちんとミステリーチックに語らなければ彼の不可思議さが活きてきません。

殺したいという思いを持つ人間がいる限り、僕は消えないよwニタニタ・・・っていう存在なのはわかるんですが、なぜ彼が生まれてしまったのか、なぜこんなことをし続けるのかという宇相吹の根幹のようなものがきちんと描かれなければ、彼はもしかしたら必要悪なのかもしれない、とか、やっぱり彼のような存在は不必要だ!とか、彼に頼る人間が悪いんだ!みたいな、議論を抱かせるように観衆に仕向けないと面白みがないし、せっかくのいい題材がもったいないです。

 

 

最後に

前半は真面目に後半はダラダラ本音で書いて見ましたが、結果的にこの映画は漫画で描かれてることを映画的にまとめたんだろうけど、頭脳戦もなければ心理戦もない、命を扱う癖に重さを感じさせないテイストに、作り手はこれをどう見せたいのかが伝わってきません。

正直フェイクドキュメンタリーやオカルトを得意とする白石監督ですが、それすらも活かされてない気がします。

何もかもがもったいないですが、松坂桃李の存在感だけは良しとしましょう!

続編とかマジ勘弁ね。

というわけで以上!あざっした!!

 

「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

「不能犯」BD豪華版 [Blu-ray]

 

 

満足度☆☆☆★★★★★★★3/10