モンキー的映画のススメ

モンキー的映画のススメ

主に新作映画について個人の感想、意見を述べた文才のない男の自己満ブログ

【スポンサード リンク】

Netflix映画「ミッドナイトスカイ」感想ネタバレあり解説 配信じゃ勿体ないくらい美しい映像。

ミッドナイト・スカイ

f:id:monkey1119:20201211185850j:plain

 

 宇宙をテーマに人と人との愛を描くヒューマンドラマ。

この手の映画って使い古されたジャンルとは思うものの、「コンタクト」、「インターステラー」、「メッセージ」、「アド・アストラ」など、近年だけでもこれだけ名作があり、言おうものならいくつも出てくるんですよね。

 

どれも共通するのは、地球と宇宙という距離と、人と人の心の距離を比較させたうえで、どれだけ相手が愛おしい存在であるのか、尊い存在であるのかを思い知らされたり、離れていても通じ合っていることに気づかされるといったもの。

 

距離というのも、実際の道のりを指したり、時間のことを指したりと様々。

また、宇宙の壮大さも手伝って、人間同士の愛の深さがより如実で出る物語が多いのかなと。

 

そんなジャンルに新たな1ページを刻むであろうSFドラマの誕生です。

 

 

今回鑑賞する作品は、北極と宇宙を舞台にした二人の物語。

人類滅亡の危機の中で、なぜ研究者は地球で一人残るのか、地球に帰還する宇宙飛行士に迫りくる危機とは。

二人の物語がやがて一つに重なるとき、どんなドラマが生まれるのか。

 

相変わらずクオリティの高い作品を制作し続けるネットフリックスが、本作も劇場公開してくれるということで、早速鑑賞してまいりました!!

 

 

 

 

 

作品情報

リリー・ブルックス=ダルトンの小説「世界の終わりの天文台」を、「オーシャンズ」シリーズや、「マイレージ・マイライフ」で俳優としての地位を確立し、ここ数年で監督業にも精を出すジョージ・クルーニーの手により映像化。

 

地球の滅亡を目前にしてもなお、一人孤独に北極に残る科学者が、地球に帰還しようと試みる宇宙船の存在を知り、必死に止めようと奔走。

逆に任務を終えて地球に帰還しようと試みるクルーらは、地球との通信が途絶えたことに不安を感じ、危険なミッションに挑んでいく。

 

あたり一面白銀の世界である北極と、あたり一面暗い空間である宇宙が、観る者に息苦しさと失望感を与え、それでも命を守るために奔走しようと「生」を意識していく物語です。

 

果たして二つの物語はどう結ばれ、どう着地していくのか。

彼らがたどり着いた答えは。

 

 

 

 

 

あらすじ

 

 科学者オーガスティン(ジョージ・クルーニー)は、任務を終えて地球へ戻ろうとする宇宙船の乗組員サリー(フェリシティ・ジョーンズ)らの存在を知り、交信を通じて帰還を止めようと奔走する。

 

果たして、宇宙船の面々を救うことはできるのか?

 

そして、オーガスティンが地球に残り続ける衝撃の“ある理由”とは…?(HPより抜粋)

 

youtu.be

 

 

 

 

 

監督

本作の監督・製作・主演を務めるのはジョージ・クルーニー。

f:id:monkey1119:20201211190418j:plain

隙あらばネスカフェ飲んじゃう、くっきりお目目のイケオジこと、ジョージクルーニー。

相変わらず激シブで白髪の似合う一昔前の男前度100%ですが、今回は頭を丸め、伸ばしに伸ばしまくった髭を蓄えての出演。

 

彼にとって宇宙の映画といえば、慣れない宇宙での業務ゆえに迷子になってしまうサンドラ・ブロックを強い精神力とサポートで引っ張っていく姿が印象的な「ゼロ・グラビティ」が連想されますが、今回は彼が宇宙に行くわけではなく、宇宙から帰還する船を北極で見守るという立場。

 

これまた孤独感といいますか、色々な過去をしょってそうな悲壮感がひしひしと伝わってきます。

 

俳優業でいえば、「マネーモンスター」、「ヘイル、シーザー!」以来の出演のよう。

時が経つのは早いなぁ…。

 

 

www.monkey1119.com

 

もう一度大泥棒とかアロハシャツ着たお父さんとかマイル貯めまくるリストラ宣告請負人とか、一癖も二癖もある人間味あふれた役をやってほしいものです。

 

逆に監督業は盛んで、「コンフェッション」以降、定期的に製作。

近年では「ミケランジェロ・プロジェクト」や「サバ―ビコン/仮面を被った街」など、娯楽要素の強い作品製作が目立ちます。

ただ、彼の作る作品、お客さん呼べないよねぇ…w

 

今回は初のNetflix作品ということで、好きなように作らせてもらえたのでしょうか。

お手並み拝見と行きたいところです。

 

彼の手掛けた作品はこちらもどうぞ。

 

www.monkey1119.com

 

 

www.monkey1119.com

 

 

 

 

 

キャスト

宇宙から帰還を試みる乗組員、サリーを演じるのは、フェリシティ・ジョーンズ。

f:id:monkey1119:20201211190717j:plain

アメイジング・スパイダーマン2」でお見掛けして以降、気が付けばアカデミー賞女優として輝かしいキャリアを誇る彼女。

 

先日亡くなってしまった塞翁判事の一人、ルース・ベイダー・ギンズバーグの若かりし頃を演じた「ビリーブ/未来への大逆転」では、女性差別が根強い中で、強く逞しい精神力で未来を切り拓いていく姿が印象的な、魅力あふれる熱演でした。

 

www.monkey1119.com

 

また彼女が宇宙空間で奮闘するといえば「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」なんかも思い出します。

まぁジン・アーソは宇宙空間で戦う姿なんてのはないんですけどw

 

www.monkey1119.com

 

 

 

 

 

 

他のキャストはこんな感じ。

サリーと共に木製探索に向かう乗組員ミッチェル役に、「SUPER8/スパーエイト」、「アルゴ」のカイル・チャンドラー

同じく乗組員サンチェス役に、「明日を継ぐために」、「エイリアン・:コヴェナント」のデミアン・ビチル

サリーと近い距離を持つトム・アドウォール役に、「クローバーフィールド・パラドックス」、「グリンゴ/最強の悪運男」のデヴィッド・オイェロウォなどが出演します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界の終わりを迎えていく中で、二人は何かを見出すことができるのか。

また、一人でいることを望む男、一人でいたくないことを望む女といった、対極の立場にいる二人がどう繋がっていくのか。

ここから鑑賞後の感想です!!

 

感想

絶望しか見えない北極と宇宙空間で映し出される「生きたい」願いと「生かせたい」願い。

人との繋がりをも意識したSFドラマでした。

以下、ネタバレします。

 

 

 

 

 

 

 

 

大まかなあらすじ

2049年2月。

北極圏。

地球全体が放射能に汚染されている中、天文台にいたクルーたちはこの場所も危険だと察知し、輸送機で非難することに。

 

主人公オーガスティンは末期の病人であることから、どこへ行っても生きるには困難と悟ったからなのか、それとも仕事場を死に場所にしたかったからなのか、一人残ることを決意。

天文台から宇宙空間に存在するいくつもの宇宙探査機の安否を確認したり、その中で唯一生存確認が取れたアイテル号に交信を試みながら、生涯最後となるであろう任務に取り掛かっていた。

 

 

一方宇宙空間。

木星近くに存在するであろう、人類が生息可能な星「K-23」の探索から地球へ帰還するアイテル号。

まるでコロラド山脈が魔法でかけられたかのような美しい星で水を汲む乗組員サリーは、戻ろうとした瞬間ロケットが発射するのを眺め、困惑した表情を浮かべる・・・という夢を見てしまう。

 

サリーのお腹には新たな命が宿っており、どんな名前にしようかクルーたちの間でもちきりだった。

各々が閉鎖空間の中で気分をリフレッシュしながら生活している。

体を動かす者もいれば、ヴァーチャル映像で家族とのひと時を過ごす者、音楽を聞く者など様々だ。

 

アイテル号は地球との交信を何度も試すがうまくいかず、現在の地球がどんな状態か知る手立てがなかった。

人類が生存できる場所を探しだ出すことに成功した希望を、地球で待ている人たちに早く知らせたい気持ちを抑えながら、彼らの旅は帰路に向っていた。

 

 

オーガスティンの孤独な作業は、酒と投薬と輸血と共に行われており、毎晩嘔吐したりおぼつかない足で歩行するなど、弱った状態ではあるものの、何とか使命を全うしていた。

ある晩、食事を摂ろうとダイニングに向かうと、既に食べ物が入ったボウルが。

オーガスティンは一瞬戸惑いを見せるも、自分が使っているボウルに食べ物を移して、その場を去った。

 

しかし疑問はさらに深まる。

作業中火災警報が鳴りキッチンへ向かうと、コンロ周りが火事に。

急いで消火器で消火したオーガスティンは、不可解な出来事に疲労が蓄積し座り込んでしまう。

すると、座り込んだ正面に少女が座り込んでいた。

 

用意されていた食事も火災も彼女の仕業だった。

オーガスティンは、ふと非難した際に娘とはぐれてしまった女性の事を思い出す。

彼女はきっと乗り遅れた少女だと。

 

彼女はオーガスティンの質問になかなか口を発することをせず、お絵かきに夢中だった。

せめて名前だけでもわからないものか。

すると彼女の書いていた絵が、アイリスという花であることに気付いたオーガスティンは、彼女がアイリスという名前だと確信する。

 

再び作業に戻るオーガスティンは、アイリスのなんでも触ろうとする癖が気になり集中を欠くも、地球に帰還しようとしているアイテル号に向ってひたすら交信を試みていた。

 

 

一方アイテル号。

皆が家族との触れ合いに対する恋しさが浮き彫りに鳴る中、アイテル号が緊急警報を発動。

どうやら帰還する際の軌道から外れてしまったらしい。

クルーたち全員で必死に解除作業に徹する。

 

何とか危機を回避したものの、元々の軌道からかなり外れてしまったことに気付く。

軌道を修正することはできたが、未知の領域を通らなければいけず、皆は残りの燃料などを加味した結果、それに賭けることにした。

 

 

オーガスティンは、今回アイテル号が向かった木星付近に存在する人類生存可能な星「K-23」の存在を見つけた張本人。

自分の講演を聞いた女性と親密な関係になり、やがて共に暮らすことになったが、仕事に没頭するあまり彼女と口論に。

 

加えて妊娠検査をしたが子を宿していなかったことにも言及し、オーガスティンを困らせていた。

結果オーガスティンは、彼女と別々の道を歩むことに。

車に乗せた女の子に挨拶をしてとお願いされたが、オーガスティンはそれすらも拒んでしまった。

 

夢の中でそんな過去の出来事を見ていたオーガスティンは、今いる天文台のアンテナの一が悪いことと、放射能汚染が強まっていることから、よりも北極圏にもう一つ存在する測候所の方が安全で交信しやすい環境にあることを確信し、アイリスと共に移動することを決意する。

 

酸素マスクにゴーグルと完全防備の中スノーバイクで颯爽する2人。

途中では墜落したスペースシャトルの残骸を見つけ、生存者を発見するも、彼の願いによってオーガスティンは射殺したり、猛吹雪を凌ぐためにコンテナ上の建物に逃げ込み暖を取るも、厚い氷の上だったために氷が砕け水が浸入。

アイリスを外に逃がし、輸血キットとスノーバイクを確保しようとするが、時すでに遅し。湖の深くに沈んでしまう事態に。

 

ずぶ濡れ状態に加え食料も距離を稼ぐ足もないという絶望的な状態の中、アイリスとの絆は深まっていく。

そして狼の気配を感じたオーガスティンは、必死でアイリスを守ろうと体を張る。

オーガスティンとアイリスは無事目的地へたどり着けるのだろうか。

 

 

アイテル号もピンチに。

軌道修正できたものの、小隕石群に衝突してしまい、レーダーや交信システムが損傷してしまう事態がが発生。

船外活動することになったサリーとトム、そして線が良い活動未経験のマヤの3人が修理するために船外に向かう。

 

4回も吐くほど慣れないマヤを気遣いながら外に出る3人。

音楽で気分をリラックスさせながら、無事システムの復旧作業に成功した3人だったが、再び小隕石群に突っ込んでしまう。

何とか危機を回避できたかに見えたが、マヤが出血。

 

急いで船内に戻りポッド内の減圧を待ち、クルーに救急キットを持ってきてもらうも、時すでに遅し。

マヤは命を落としてしまう。

 

地球を確認できる距離まで近づくことができたアイテル号だったが、地球が濁った色で覆われている姿に驚愕。

一体地球に何があったのか。

オーガスティンと一度は交信できたものの、信号が途絶えてしまったアイテル号は、無事地球に帰還できるのか。

 

そしてオーガスティンとサリーは再び交信することができるのだろうか。

 

 

・・・というのがザックリしたあらすじです。

 

 

 

過去への懺悔と生きたい意志。

近未来の北極圏と新たな惑星から帰還する宇宙船内を舞台に、滅亡手前の地球と人類の運命を託された二人の男女の「生きる」ことへの葛藤や、「過去」の過ちに向かい合う姿を描いたSFドラマは、大自然の猛威や宇宙空間の美しさを堪能できる映像や、ドラマティックに仕立て上げるクラシカルな音楽も手伝って、ネットフリックス映画なのにめっちゃ劇場案件な壮大な物語でございました。

 

とにかく映像面が素晴らしいです。

夜には満点の星空で、昼間は猛吹雪。

吹雪が止むと差し込むまばゆい太陽の光など、大自然が背景にあることから、風景にはかなり気を配った感じがします。

特に猛吹雪の中目的地へ向かうオーガスティンとアイリスのシーンは、風吹だったり氷が砕けて湖に落ちてしまうところだったりと、ガチなのか処理した映像なのかわからないほどリアル。

 

宇宙空間も他のSF映画に引けを取らない美しさで、遠くにある星雲や小隕石群が衝突するシーンも細部にまでこだわった映像。

 

特にマヤが出血したシーンでは、エアロック内で血液が浮きながら飛びてくる映像は、ドキッとしながらも美しさが際立っていて、なんとも言えない気持ちに。

 

多少CGの荒さは目立ちますが、アイテル号の独特な外観も見物でしたし、船内のどこかアーティステイックな空間や導線は近未来的でありながら、実現可能な匂いもして興味を引きました。

 

 

実際のお話に関してですが、流れとしては、地球でアイテル号に交信を試みるオーガスティンとアイリスのパートと、サリーらアイテル号の面々に起きる出来事の2つのパートが、順序良く交互に描かれてるんです。

 

これを第1幕で互いの現状や目的、自己紹介的な部分を描き、徐々に二つの物語が絡むような構成にすればいいのに、いちいちオーガスティンのエピソードをことが終わるまで見せた後にサリーのエピソードってのを繰り返して見せているんですね。

 

特に互いのトラブルやアクシデントを交互に見せればスリリングな展開になるのに、オーガスティンのアクシデントが終わった後に、再びサリーにエピソードでアクシデント発生、終了するまでを描く。

何というか順序良く描きすぎなんですよね。

 

パートごとにエピソードを完結するような構成は、正直言って見づらいというか、盛り上がりに欠けるというか。

 

せっかくオーガスティンとアイリスが徐々に心を寄せ合っていく物語と、新た命を宿すサリーが、生きることと帰還することで選択を迫られていく状態など、人間的な成長も含めた物語なのに、ここがなかなか話の流れとしてポイントを重ねないから、すごくチグハグしている気がして。

 

 

とはいえですよ、オーガスティンが仕事に没頭するあまり、人との繋がりを疎かにしてしまったという過去が随所で明らかになる中で、偶然行動を共にすることになってしまったアイリスと心を通わせていく中で、彼が人生終盤でようやく人との繋がりが大事だってことに気付くことと、ラストでそんな自分を肯定されていくという点と線が繋がる構造になっていて、ステキな要素はしっかり描かれてるんですよね。

 

サリーに関しても新た命を宿している中で、それぞれのクルーが様々なアクシデントを経て「家族」の意味、「帰還」することの意味を見出していくことに対し、自身も思を馳せていく姿を最後に見せていく流れってのはよく出来ていたのかなと。

 

 

ちょっとしたユーモアもあって、グリンピースが嫌いなアイリスがオーガスティンに飛ばすんですけど、とぼけているアイリスにオーガスティンがまじまじと見た後、二人してグリンピースを飛ばし合いするシーンは印象的です。

描き方としては言葉を発せず、テンポのいいクラシックでかけあいを見せていく古典的な演出で、「サバ―ビコン」でヒッチコックオマージュをしたクルーニーだからこそできる芸当なのかなと。

 

 

 

最後に

特に具体的な感想を述べてないんですけど、物語は2つのエピソードがちゃんとつながって、わずかな希望を見せて終わります。

オーガスティンがこれまでしてきたことが報われると共に、サリーが新た決意をする。

距離が離れていても繋がりが見えた瞬間というか。

 

また全体的に、猛威をまじまじと見せつけた後に穏やかな顔も見せる自然のツンデレな姿に、絶望と希望を注がれる映画でもあります。

 

ジョージクルーニーの枯れ具合と少女との年齢差のあるコンビの姿も見る価値あるかと。

というわけで以上!あざっしたっ!!

満足度☆☆☆☆☆★★★★★5/10